ゲーミングPCおすすめランキングを見る

UE5(アンリアルエンジン)の推奨スペックは?ゲームクリエイターが使用するゲーミングPCを紹介

アンリアルエンジン推奨スペック

UE5(アンリアルエンジン)は、2022年4月5日にリリースされたゲームエンジンです。

誰でもゲーム制作に取り組めることから、試しにやってみようと考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、UE5(アンリアルエンジン)の利用を考えている人向けに、以下の4点を解説しています。

スペック不足でUE5(アンリアルエンジン)が動かないことが内容、ぜひ参考にしてください。

UE5(アンリアルエンジン)の動作環境とPCのスペック

UE5(アンリアルエンジン)動作させるには、発表されているスペックを満たしたPCを利用しなければなりません。

まずはどの程度のスペックが必要なのかについて、詳しくみていきましょう。

UE5(アンリアルエンジン)の推奨動作環境

UE5(アンリアルエンジン)を動作させるのに推奨されているPCスペックは、以下の通りです。

OSWindows 10 64-bit version 1909 revision .1350 以上、または 2004 / 20H2 revision .789 以上
CPUQuad-core Intel または AMD、2.5GHz 以上
メモリ8GB
GPUDirectX 11 または DirectX 12 対応のグラフィックカード
ストレージSSDを推奨

スペック表を見るだけであれば、そこまで高性能なPCを必要としません。しかし、上記はあくまでもUE5(アンリアルエンジン)を最低限動作させられるスペックです。

作るゲームによって、動作に不満を抱くかもしれません。

おすすめのUE5(アンリアルエンジン)の必要動作環境

UE5(アンリアルエンジン)で快適にゲーム制作したいなら、以下のスペックを搭載したPCを用意したいところです。

OSWindows 10 64bit以上
CPUCorei7以上が望ましい
メモリ16GBを推奨
GPURTX2080もしくはRadeon5700XT以上を推奨
性能が高くて困ることはない
ストレージSSDを推奨

全体的なスペックで見ると、ミドルスペック~ハイスペックのPCを用意しておけば安心といえるでしょう。

高性能なPCであれば、その分動作が快適になります。

UE5におすすめクリエイター(ゲーミング)PCの選び方

UE5(アンリアルエンジン)の動作を不満なく快適に動作させたい場合は、ハイスペックモデルに分類されるクリエイター・ゲーミングPCがあると安心です。

特にグラフィックボードとCPUに関しては、可能な限り高性能なモデルを選ばないと後悔してしまいます。PCスペック選びに失敗しないよう、意識しておくべきポイントは以下の3つです。

それぞれのポイントをチェックし、UE5(アンリアルエンジン)を快適に動作させましょう。

GPUはRTX 3070以上がおすすめ

グラフィックボードについては、RTX3070以上のモデルを用意しましょう。快適に動作させるためには、ハイエンドモデルと同等のスペックが必要になります。

グラフィックボードのスペックが足りない場合は、映像の処理がうまくいかず、カクつきや映像飛びを起こしてしまう可能性が高いです。

UE5(アンリアルエンジン)使用中に不満を抱かないためには、GPUにはこだわるべきといえます。

グラフィックボードの性能を高くすれば、3Dモデルの描写もよりきれいになります。

最新のレイトレーシングなどを快適に行いたい場合はRTX3080以上が必要になる

UE5(アンリアルエンジン)でレイトレーシングを快適に行う場合は、RTX3080以上が必要です。

基本的に3DCGのレイトレーシングを行う場合、グラフィックボードに大きな負荷がかかります。これは3Dモデルの描写はもちろん、影や水面などの描写がより鮮明になるためです。

グラフィックボードの性能が低いと、描写の負荷に耐え切れません。場合によっては、UE5(アンリアルエンジン)のソフト自体が落ちてしまう可能性も考えられます。

きれいな映像を楽しむからこそ、高性能なGPUを用意しましょう。

CPUは最低でもcore i7以上

CPUについては、最低でもCore i7以上のものを用意しましょう。グラフィックボードはもちろんですが、処理を快適かつ高速に実行するためには、CPU性能も重要です。

加えて、並行作業をする場合には、メモリの容量も重要視されます。必要スペックでは8GBとなっていましたが、16GB以上のメモリを用意して、メモリ不足に陥らないようにしましょう。

CPUやメモリの性能が充実していれば、その他の動作も快適になります。

UE5(アンリアルエンジン)におすすめのクリエイター(ゲーミング)PC

UE5(アンリアルエンジン)用にクリエイター・ゲーミングPCを用意するなら、以下4つのモデルを選んでおけば安心です。

各モデルのスペックや特徴をチェックして、自分に合ったものを見つけてください。

raytrek XV|コスパを考える方におすすめ

レイトレックシリーズ

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-12700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
価格191,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H670 チップセット ATXマザーボード
電源650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 20万円で購入できるハイミドルエンド
+ メモリも16GBと充実

イマイチポイント

− 外観のデザイン性は高くない

raytrek XV」は、20万円で購入できるミドルエンドのクリエイター向けPCです。コスパの高さが評価されており、UE5(アンリアルエンジン)にも十分なスペックを搭載しています。

メモリも16GB搭載されているため、メモリ不足に悩むことはまずないでしょう。

ただし、ゲーミングPCではないため外観はシンプルなものとなっています。そのため、見た目重視の人にはあまりおすすめできません。

ゲーミングPCで同等のスペックを購入しようとすると数万円高くなるため、お得なことは間違いありません。

公式サイトをみる

raytrek ZF|3DCGを快適に動かしたい方におすすめ

レイトレックシリーズ

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i9-12900
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
価格270,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H670 チップセット ATXマザーボード
電源750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ CPUにCore i9搭載
+ GPUも十分で快適な処理が期待できる

イマイチポイント

− ストレージが少なく感じる場面があるかも

raytrek ZF」は、CPUにCore i9を搭載しているのが特徴のクリエイター向けPCです。CPUの性能が高いため、なにをしても処理不足を感じません。

GPU性能も十分で、RTX 3070があれば3Dの処理に不満を抱くことは無いでしょう。ただし、レイトレーシングの利用は難しいです。

また、ストレージは500GBしか搭載されていません。不足を感じる場合は、カスタマイズでのグレードアップや外付けストレージを用意しましょう。

ストレージ面以外は、十分におすすめできるモデルです。

公式サイトをみる

GALLERIA XA7C-R37|ゲームをよくする人向け

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-12700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
価格256,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H670 チップセット ATXマザーボード
電源650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 1TBのストレージを搭載
+ ゲーミングPCとして十分なスペック

イマイチポイント

コスパはあまりよくない

UE5(アンリアルエンジン)への使用はもちろん、ゲームも快適にプレイしたいのであれば、「GALLERIA XA7C-R37」がおすすめです。

ゲーミングPCとして十分なCPU・GPUのスペックを搭載しており、現行のゲームが快適に遊べます。また、ストレージも1TBを標準搭載しているため、しばらくはストレージ不足に悩まないでしょう。

ただし、コスパはあまり高くありません。あくまでもUE5(アンリアルエンジン)+PCゲームのどちらにも使う場合におすすめのゲーミングPCです。

ゲーミングPC初心者なら、本PC程度のスペックは用意しておきましょう。

公式サイトをみる

GALLERIA ZA7R-R39|最高スペックでゲーム制作を行いたい人におすすめ

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUAMD Ryzen 7 5800X
GPUNVIDIA GeForce RTX 3090 24GB GDDR6X
メモリ16GB
ストレージ1TB Gen4 NVMe SSD
価格478,010円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 10 Home 64ビット
マザーボードAMD X570チップセットATXマザーボード
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 文句なしのハイエンドモデル
+ ゲームはもちろん、クリエイティブな作業も快適

イマイチポイント

性能がよいため、高価になっている

とにかく最高の環境でUE5(アンリアルエンジン)を使ったゲーム制作をしたいなら、「GALLERIA ZA7R-R39」を購入しましょう。

ゲームはもちろん、クリエイティブな作業も快適に進められます。仮に配信活動に取り組みたい場合も、スペックが足りなくなることはありません。

なお、価格は478,010円(税込)と高額です。決して安い買い物ではないため、用途に対してスペックを持て余さないかは必ず確認しましょう。

ハイエンドモデルを探しているなら、購入して損はありません。

公式サイトをみる

UE5(アンリアルエンジン)の推奨スペックに関するよくある質問

UE5(アンリアルエンジン)の推奨スペックについて調べてみると、以下の疑問を抱いているユーザーが多く見られました。

UE5(アンリアルエンジン)用のPCを購入する前に、疑問を解消しておきましょう。

UE5(アンリアルエンジン)はノートパソコンでできる?

結論として、UE5(アンリアルエンジン)はゲーミングノートパソコンやクリエイター向けノートパソコンなど、十分なスペックを搭載している場合のみ可能です。

ただし、基本的にはおすすめできません。というのも、ノートパソコンの場合は負荷の影響が大きいためです。

どうしてもノートパソコンでUE5(アンリアルエンジン)を使いたいなら、「raytrek R7-ZF」を利用しましょう。

製品名raytrek R7-ZF
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i9-12900H
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB + インテル Iris Xe グラフィックス
マザーボードCPU内蔵マザーボード
メモリ32GB
SSD1TB Gen4 NVMe SSD
HDD非搭載
電源ACアダプター (230W)
リチウムイオンバッテリー (約6.6時間 JEITAバッテリー動作時間測定法 Ver. 2.0)
光学ドライブ非搭載
価格299,979円(税込)

>>ドスパラでraytrek R7-ZFをみる

UE5(アンリアルエンジン)の導入方法は?

UE5(アンリアルエンジン)を導入したいなら、以下の方法で進めましょう。

  1. Epic Games アカウントを作成
  2. Epic Games Launcherをインストール
  3. UE5(アンリアルエンジン)のダウンロードおよびインストール
導入に難しい手順はありません。

UE5(アンリアルエンジン)の機能を使うにはどれくらいのスペックが必要?

UE5(アンリアルエンジン)では、新機能のLumenのレイトレーシングが追加されました。この機能を使うためには、最低でも以下のGPUが必要です。

  • RTX2000番台
  • AMD RX6000番台

上記の中でもグレードの高いものを用意すれば、その分快適に動作することを覚えておきましょう。

RTXの場合は、3000番台を用意しておけば快適に動作します。

UE5(アンリアルエンジン)の推奨スペックまとめ

今回はUE5(アンリアルエンジン)の推奨スペックについて、以下の内容を解説しました。

結論として、UE5(アンリアルエンジン)を快適に動作させるには最低でもミドルエンド、可能な限りハイエンドのPCが必要です。

特にCPUやGPUなど、ゲームの処理に関わる部分はこだわって選びましょう。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ快適な環境でUE5(アンリアルエンジン)でのゲーム制作に取り組んでください。

 

クリエイター向けPCであるreytrek(レイトレック)の評判・口コミは?ドスパラで人気のレイトレックの評判と性能を紹介 「ドスパラPCだけはやめとけ」は正しい?本当にドスパラのゲーミングPCは選んではいけないのか解説! グラボ投げ売り 【値下がり】グラボの投げ売りが起きている原因を解説!値下がりしているGPUのモデルとおすすめも紹介します ドスパラのセールの時期の情報まとめ【2022年8月】ゲーミングPCの買い時は8月!安い時期を狙って賢く買い物しよう フロンティアのセール時期まとめ【2022年8月】フロンティアのセールでおすすめゲーミングPCを狙え!

その他の推奨スペックはこちら

モンハンライズ 推奨スペック 【サンブレイク発売】モンハンライズPC(Steam)版の推奨スペックは?サンブレイクも快適なゲーミングPCを紹介 valorant(ヴァロラント)の推奨スペック・必要スペックは?絶対に失敗しないおすすめゲーミングPCも紹介 Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です