ゲーミングPCおすすめランキングを見る

カメラストラップを買うなら迷わずおすすめのできるピークデザインのストラップを紹介

カメラを購入した際に必ずといってよいほど、一緒に購入するものがカメラストラップです。

カメラと一緒にほとんどが付属品として同梱されている場合が多いのですが、最近では、同梱されているストラップではなく、自分で好みのデザインや機能性が高いストラップを見つけて購入する方が多いようです。

そんな数あるストラップの中で、現在人気なストラップは一体どのメーカーのものなのでしょうか。

今回はカメラストラップのおすすめ商品についてご紹介していきたいと思います。

最近プロカメラマンや写真系YouTuberなどが使用していることで、インターネットやブログなどで高い確率で登場する商品があります。

それは「Perk Design ショルダーストラップ Slide」というストラップです。

カメラグッズメーカーということもあり、ストラップやカメラバッグなど、様々なカメラグッズが発売されています。

特にストラップはリストタイプショルダータイプなど様々なものがありますが、その中でもショルダータイプは非常に人気の商品となっています。

 

ショルダーストラップ Slide の特徴

このストラップはミラーレスカメラなどのコンパクトなカメラはもちろん、一眼レフカメラに装着することも可能なストラップです。

ショルダーストラップとありますが、ネックストラップとしても、もちろん使用できます。またストラップ自体の質感を例えるならば、シートベルトのような生地で、すぐにカメラを構えたい場合でも滑りの良い生地ですので、服の上をストレスなくスライドさせることが可能です。一番の魅力といえば、やはりストラップの長さを素早く変更ができるところです。

アジャスター機構が搭載されており、その部分を操作することで簡単に長さを自由に変更することが可能になっています。

それに加え、下記でご紹介しますアクセサリーと併用することで、ストラップの着脱も簡単に行うことができます。

専用のアクセサリー「アンカーリンクス」

同梱されているピークデザインオリジナルのアンカーリンクスを使用すれば、
カメラボディ本体とストラップとの着脱がワンタッチで可能になります。

またサブカメラなどを使用している方はこのアンカーリンクスを追加で購入し、サブカメラ側に装着しておくことで、メイン機とサブ機の使い分けをスピーディに行うことができます。

またアンカーリンクス単体でも販売されているので、今お使いのストラップの脱着を簡易化することもできます。

 

併せて購入したいアクセサリー

付属のアンカーマウントや別売りのスタンダードプレートは、カメラボディの底面に装着が可能です。

プレートにはアンカーリンクスが装着できる箇所があり、カメラボディの底面側と標準のストラップ等のアクセサリー装着位置が斜めになることになり、ストラップを肩掛けした際にカメラのレンズが下を向き、カメラレンズなどに傷がつくリスクを減らすことができます。

他社製品との比較

カメラストラップは様々なメーカーから発売されていますが、今回ご紹介しているストラップのように長さ調整が素早く行えるものもあります。
しかし、それら商品の操作性は異なり、ストラップの生地の違いによる滑りやすさや耐久性など細かく見ていくと様々な違いがあり、そのほとんどの点において、ピークデザインが勝っています。

さらにアンカーリンクスとの併用による着脱作業の簡素化など、プラスアルファの機能も様々あり、カメラストラップ界でナンバー1の機能性を誇る商品だといえます。

装着方法

装着箇所についてはそれぞれのカメラにより異なるとは思いますが、今回はSONYのα7RⅡに装着することと仮定してご紹介していきます。

標準的な装着箇所は本来のカメラストラップを装着する際に使用する、カメラ本体の左右上部にある個所の2つです。

しかし実用性を考えるとカメラボディやレンズなどが重たくなってくるとネックストラップとして使用すると重さで首が非常に疲れます。
そのような時はショルダーストラップとして活用しましょう。

初めに記載した箇所に装着しても問題はないのですが、おススメはやはり、1つ目のアンカーリンクスをカメラボディの左右上部のどちらかに装着し、もう1つはカメラのボディ側底面に装着することです。

注意
ボディ底面に装着するには同梱されているアンカーマウントや別売りのプレートを装着する必要があります。

この装着方法でストラップを装着すれば、歩いている際に物とカメラがぶつかり、破損する。というような事故を未然に防ぐことができます。

アルカスイス互換に対応

その他にも、上記の別売りのプレートを装着している場合は、プレートの形が三脚の取り付け口の規格の1つである「アルカスイス互換」に対応している為、アルカスイス互換の雲台であればプレート装着のまま三脚に装着することができます。

まとめ

ピークデザイン製のアクセサリーなどの商品は、全体として値段が比較的高めの商品が
多いです。

しかし、購入者のほとんどが実際に使用してみて、その金額の価値を感じています。

時には数十万円の大事なカメラをストラップという紐1本で支えている訳ですので、大切なカメラを安心して任せられるピークデザインのストラップは非常におすすめの商品です。

 

GH5Sに必須のレンズやおすすめ周辺アクセサリーを紹介 GH5Sに必須のレンズやおすすめ周辺アクセサリーを紹介 【商品レビュー】ピークデザインのキャプチャーV3を半年使ってみた感想 【商品レビュー】ピークデザインのキャプチャーV3を半年使ってみた感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です