ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【評判】ドローン初心者向けハイコスパのトイドローンTelloをレビュー!

今回は、Ryze Techが販売しているドローン「Tello」をレビューします。

このドローンは「トイドローン」という部類に属している小型ドローンです。「トイ」といっても、ドローン市場で現在覇権を握っているDJI社と、CPUで有名なIntel社が技術提供をしているため非常に優秀なドローンです。

航空規制法の対象外なので、常識の範囲内では気軽に飛ばすことができ、尚且つ簡単に操作ができるので初めてのドローンとして広く人気があります。

まずはスペックから見ていきます。

Telloのスペック

本体

  • 重量 80g
  • サイズ 98×92.5×41mm
  • 最大飛行距離: 100 m
  • 最大速度: 8 m/s
  • 最大飛行時間: 13分
  • 最大飛行高度: 30 m

カメラ

  • 写真: 5MP(2592×1936)
  • 視野角( FOV ): 82.6°
  • 動画: HD720p30
  • 書式: JPG(写真)、MP4(動画)
  • EIS(電子式映像ブレ補正): 対応

参考(https://www.ryzerobotics.com/jp/tello/specs

ここで注目すべき点は、重量が80gということです。

日本のドローン規制では、200g以下のドローンは墜落時の被害が限定的なため、航空規制法の対象外になっています。

したがって、200g以上のドローンよりも気軽に飛ばすことができます。

さらに、Telloは5MPの写真を撮影することができるため、グループでの自撮りなどにも利用できます。

操作はスマートフォンにアプリをインストールして操作します。

Telloの良い点

Telloの良い点は、4つ挙げられます。

初めてのドローンに最適

誰でも簡単に安定して飛ばせるので初めてのドローンに最適です。また、手のひらサイズの小ささと飛行時の安定性から、家の中でも飛ばせるため、天候に左右されずより多くの時間ドローンを飛ばす練習をすることができます。

ちょっとした空撮にも便利

カメラのクオリティーも合格点で、静止画をメインにするのであればちょっとした空撮もできます。

操作が手軽で楽しい

さらに、本来レーシングドローンなどで行うようなフリップがボタン一つでできてしまったり、手から直接離着陸できたりと、ほかのトイドローンよりも多くのことができます。直接空撮などには関係ないですが、楽しく飛ばすという点においては秀でています。

プログラミングも組める

また、プログラミングを組んでTelloを飛ばせる機能が付いており、プログラミングの学習を楽しく行うことができます。

 

 

Telloの悪い点

悪い点としては以下の4つが挙げられます。

映像のコマ飛びが頻発する

動画はSDカードに直接保存ではなく、Wifiを通してスマホに直接転送される方式をとっています。しかし、Wifiの強度がよくないため転送が失敗し、映像のコマ飛びが頻繁に発生します。したがって、動画は撮影できないと考えておいたほうがいいです。

風の影響を受けやすい

また、本体重量が軽く、手振れ補正はジンバルではなく電子式のため、動画を取る際に少しでも風が吹いていると動画はぶれます晴天時の静止画撮影では問題ないのですが、すこしでも暗いと写真にもブレが発生する場合があります。

予備バッテリーが必要

バッテリーは一つ付属していますが、一つで10分程度しか飛ばせないため、予備のバッテリーが必要になってきます。しかし、バッテリーの価格がほかのトイドローンよりも高いため、揃えようとするとそれなりの出費になってしまいます。

スマホでの操作性に課題あり

また、Telloのコントロールはスマホで行うのですが、操作性があまりよくありません。別売りのコントローラーを使えば本格的に操作することができるのですが、そのコントローラー自体もそこそこの値段のため、備品をすべてそろえると安価とはいいがたい出費になってしまいます。

Telloの使用感

今回、紹介したTello以外にもDJIのSparkやHubsanという会社のドローン、そしてレーシングドローンを使ったりしています。ですが、普段使うのはTelloが多いです。なぜなら、気軽に飛ばせ、飛行が安定していて、静止画専用と割り切れば割といい写真が撮影できるからです。

やはり、大きいドローンを飛ばしていると許可をとっているにもかかわらず文句を言われたりする場合もあるのですが、Telloを飛ばしていて文句を言われたことはまだありません。

他のドローンと比べ、周辺への迷惑をあまり考えないで安心して飛ばせるのは気楽でTelloならではのメリットと言えますね。

 

Telloの注意点

ここで、Telloに関する注意点について言及しておきます。

Telloは200g以下で航空規制法の対象外になっていますが、それでも飛行を禁止されているエリアもあります

例えば、条例で禁止されている公園や国の重要文化財の周辺、また、空港の周辺では200g以下であっても飛行を禁止されています。また、個人のプライバシーを侵害するような飛行、例えば他人の庭に侵入することや家の中を撮影するなどということも禁止されています。

「トイドローン」ということで、おもちゃみたいなものですが、しっかりと規則などを調べてから飛行してください。

最後に

 

初めてのドローンにも、ドローンを飛ばしたことがある人にもお勧めできる万能なドローンがTelloだと思います。本格的な撮影でなければ写真も撮影できますし、なによりドローンを飛ばす楽しみがTelloには詰まっています。ドローンの使い方や空撮をやってみたいけどMavicpro2などはちょっとまだ手が出ないという方に対してオススメの入門機であることは間違い無いです。

ドローンデビューの方にオススメなTelloに必須級のアクセサリを紹介! Tello用の別売りコントローラー「GameSir T1d」レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です