ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【最新版】RTX3080の性能やメーカーの違いは?RTX3080のおすすめメーカーとおすすめPCは〇〇!

APEXやフォートナイトなどFPS・TPSゲームの上達の近道は、「良い環境でプレイすること」だったりします。

良いゲーミングPCを購入して240Hz環境に移行するだけで、以前の自分より一歩先に行けるはずです。

ただ、その環境を作るには性能の高いグラボを使うのが必須。そこで、本記事ではコスパに優れたハイエンドグラボ「RTX3080」をご紹介します。

4K環境や、高リフレッシュレート環境でプレイしたい方には最適なグラボです。

ゲーミングPC選びの参考になれば幸いです。

RTX3080の基本性能

RTX3080は、RTX 20シリーズの80番台「RTX 2080」の後継モデルとなっています。サムスンの8nmプロセスで製造、チップ面積当たりの密度を約1.96倍に高めているのが特徴です。

RTX2080と比べて、CUDAコア数が3倍近く増えていたりとかなりの進化を遂げています。また、レイトレーシング機能やDLSS機能の進化も見逃せません。

RTX2080では4K環境でのゲームプレイは少し厳しい印象でしたが、RTX3080なら4K60fpsも余裕で狙えます。

性能面で不満を感じる人はほぼいないでしょう。消費電力がかなり大きいのがネックですね。

RTX3080の価格・サイズ比較と性能比較

型番サイズ (幅×奥行き×高さ)参考価格平均fps
RTX3090約317.8×120.7×58mm220,000円フルHD:310fps
4K:121fps
RTX3080Ti約318.5×140.1×57.8mm150,000円フルHD:312fps
4K:123fps
RTX3080約299.9×126.9×51.7mm100,000円フルHD:305fps
4K:117fps
RTX3070Ti約285 x 124 x 58 mm90,000円フルHD:295fps
4K:110fps
RTX3070約323×140×56mm70,000円フルHD:290fps
4K:103fps
RTX3060Ti約232×124×52m55,000円フルHD:282fps
4K:95fps
RTX3060約323x140x56 mm55,000円フルHD:245fps
4K:70fps

RTX3090が最も性能が高く、下に行くにつれて徐々に下がっていきます。

RTX 20シリーズと比べてレイトレーシング性能やDLSSが向上したり、HDMI2.1やPCIe4.0に対応したりなど、性能面ではかなりの進化です。

注意
世界的な半導体不足によりグラボの価格はかなり変動しており、現在は参考価格よりだいぶ高めになっています。

RTX3080のメーカーの違いとおすすめメーカー

RTX3080一つとっても、色々なメーカーの種類のRTX3080が存在します。

コアのチップだけがVIDIA製で、あとの基盤とか電源とかクーラーはそのメーカーが設計するという感じですね。

品質が悪いとコイル鳴きなどの不具合が起きる可能性があるため、安定性を重視し、できることならASUSやMSI、GIGABYTE製のRTX3080を選ぶのをおすすめします。

RTX3080の評判


RTX3080は非常に高い性能を持つものの、価格が高騰していたり入手難易度が若干高かったりするみたいですね。グラボ単体で購入するよりBTOショップでRTX3080を搭載したゲーミングPCを購入する方がいいかもしれません。

RTX3080を搭載したおすすめPC5選

ここからは以下のような、RTX3080を搭載したおすすめPCをご紹介していきます。

  • GALLERIA ZA9C-R38
  • GALLERIA XA7C-R38 H570搭載
  • G-GEAR neo GX7J-C211/ZT
  • FRGH570/WS38KF
  • G-GEAR GA7J-I202/ZT

GALLERIA ZA9C-R38

製品名
GALLERIA ZA9C-R38
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10900K
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel Z590
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格299,979円(税込)

GALLERIA ZA9C-R38は「Core i9-10900K」「RTX3080」を搭載したゲーミングPCになります。

非常に高い性能を持ち、レイトレーシング機能を併用してのプレイも余裕でこなせるでしょう。フルHDでのプレイであれば、360Hzモニターを検討してみるのもアリです。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでゲーミングPCを見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

GALLERIA XA7C-R38 H570搭載

製品名
GALLERIA XA7C-R38
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700K
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel H570
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格259,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R38は「Core i7-10700K」「RTX3080」を搭載したゲーミングPCになります。

ZA9C-R38には若干性能は劣りますが、設定次第で360fpsも目指せるような性能です。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでゲーミングPCを見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

G-GEAR neo GX7J-C211/ZT

製品名
G-GEAR neo GX7J-C211/ZT
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700K
GPUGeForce RTX 3070
マザーボードIntel Z590
メモリ32GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格314,800円(税込)

G-GEAR neo GX7J-C211/ZTは「Core i7-11700K」「RTX3070」を搭載したゲーミングPCになります。

価格こそ高いですが、性能は抜群です。メモリ32GBもありますから、4K動画編集などでも活かせるでしょう。お金に余裕がある方であればG-GEAR neo GX7J-C211/ZTがおすすめです。

\高品質で信頼性No.1のPCはTSUKUMO/

TSUKUMO公式を見る

MEMO
多くのBTOメーカーでゲーミングPCの値上げが続いているので、早急に購入することをおすすめします。

FRGH570/WS38KF

製品名
FRGH570/WS38KF
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700F
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel H570
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源850W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格259,800円(税込)

FRGH570/WS38KFは「Core i7-11700F」「RTX3080」を搭載したゲーミングPCになります。

i7-11700Fは、前世代のCore i9-10900に匹敵する性能を持っていますから4K環境でのゲームプレイも難なくこなせる性能です。

フロンティアではセールが頻繁に行われており、RTX3080を搭載したゲーミングPCでも安く購入できるので、セールが行われているうちに購入しましょう。

セールで高額ゲーミングPCも超お得!
フロンティア公式サイトを見る

MEMO
フロンティアのセールは人気モデルの場合、即日完売する恐れがあります。購入を検討している方はお早めに購入することをおすすめします。

G-GEAR GA7J-I202/ZT

製品名
G-GEAR GA7J-I202/ZT
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700K
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel Z490
メモリ16GB 
SSD500GB M.2 NVMe SSD
HDD1TB
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格246,800円(税込)

G-GEAR GA7J-I202/ZTは「Core i7-10700K」「RTX3080」を搭載したゲーミングPCになります。

GALLERIA XA7C-R38と構成は非常に似ていますが、チップセットやHDDの有無、SSDの容量が異なります。ここは自分に合ったモデルをチョイスしてください。

\高品質で信頼性No.1のPCはTSUKUMO/

TSUKUMO公式を見る

MEMO
多くのBTOメーカーでゲーミングPCの値上げが続いているので、早急に購入することをおすすめします。

RTX3080で遊べるおすすめゲームは?

基本的には現状、RTX3080でプレイできないゲームは存在しないと考えてもらって大丈夫です。

APEXやフォートナイトなどの比較的負荷が高くないゲームであれば、最高設定でも240fps以上は余裕で狙えるので、負荷が低いFPSはおすすめです。

ぜひ、先ほどご紹介したおすすめゲーミングでの中から選んでみてください。

まとめ

ここ最近の世界的な半導体不足の影響で、グラボの入手が極めて困難になっています。

それと当時に値段の変動も非常に大きく、「BTOショップで見つけたあのPC、ちょっと前より値段上がってる!」といったことが頻繁に起きている状況です。

特に人気のグラボは秒で売り切れてしまうことが多いので、RTXシリーズの購入を検討されている方はお早めに動くことをおすすめします。

240hz出すためのグラボ 240hzのグラボを搭載したおすすめPCはこれ!APEX・フォートナイト・シージにおすすめのグラボ搭載PCは〇〇! グラボ 【最新版】144Hz出すために最適なグラボは?APEX・フォートナイト・FF14に最適なグラボを搭載したゲーミングPCを紹介 【おさえておきたい】CPU温度をゲーム中に確認するには?CPUの適正温度から高温時の対処法まで全てを解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です