ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【最新版】144Hz出すために最適なグラボは?APEX・フォートナイト・FF14に最適なグラボを搭載したゲーミングPCを紹介

「さっきの場面でカクつかなければ勝てたのに」という経験ありませんか。

APEX・フォートナイトなどの一分一秒を争うゲームでは、リフレッシュレートやフレームレートが大事になってきます。

低fpsは240fpsでプレーしている人、144fps以上でプレーしている人と戦うバトロワで圧倒的に不利です。

簡単にいうと、戦場で戦車に対して拳銃だけで立ち向かうようなものです。

せっかくゲームをするなら性能のいいPCを使って強い相手を倒したいと思いませんか?

そこで本記事では144Hzを出すためにおすすめのグラボおすすめグラボ搭載のゲーミング PCを解説していきます。ぜひ、グラボ選びの参考にしてみてください。

APEXのプロゲーマーInperial Hal選手をはじめ多くのゲーマーが144fpsでゲームをプレイすることを推奨していますよ。

リフレッシュレートとフレームレートとは

まずは「リフレッシュレート」と「フレームレート」の違いについて解説していきます。

フレームレート」とは、ゲームの映像や動画の再生などによって、1秒間に何回画面が書き換わるかです。 「リフレッシュレート」とは、ディスプレイが1秒間に何回画面を書き換えれるか、ということになります。

1秒間に一回絵を書き換えて、ディスプレイに出力することを「1FPS」と言います。

意味的には両者似たような感じなのですが、リフレッシュレートはモニターの性能を示しています。ディスプレイに出力するのがフレームレートです。

注意
フレームレートが120FPSの滑らかな映像を出力できても、その映像を受け取り表示するディスプレイが60hzでは、60FPSの映像しか見れません。

144Hz出るグラボを選ぶべき理由

実はAPEXでは200fps以上を出すとカクつくことがあるんです。

特にPADだと200fps以上を出すと挙動がおかしくなったりするので、APEXのトッププレイヤーは皆口をそろえて「144Hzが良い」と言っています。

ちなみに、FPSゲームにおいて60fpsと144fpsの違いは一目瞭然

60fpsはカクカクしていてやりづらく、200fps以上はバグってしまったりするので、滑らかでかつ動作も安定している144fpsが一番良いということですね。

【APEX】144fps出るおすすめのゲーミングPCを見る

【フォートナイト】144出るおすすめのゲーミングPCを見る

【FF14】144出るおすすめのゲーミングPCを見る

144Hzに対応しているグラボの選び方

グラボの選び方

144Hzでプレイしたい場合は、14Hzに対応しているグラボが必要になります。選び方を解説していくので、買う際の参考にしてみてください。

メーカー・型番で選ぶ

グラボに搭載されているチップにはNVIDIA製(GeForce)とAMD製(Radeon)があります。主流なのはNVIDIA製です。

BTOショップで購入できるゲーミングPCのほとんどはNVIDIAのグラボが採用されているので、迷うことはありません。

型番ですが、NVIDIA製グラボを例に挙げてみます。NVIDIAではGTX・RTXシリーズがあり、RTXシリーズの方が高価で高機能となっています。

「NVIDIA RTX 3060」のような表記があり、3070,3080と数字が上がるほど高性能が高いということなので、選ぶ際は意識しておきましょう。

PCに合わせて決める

性能の高いグラボほど大型化している傾向にあります。グラボを選ぶ際は自分が使いたいPCケースに収まるかを確認しましょう。

もし、Mini-ITXのような小型PCを自作したい場合はグラボのサイズはかなり大切になってきます。BTOショップですと、ケースに収まるサイズのグラボしか選べないので失敗するリスクはほぼありません。

ゲームタイトルに合わせて決める

自分がプレイしたいゲームに合わせてグラボを選択するのは非常に大事です。

先にどんなゲームをしたいかを決めておくと、PCのスペックを決めるときにスムーズに進められます。

MODを導入したり、負荷が高いゲームをプレイしたいならそれ相応のグラボが必要になりますよね。

逆に、対して負荷が高くないゲームをメインでプレイするのであれば、グラボにはそれほどお金をかけなくともいいですね。

APEXのおすすめゲーミングPCはこちら

フォートナイトのおすすめゲーミングPCはこちら

FF14のおすすめゲーミングPCはこちら

グラボとCPU,モニターの関係性が重要

「ボトルネック」というPC用語があります。

自作パソコンで重要になってくるのがパーツのバランスです。例えばCPUの性能がかなり高いものだとしても、GPU(グラフィックボード)の性能が低すぎるとゲームを快適にプレイすることはできません。

こんな感じで、バランスが取れていないことが原因でいずれかのパーツの性能が発揮できなくなっている状態をボトルネックと言います。買う際は注意しておくことが大事です。

ボトルネックチェッカーで簡単に調べられるので、買う際は調べておきましょう。

144Hz出るおすすめグラボは?

ゲームで144Hz出るおすすめのグラボを詳しく紹介していきます。

グラボ別性能比較表

グラボ別のFPSについては以下のとおりです。

こちらは少し重いゲーム(モンハンやFF14、FF15など)をプレーした時のフレームレートの平均計測値です。

グラボ別性能比較表

フルHD fpsWQHD fps4K fps
NVIDIA GeForce RTX 3090246187117
NVIDIA GeForce RTX 3080Ti241182112
NVIDIA GeForce RTX 3080232173105
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti18713989
NVIDIA GeForce RTX 307017813380
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti15011369
NVIDIA GeForce RTX 30601249255
NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti967142
NVIDIA GeForce GTX 1660 Super916740

 

フルHDにはRTX3060Tiがおすすめ

製品名NVIDIA GeForce RTX 3060Ti
フルHD(高画質)144fps
WQHD(高画質)110fps
4K(高画質)64fps
3DMark Time Spy11893

RTX 3060Tiのゲーミング性能については上記のとおりです。

重めのゲームメインで、かつ高画質なのにも関わらずフルHDで平均144fpsほどを叩き出しているため、FPSゲームだと200fps以上も十分に狙える性能ではないかと思います。

安定感も高いので、RTX 3060 Tiを買っておけば心配は無さそうです。

コスパもかなり高いのでRTX30シリーズの中でも非常におすすめなグラボになります。。

WQHDにはRTX 3080がおすすめ

製品名NVIDIA GeForce RTX 3080
フルHD(高画質)186fps
WQHD(高画質)154fps
4K(高画質)97fos
3DMark Time Spy18855

RTX 3080のゲーミング性能については上記のとおりです。

現代でも最高クラスに近いRTX 3080ですが、WQHD最高画質で144fpsを超えているなどやはり驚異的。

性能が高い分もちろん価格もあがりますが、それでも現実的な金額ではあるの、「WQHDゲーミングモニターで144fpsに止まらずそれ以上も出したい」というような方には一押しのグラボです。

今後はWQHDが主流になってくるともいわれているため、この数字はかなり魅力的だと思います。

⇨RTX3080搭載のおすすめゲーミングPCを見る

144hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC【APEX】

APEXにおける、グラボ別のベンチマーク結果は以下の通りです。

グラボ最低画質最高画質
RTX3080282254
RTX3070232202
RTX3060190142
GTX1660SUPER168108
おすすめのゲーミングPCはこちらです。

製品名グラボ
GALLERIA ZA7C-R38GeForce RTX 3080 
GALLERIA RM5C-G60 B560搭載GeForce GTX 1660 SUPER

 

GALLERIA ZA9C-R38

製品名
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12700K
GPUGeForce RTX 3080 
マザーボードIntel Z690 
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
メリット・高画質FPSも超快適

・240Hzモニターに余裕で対応できる

・メモリも32GBでストレージもそこそこ積まれているのでクリエイティブ作業にも適している

デメリット・グラボ高騰によりかなり高くなってしまっている
価格329,980円(税込)

GALLERIA ZA7C-R38はWQHDもしくは4Kでプレーする方におすすめのゲーミングPCになります。

ほとんどのゲームを4K+最高設定+リアルタイムレイトレーシング適用でプレイすることが可能です。その分価格も高いですが、妥協を許せない方におすすめと言えます。

負荷の軽いゲームをプレーする方であっても、ゲームのライブ配信をしてみたいという方には最適なスペックです。

 

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでZA7C-R388を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

GALLERIA RM5C-G60 B560搭載

製品名
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-10400
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
マザーボードIntel B560
メモリ16GB 
SSD512GB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源550W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
メリット・予算は抑えつつもフルHDで最新ゲームが遊べる

・Apex・フォートナイト・ヴァロラントをプレーしたい場合はもってこいのモデル

デメリット・重いゲームをプレーするにはスペックが足りない
価格109,980円(税込)

GALLERIA RM5C-G60 B560搭載は「Core i5-10400」「GTX 1660 SUPER」を搭載したのゲーミングPCになります。

コストパフォーマンスを重視するユーザー向けで、4KやWQHDでプレイは厳しいですが、FHDで設定を少し下げれば144fpsは出るでしょう。

 

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでRM5C-G60を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

144Hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC【フォートナイト】

フォートナイトにおける、グラボ別のベンチマーク結果は以下の通りです。

グラボ最低画質最高画質
RTX3080306218
RTX3070282211
RTX3060280146
GTX1660SUPER25582
おすすめのゲーミングPCはこちらです。

製品名グラボ
GALLERIA XA7C-R36GeForce RTX 3060 
G-Tune HM-B-AFGeForce RTX3070

GALLERIA XA7C-R36

製品名
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUGeForce RTX 3060
マザーボードIntel H570 
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
メリット・ 最新の11世代CPUを搭載

・クリエイティブ作業がメインの方には最適

デメリット価格の上がり下がりが激しい
価格199,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R36「Core i7-11700」「RTX 3060」を搭載したゲーミングPCになります。

性能のバランスがよく、ゲームタイトルによっては4K解像度を快適に楽しむことが可能です。フォートナイトの場合、設定を下げれば240fpsくらい出るので、本格的に取り組みたい方にもおすすめです。

 

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでXA7C-R36を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

FRGH670/A

FRGH670/A

製品名
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUIntel Core i5-12400F
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060
マザーボードインテル H670 チップセット
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
電源600W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブ非搭載
メリット・コスパ最強構成

・1通りのゲームを快適にプレーできる

・側面がクリアパネルでデザインがかっこいい

デメリット・4Kモニターは厳しい
価格199,800円(税込)

「FRGH670/A」は2022年コスパ最強構成のゲーミングPCです。

フォートナイトにおいては低画質だと240fpsを出せる性能を誇っており、それ以外のバトロワゲームでも快適にプレーができます。

また、本体側面がクリアパネルで内部がしっかりと見えたりとデザインも非常にかっこいいので、かなりおすすめの1台です。

フロンティアでFRGH670/Aを見る

G-Tune HM-B-AF

G-tune

製品名
G-Tune HM-B-AF
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-10700
GPUGeForce RTX3070 
マザーボードIntel B460 
メモリ16GB 
SSD512GB M.2 NVMe SSD
HDD2TB
電源700W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格175,780円(税込)

G-Tune HM-B-AFは「Core i7-10700」「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCになります。

Apex Legendsやフォートナイトといった人気タイトルを144Hzで快適にプレイできますし、フォートナイトなら240Hzも目指せる性能です。

144hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC【FF14】

FF14における、グラボ別のベンチマーク結果は以下の通りです。なお、fpsではなく平均スコアになります。

グラボスコア
RTX308023569
RTX307023689
RTX306020938
GTX1660SUPER13280
おすすめのゲーミングPCはこちらです。

製品名グラボ
GALLERIA XA7C-R37GeForce RTX 3070
GALLERIA XA7C-R36GeForce RTX3060

GALLERIA XA7C-R37

製品名
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUGeForce RTX 3070
マザーボードIntel H570 
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
メリット・価格を抑えながらも高性能を実現した次世代モデル

・スペックバランスが良い

・フルHD高リフレッシュレートでゲームプレーができる

デメリット無し
価格239,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R37は「Core i7-11700」と「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCになります。

FF14を4Kでプレイすることも、Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイすることも可能なくらいの性能を持っています。

 

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでXA7C-R37を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

GALLERIA XA7C-R36

製品名
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-10700
GPUGeForce RTX3060
マザーボードIntel H570 
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDD2TB
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
メリット・安さ重視の方に適している

・フォートナイトを十分快適にプレー可能

デメリットグラボの高騰で値上げ傾向にある
価格179,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R36は「Core i7-10700」と「RTX 3060」を搭載したゲーミングPCになります。

一つ前で紹介したGALLERIA XA7C-R37の前のモデルで、安さ重視の方におすすめな一台です。

 

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでXA7C-R36を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

性能に余裕のあるグラボを選ぶことが大切

ゲーミングPCを購入する際は性能を妥協するのは良くありません。余裕を持った性能のモデルを選びましょう。

大体のBTOショップでは季節の節目に大きめのセールが行われており、セール時を狙うことで高性能なゲーミングPCを安く購入することができます。

ドスパラやフロンティアなど、毎月・毎週セールを開催しているショップもあるので、ぜひチェックしてみてください。

gtx1650tiの性能比較レビュー!Apexやフォートナイトのベンチマークを検証してみた フロンティアのセール時期まとめ【2022年5月】フロンティアのセールでおすすめゲーミングPCを狙え! ドスパラのセールの時期の情報まとめ【2022年5月】ゲーミングPCの買い時は5月!安い時期を狙って賢く買い物しよう サイコムのセール時期まとめ【2022年5月最新】BTOショップサイコム(Sycom)のセールで安く買うには〇〇がおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です