ゲーミングPCおすすめランキングを見る

Sycom(サイコム)の評判は?選ぶべき理由とメリット・デメリットを詳しく解説

ゲーミングPCを購入するにあたって、人気BTOメーカーとしてあがる名前のひとつがサイコムです。自由度の高いカスマイズ性とパーツの品質、デザイン性にも定評がある人気のメーカーとなっています。

とはいえ、サイコムでゲーミングPCを買うならもっと詳しい情報は知りたいですよね。

  • サイコムの特徴
  • サイコムのシリーズについて
  • サイコムに対しての口コミ

本記事ではサイコムの特徴から評判までを詳しく深堀りして解説していきます。ぜひBTOメーカー選びの参考にしてみてください。

サイコム公式サイト

Sycom(サイコム)とは?評判は良い?

BTOパソコンメーカーの中でも老舗のサイコムは、フルカスタマイズに近いくらい好みのアレンジができるメーカーです。豊富にあるPCパーツから好みのパーツを自由に選べる自由度が評判となっています。

ケースからケーブルに至るまでとことん選べるため、パーツはもちろん外見にもこだわりたい方におすすめです。

サイコムは、他社と比べて割高な傾向なのがデメリットです。

しかし割高な分「こうしたい」といった願いを叶えられるでしょう。カスタマイズ性の高さから初心者というよりは玄人向けのメーカーです。

サイコムを選ぶべき4つの特徴

ここからはサイコムの特徴を解説していきます。具体的な特徴は以下の通りです。

サイコムを選ぶべき4つの特徴
  • カスタマイズ性が高い
  • ラインナップが豊富で、デザイン性が高い
  • 無償オーバーホールなどの手厚いサポート
  • パーツもモデル名まで分かるから安心

それぞれみていきましょう。

カスタマイズ性が高い

サイコムを選ぶべき理由のひとつは、カスタマイズ性の高さです。他BTOメーカーとは比べものにならないくらい豊富な在庫の中から、自由に選べます。

例えば、マザーボードやOCモデルのグラフィックボードが選べます。

ビジネス向けのPCを除きますが、マザーボードはASUS製・ASRock製・GIGABYTE製などから選択可能です。

MEMO
マザーボードは、型番まで明記されているので安心できます。

グラフィックボードも、ASUS製・MSI製・ASRock製・GIGABYTE製などラインナップが豊富です。ただ豊富なだけではなく「このグラフィックボードなら電源は〇〇W以上推奨」といったアナウンスつきです。

決まったスペックのモデルという概念が少ないので、自由自在に組めます。パーツの相性についてはオンラインで気軽に相談できます。

ただし、パーツに対してある程度の知識がないと選ぶのはむずかしいでしょう。自作は少し面倒に感じる方におすすめです。

ラインナップが豊富でデザイン幅広い

サイコムは、見た目のデザイン性にこだわったコンセプトモデルも販売しています。具体的には、RGBに光るゲーミングPCなどです。注目を浴びるような外見にこだわりのある方なら、サイコムがおすすめです。

主なコンセプトモデルは4種ほど存在します。

  • G-Master Spear…デザイン性が高く多くのゲーマーから支持されている
  • Silent-Master NEO…究極の静音PC、冷却性能と静音性を両立
  • Aqua-Master…ハイエンド水冷仕様、メンテナンス不要
  • Premium Line…長期に使用したい方向け、標準2年保証

ゲーミングPCだけでもさまざまなコンセプトモデルがあり、自分の好みや使用目的に合わせて選べるのが魅力だと言えます。

無償オーバーホールなど手厚いサポート

サイコムは手厚いサポートでも評判です。よくあるパソコンに対してのサポートはもちろん、パーツのサポートなど幅広く対応しています。中でも一部コンセプトモデルに限りますが、無償オーバーホールの対応をしています。

対象コンセプトモデルはPremium Lineで、その内容は、

無償オーバーホール内容
  • 内部クリーニング…冷却ファンやヒートシンクを中心に丹念にクリーニング
  • CPUグリス塗り直し…元のグリスを拭き取り丁寧に塗り直し
  • BIOSやドライバの更新…信頼性や性能向上が見込めるドライバアップデート
  • 動作確認…出荷時と同様の動作確認とエージングテスト

オーバーホールや動作確認の結果についても、報告書として添付してくれるのは信頼の証と言えるでしょう。

有償の出張サポートサービスは、専門のパソコン訪問コンシェルジュが対応しています。起動しない・インターネットにつながらない・データが消えてしまったという悩みを解決してくれます。

事前に見積もり可能なのが安心です。

パーツもモデル名まで分かるから安心

一般的なBTOメーカーではオリジナル製品を使用していることが多く、メーカー名が明確になっていないことが多いのです。

仕入れ状況により、メーカーが変更になったり、独自のパーツを使用したりと安定感に対して期待が持てません。

サイコムではしっかりした製品を使用しており、すべてのパーツにメーカー名・製品名が明記されています。BTOメーカーの中でも品質にはこだわりを持っています。パーツの相性や不具合、取り付け方法など細かく検証し一定の規定を満たさないアイテムは採用しません。

MEMO
サイトを利用してカスタマイズする場合、動作が不安定になったり不具合をおこしたりする可能性があれば「サイコムあんしん相性チェッカー」が教えてくれるため安心して利用できます。

サイコムを選ぶデメリット

サイコムにはたくさんのメリットがある反面、当然デメリットもあります。

  • 価格が割高になってしまう
  • カスタマイズ性が高いからこそ知識がある程度必要になる
サイコムのデメリットについても解説していきます。

価格は割高になりがち

サイコムのパソコンは他BTOショップと比較すると、約1割高いです。

他BTOショップに比べて割高な理由
  • 細かいカスタマイズができる
  • 品質の高いパーツを選べる

品質とカスタマイズ性を重視したい方にはおすすめですが、コスパ重視の方にはおすすめできません

カスタマイズ性が高いから知識がある程度必要

サイコムのパソコンは初心者の方にはおすすめできません。というのも、カスタマイズ性が高いからです。サイコムでは、パーツの相性を診断してくれる「サイコムあんしん相性チェッカーが、パーツ同士適応しているか確認してくれます。

しかし、豊富なパーツ在庫の中から好みのアイテムを選ぶのは、初心者にとって難しいことです。ある程度のパーツ知識がないと何を選んだらいいのか分かりづらいからです。

パソコン初心者の方は、ドスパラなど初心者向けのBTOショップを選ぶとよいでしょう。

サイコムの豊富なコンセプトシリーズ

サイコムにはゲーミングPCやスタンダードモデルなど、さまざまなコンセプトシリーズがあります。

サイコムのコンセプトシリーズ
  • G-Masterシリーズ
  • Silent-Master NEO
  • Aqua-Master
  • Lapton series
  • Premium Line

シリーズごとの特徴を解説していきます。

G-Masterシリーズ

多くのゲーマーから支持されているサイコムのゲーミングPCブランド「G-Master」シリーズです。プレイしたいゲームタイトルに合わせて、自由にカスタマイズできます。豊富なパーツから自由に選択できるので、デザイン性が高くなるのもメリットのひとつです。

また、カスタマイズ性と高いデザイン性から、見た目が他の人と同じになりにくいのも魅力です。

他人と同じ見た目はイヤだという方におすすめします。

G-Master Axilusシリーズは、「お互いに協力し合い新型コロナウィルスにうち勝とう!」をコンセプトに開発されたモデルです。売上金の5%を赤い羽根福祉基金「支える人を支えよう!赤い羽根新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」に寄付しています。

最新の3Dゲームに耐える性能と美しくエレガントな外観で、ゲーム中のテンションもアップするでしょう。

Silent-Master NEO

徹底的に静音性を追求したのが「Silent-Master NEO」モデルです。サイコム独自に静音性を検証し、エアフローによる冷却や静音のバランスを考えて作られました。

アイドル時はほぼ無音に近い23.0dbで、高負荷においても31.6dbとファンの回転音が分かる程度なのは、非常に静かだと言えます。

実際にサイコムのホームページ上でテストデータが公開されているので、静音性の信頼度は高いです。サイコムが静音性に自信を持っている証拠だと言えるでしょう。

一般的にPCは、性能を求めると騒音が大きくなります。逆に静音性を求めると性能が下がってしまいます。性能と冷却そして静音のバランスを兼ね揃えているのが「Silent-Master NEO」です。

Aqua-Master

水冷モデルの「Aqua-Master」です。最大の特徴は水冷ユニットで、ハイエンドパソコンの熱を効率的に冷やすことに特化しました。セッティング次第では水冷だけではなく、静音化できるのも魅力です。

しかし、水冷は取り付けが難しくメンテナンスも面倒なことから敬遠されてしまいます。トラブルが起きた時の被害が大きいからです。サイコムのAqua-Masterはメンテナンスフリーなので、面倒な取り付けはもちろん、普通のパソコンと同じように使用できます。

夏場もヘビーユースしたい方におすすめのパソコンです。

Lapton series

プロ向けワークステーションの「Lapton series」は、クリエイター向けのコンセプトシリーズです。3D編集や映像編集などレンダリング作業や、エンコード作業はCPUに高負荷を与えます。パーツが発熱しPC内部は高温になってしまいます。

サイコムのLapton seriesは、CPUクーラーに高い冷却性能を備えているので、パソコンの熱暴走を軽減します。またPCケースも冷却性にすぐれたアイテムを使用しているので、長時間の作業も安心です。

パーツはもちろん、作業に必要なストレージ容量やグラフィックボードなどさまざまなパーツから選択できます。日々の作業に合わせた自分好みのPCを選べます。

3D編集・映像編集・デスクトップミュージックの編集や、web編集などに活躍できるモデルと言えるでしょう。

Premium Line

サイコムの耐用年数が高いモデル「Premium Line」シリーズです。一般的な1年保証ではなく、標準で2年の保証がついています。オプションで3年まで延長可能なので、長期に使いたい方におすすめです。

Premium Lineシリーズは、無償オーバーホールサービスが付属しています。内部クリーニング・CPUグリス塗り直しBIOSやドライバの更新が標準装備され、動作確認をして報告書まで添付してもらえます。

また、内部パーツを最新版に交換したい場合、購入サポートや取り付けサービスの利用も可能です。

高品質で耐用年数の高いパソコンを求める方におすすめです。

サイコム公式サイト

サイコムでイチオシのゲーミングPC

サイコムのメリットやデメリットをご紹介してきました。ここからはサイコムで販売されているPCの中からイチオシのPCをご紹介していきます。

G-Master Spear X570A II

まずはサイコムの「G-Master」シリーズからMSI GeForce RTX™ 3060 Ti VENTUS 2X OCを標準搭載した、4K対応のゲーミングモデルです。

商品名G-Master Spear X570A II
おすすめ度★★★★★
価格227,150円
CPUAMD Ryzen 7
グラフィックボードMSI GeForce RTX™ 3060 Ti VENTUS 2X OC
メモリ容量16GB
ストレージSSD 512GB

G-Master Spear X570A IIは、サイコムのラインナップでもゲーム性能だけはなく、動画編集もストレスなくこなすモデルです。高解像度のウルトラワイドモニターを使いたい方におすすめできます。ゲームはもとより、プレイ中の配信をしたい方に最適です。

サイコム公式サイト

Z490FD-Mini

つづいてはサイコムの「Premium-Line」シリーズから、デザイン性にこだわった長期対応のZ490FD-Miniです。

商品名Z490FD-Mini
おすすめ度★★★★★
価格239,950円
CPUIntel Core i7-10700K
グラフィックボードGeForce RTX2070 SUPER 8GB
メモリ容量16GB
ストレージSSD 512GB

Z490FD-Miniは、設置環境に応じてトップのウッドパネルを通気性のよいメッシュパネルに変更可能です。コンパクトタイプながらも、ハイスペックなグラフィックボードを搭載しており、3Dモデリングや映像処理、画像処理やゲームなどに対応しています。レンダリングで高負荷になっても静音性が高く、快適な動作を実現します。見た目だけではなく性能にこだわる方におすすめです。

サイコム公式サイト

G-Master Hydro TRX40 Extreme

最後にご紹介するのがサイコム「G-Master Hydro」シリーズの中でも群を抜いた性能を誇る「G-Master Hydro TRX40 Extreme」です。

商品名G-Master Hydro TRX40 Extreme
おすすめ度★★★★★
価格623,860円
CPURyzen Threadripper 3970X
グラフィックボードNVIDIA Geforce RTX 3080 10GB
メモリ容量32GB
ストレージSSD 512GB

G-Master Hydro TRX40 Extremeは、最強クラスのCUPを搭載しており、究極の静音性と冷却性能を両立しています。レンダリングやレイトレーシング処理にもっとも適しており、編集・設計・モデリング・ゲームのストレスがありません。RGBライティングでさらに目立つPCにしたい方におすすめします。

サイコム公式サイト

サイコムのオンラインのみで店舗はない

サイコムには店頭販売がありません。すべてをオンラインのみで実現しています。感染症対策で実店舗に行きたくない方におすすめです。創業20年の歴史に加え、パーツ一つひとつへのこだわりと実績があります。

サイコムのホームページに、BTOパソコンサイコムの企業を紹介する動画が掲載されています。決して大手ではありませんが、丁寧な仕事で安心です。

しかし、直接手に取って選びたい方にはおすすめできません。

サイコムの納期はどれぐらい?発送は遅い?

多くのBTOメーカーが即納に対応している中で、サイコムには即納モデルがありません。納期はおよそ7営業日の発送です。納期が遅い理由は以下の通りです。

  • カスタマイズ性が高いためパーツによっては在庫切れの可能性がある
  • 1台を1人が担当する丁寧な組み立て
  • 出荷前の徹底した動作検証
  • こだわりの梱包

納期が遅いのは、丁寧さと品質にこだわった結果だと言えるでしょう。

サイコムのネットの評判は?

サイコム製品を購入した方の評判や口コミをご紹介します。

サイコムの口コミ評判の中で、もっとも声が多かったのは「デザイン性」と「静音性」でした。本記事でもご紹介した通り、サイコムのPCはデザイン性・スペック・静音性が高いと評価されています。

また、アフターフォローが素晴らしいとの声もありました。初心者にもやさしい対応がされています。

サイコムの各種情報

ここからは、サイコムの支払い方法や保証についてお伝えします。支払い方法や保証については、ゲーミングPCを購入する上でとても大切なことなので、よく確認しておくことをおすすめします。

支払い方法について

サイコムの支払い方法は、以下の通りです。

クレジットカードVISA・master・NICOS・JCB

AMERICAN EXPRESS・Diners Club

キャッシュレス決済PayPay・Amazon Pay
ショッピングローンJACCSショッピングクレジット
セブンイレブン30万円以上の場合取り扱い不可
銀鉱・郵便口座振り込み三菱UFJ銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行
官公庁・学校法人見積もり時に申告が必要

以前取り扱いのあった「代金引換」は、2021年2月現在終了しています。

また送料として、

  • BTOパソコン1台につき2,920円(税込)
  • パソコンと同時購入のモニタ1台につき1,460円(税込)

が、かかってきます。

保証について

サイコムの基本的な保証期間は一部モデルを除いて1年で、初期不良期間は30日です。起算日は「手元に商品が到着した日付」からとなります。オプションの延長保証で3年までになります。

初期不良期間中にかかる往復の送料は、サイコムの負担です。その後の保証期間内は、片道の送料をユーザーが負担します。

サイコムの評判まとめ

ここまで、BTOメーカーであるサイコムについて、口コミや評判をご紹介してきました。

サイコムはパーツの豊富さカスタマイズ性、デザイン性や静音性に定評があります。一方で次のようなデメリットもあります。

サイコムのデメリット
  • 納期が他BTOメーカーに比べて遅い
  • 価格が他BTOメーカーに比べて1割ほど高い

結論として、サイコムでゲーミングPCを購入するなら、カスタマイズ性と静音性を重視する方で、注文したゲーミングPCの納期が遅くても構わない方ならおすすめできます。

現在使用しているゲーミングPCがまだ使用可能で、買い替えを検討している方はぜひサイコムのゲーミングPCをチェックしてみてください。

サイコム公式サイト

ゲーミングPCが買えるおすすめBTOメーカー13選|それぞれの特徴や評判を解説 フロンティア FRONTIER(フロンティア)の評判を徹底解説|安くてお得なおすすめゲーミングPCも紹介 TSUKUMO(ツクモ)の評判まとめ|BTOパソコン買って大丈夫?納期や壊れやすいかなど解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です