ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【初心者必見】ゲーミングpcを5万円で自作するには?格安でpcを自作するためのコツと必要なものを紹介

自作ゲーミングPCを5万円で作ることは可能?5万円の格安自作PCは実用的なのかな?

PCでゲームをやるには、20万円以上の高級ゲーミングPCが必要?いいえ、必要ありません!!ある程度妥協すれば、5万円以下でもしっかり遊べるゲーミングPCが自作できちゃいます!

そこでこの記事では、ゲーミングPCを5万円以下で自作する方法や、各パーツの選び方を徹底解説!5万円以下でゲーミングPCを自作したい人は、この記事を読めば全て丸わかりです!

ゲーミング PCを予算5万円で自作することは可能!

ゲーミングpc自作

ゲーミングPCは高価なイメージがあるし、5万円以下なんて実用性がないんじゃ……。

こんな疑問がある人も多いのではないでしょうか。しかし、5万円以下の低予算でも、色々なゲームを遊べるゲーミングPCを自作できます!ゲーミングPCが高価というイメージがあるのは、各パーツに性能が良く、高価なモデルを使用しているからなんです。

したがって、各パーツの性能を落とせば、5万円以下でも十分楽しめるゲーミングPCが自作できます!

ゲーミング PCを予算5万円で自作するコツ

ゲーミングPCを予算5万円で自作するコツは、「GPUを諦める」「小型パーツを使用する」この2点がとても重要です。また、中古パーツを使うと性能の良いものでも安価で手に入る可能性があるので、中古品に抵抗のない人は検討してみてはいかがでしょうか。

GPUを諦める

ゲーミングPCを5万円以下で自作したい場合、まずはGPUの性能を諦めてください。

GPUはグラフィックを計算するためゲーミングPCにおいてかなり重要なパーツですが、GPUが搭載されていないPCも多々あります。仮にGPUの性能を落としたとしても、ゲームによっては144fpsでプレイできる場合もあるので、5万円以下で自作するなら諦めましょう。

小型のパーツにする

5万円以下でゲーミングPCを自作するなら、全て小型パーツを選んでください。

なぜなら、小型パーツはリーズナブルに購入できるからです。特にGPUなどは、性能の良いモデルは熱処理のため大型のファンが搭載されているものが多く、大型パーツは比較的高額。それに対し小型パーツは性能が低い分価格も抑えられているので、5万円以下の自作PCにはもってこいのパーツになります。

ゲーミング PCを予算5万円で自作するためにマストのパーツ

ゲーミングpcのパーツ

ゲーミングPCを予算5万円で自作する際、最低限必要なパーツは以下のとおりです。

  • CPU
  • GPU
  • マザーボード
  • SSD
  • メモリ8GB
  • 電源
  • ケース

ここからは、これらのパーツの選び方と機能について解説します。

CPU:1万円〜2万円

CPUはPC上のほぼ全ての制御・演算を担当するパーツで、PCで最も重要な部分です。CPUの性能が、PC全体の性能を決めると言っても過言ではありません。

一番重要なパーツなので、予算は1~2万円に設定するのがおすすめです。

CPUは「Intel」が世界NO1のシェアを獲得しており、5万円以下で自作するなら「intel core i3 9100f 」が良いでしょう。2019年発売のモデルで、intelシリーズのエントリーモデル的な位置付けです。価格は1万円前後とかなりリーズナブルですが、ゲーミングPC用としてもしっかり機能します。

GPU:1万円

CPUがPC全体の制御・演算するのに対し、GPUはグラフィックの制御・演算を担当するパーツです。画像処理に特化したパーツなので、グラフィックが大切なゲーミングPCには欠かせないパーツだと言えます。グラフィックにこだわる人は、GPUの予算をもう少し上げても良いでしょう。

おすすめパーツは「Colorful GeForce GTX 1650 4G-V」で、13,000円程度で購入できます。GPUの第一人者であるNVIDIA社が開発しているので、リーズナブルな価格ながらパワフルな性能が魅力です。

マザーボード:1万円

マザーボードとはCPUやGPUを取り付ける電子回路基盤です。マザーボードの種類によっては対応しているパーツが異なるため、上記に対応しているかが重要になります。

それを踏まえた上で、「GIGABYTE B360M DS3H」がおすすめです。小型マザーボードで価格は8,000円弱。上記パーツとの互換性も良いので、問題ありません。

SSD:3,000円

SSDはPCの容量、ストレージと呼ばれるパーツです。基本的に容量の大きさに比例して価格も高くなるので、3,000円の予算なら250GBくらいが限界ライン。もしストレージが足りなくなれば外付けSSDという手もあるので、5万円以下の自作PCではそこまで重要視する必要はありません。

おすすめパーツは「キングストンテクノロジー SSD 240GB」です。240GBながら価格は3,900円とリーズナブル。というより3,000円代でこれより大容量のSSDを探す場合、中古品を当たるしか方法がありません。

メモリ8GB:5,000円

メモリは、CPUやGPUが演算をする作業台のようなパーツです。GB数が上がるほど高性能なメモリで、その分価格も上昇します。

ゲーミングPCとして機能するレベルとしては8GBが最低ラインなので、5,000円程度で8GB以上のメモリを選びましょう。メモリ不足になるとPCがフリーズしたり、ソフトが落ちる危険性があるので注意が必要です。

おすすめパーツは、「crucial DDR4-2666 8GB*2」。価格は7,570円と5,000円を少しオーバーしていますが、8GBメモリなのでゲーミングPCのパーツとして採用できます。

電源:5,000円

電源は文字通りPCに電力を供給するパーツ。電源がなければPCは起動できません。

5万円以下の自作ゲーミングPCの場合、そこまで電力を必要としないので500~550wで十分でしょう。

おすすめパーツは「玄人志向 600W ATX 80PLUS BRONZE」5,000円前後で購入でき、600wの容量を誇ります。5万円以下の自作ゲーミングPCなら、600wでも十分すぎるくらいなので、問題ありません。

ケース:3,000円

ケースは、組み立てたPCを収納するパーツです。

ケースは通気性の良いモデルの方が、PCの熱処理に優れています。とは言え基本的にそこまで高額なものではないので、3,000円以下でも色々なモデルから選ぶことができるでしょう。

おすすめパーツは、「PCケース Versa H18 Window CA-1J4-00S1WN-00」です。3,000円以下の高コスパながら、シックなデザインでPCをすっぽり納めます。側面にファンも搭載しており、通気性も抜群。価格.comでPCケース第一位を獲得している、人気PCケースです。

Apex ledends向きの予算5万円の自作ゲーミングPCの構成

現在、日本で大流行中のFPS「Apex ledends」。自作ゲーミングPCでプレイしたい人も多いのではないでしょうか。

Apex ledendsの必要スペックは以下の通りなので、これをクリアしていれば問題なく遊べます。

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290.
GPU RAM8GB.
ストレージ22GB以上の空き容量

これをクリアするスペックを5万円以下で自作すると、

CPUIntel Core i5 9400F BOX16,181円(税込)
GPUColorful GeForce GTX 1650 4G-V12,800円(税込)
マザーボードGIGABYTE B360M DS3H8,868円(税込)
SSDWestern Digital 内蔵SSD WD Green(120GB)4,389円(税込)
メモリcrucial DDR4-2666 8GB*27,570円
電源玄人志向 600W ATX 80PLUS BRONZE5,577円
ケースPCケース Versa H18 Window CA-1J4-00S1WN-002,936円

合計:58,321円

5万円を少しオーバーしてしまいましたが、Apex ledendsの必要スペックを満たす最安値です。この構成であれば、Apexを問題なくプレイできるでしょう。「Apex ledendsを主にプレイする」という人は、ぜひ参考にしてください。

Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介

フォートナイト向きの予算5万円の自作ゲーミングPCの構成

フォートナイトは、建築を使用した新感覚のTPSで、全世界で大流行しています。

そんなフォートナイトの必要スペックは以下のとおり。

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel Core i3 2.4GHz
メモリ4GB
GPUIntel HD 4000 or NVIDIA GTX660
GPU RAM8GB.
ストレージ20GB以上の空き容量

このようになっており、Apex ledendsよりも低スペックPCでプレイ可能です。

これらを踏まえた上で自作PCを構築すると、

CPUintel core i3 9100f9,074円
GPU玄人志向 NVIDIA GeForce GT 7103,063円
マザーボードGIGABYTE B360M DS3H8,680円
SSDWestern Digital 内蔵SSD WD Green(120GB)3,190円
メモリcrucial DDR4-2666 8GB*27,570円
電源玄人志向 600W ATX 80PLUS BRONZE5,577円
ケースPCケース Versa H18 Window CA-1J4-00S1WN-002,936円

合計:40,090円

5万円を大きく下回る価格で、自作PCを組み上げられます。この構成であればフォートナイトを問題なくプレイできるので、ぜひ参考にしてみてください。

【勝てる】フォートナイトにおすすめの最強ゲーミングPCまとめ!144fps・240fpsが出るを選ぼう

まとめ

まとめ

自作ゲーミングは高価なものではなく、リーズナブルに5万円以下で製作できます。

5万円以下でコスパ重視の自作PCでも、流行しているゲームを問題なくプレイでき、おすすめです。「リーズナブルにゲーミングPCが欲しい!」とお考えの人は、ぜひ5万円以下で自作ゲーミングPCを組まれてみてはいかがでしょうか。

自作PCとBTOどっちが良い?違いや価格差などを比較して徹底解説 【2021年最新】初心者向けゲーミングPCの選び方【10万以下も】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です