ゲーミングPCおすすめランキングを見る

4Kで遊べるおすすめのゲーミングPCを紹介【BTOパソコン】高解像度でゲームをするメリットも解説します

4K ゲーミングPC

PCゲームをプレイするうえで、4K環境を整えたいと考える人は多いです。実際に4K環境にするために、どのようなゲーミングPCが必要か気になる人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、この記事では以下の項目を解説します。

4Kという良い環境を整えるからこそ、しっかりとした知識が必要になります。

4Kとは

4Kとは、映像を表示する画面解像度を示す言葉です。解像度が高い・低いといいますが、解像度の数値が増えれば増えるほどよりきれいな映像を表示できると考えておけば問題ありません。

4Kにおいては横に3,840画素、縦に2,160画素が表示できます。全体で見ると829万4400画素となり、その分細かな映像の出力に対応できるのです。

フルHDと呼ばれる解像度は「1,920×1,080」となっており、純粋に縦横の数値が倍になっていると理解しておきましょう。

フルHDと比較すると、4Kは約4倍の画素数となります。

4Kでゲームをするメリット

4Kでゲームをするメリットとしてあげられるのは、以下の2つです。

4Kならではのメリットについて、詳しくみていきましょう。

解像度が圧倒的に綺麗

4K環境でゲームをプレイする場合、解像度の綺麗さに圧倒されること間違いありません。これまで主流だったフルHDと比較すると約4倍の画素数となるため、映像の粗さが気にならなくなります。

映像が綺麗になれば、ゲームへの没入感も段違いです。隅々までゲームの世界観を楽しみたいなら、4K環境を整えるべきといえます。

RPGやオープンワールドゲームなどは、特に4Kでプレイすべきゲームジャンルです。

文字や細かいものが見やすくなる

4K環境にすれば画面解像度が高くなるため、その分細かいものが見やすくなります。細かいものが見やすくなれば、アイテムやギミックの見直しが少なくなるでしょう。

また、ゲームによっては文字がつぶれて見にくい場合があります。文字が見やすくなるというのも、4K環境ならではのメリットの一つです。

洋ゲーをプレイする場合、字幕が見やすいかどうかは重要なポイントとなります。

4Kでゲームをするデメリット

4K環境でゲームをしようとする場合、2つのデメリットが存在します。

それぞれのデメリットについて、内容を見ていきましょう。

パソコンの要求するスペックが大きい

4K環境でPCゲームをプレイするには、それなりに高性能なPCが必要です。スペックの低いPCだと動作しないだけでなく、PCに負荷がかかって故障のリスクも伴います。

まずは各ゲームの4K推奨環境を確認しましょう。そのうえでどのモデルを購入するか検討するのが大切です。

本記事で紹介するモデルであれば、問題なく4K環境でゲームを楽しめます。

フルHDの画質には戻れなくなる

一度4K環境でゲームをプレイしてしまうと、二度とフルHDの画質には戻れません。フルHD画質が決して悪いわけではないものの、どうしても画面の粗さを感じてしまいます。

残念ながら、すべてのゲームが4Kに対応しているわけではありません。そのため、ゲームタイトルごとに画質の差を感じてしまうのは、4Kを利用するデメリットといえるでしょう。

4Kでプレイするには、PC以外にモニターもそろえなければなりません。

4Kに対応したゲーミングPCの選び方

4Kに対応したゲーミングPCを選ぶときは、以下3つの要素を必ず意識しましょう。

グラフィックボード(グラボ・GPU)

4K対応のゲーミングPCを選ぶとき、もっともこだわるべきポイントはグラフィックボードです。映像の出力に直結するパーツであるため、性能が低いとそもそも4Kに対応できません。

4Kの映像を出力するためには、最低でもRTX3070が必要になります。もちろんグレードが上がれば、その分4Kの安定も期待できるでしょう。

特にFPSゲームをプレイする場合は、リフレッシュレートへのこだわりも必要です。リフレッシュレートにはCPUも重要になるため、グラフィックボードとCPUのバランスを見て選びましょう。

CPUやグラフィックボード選びに悩むなら、本記事のおすすめモデルを購入すれば間違いありません。

メモリ

4K環境でPCゲームをプレイするなら、最低でも16GBのメモリを用意しておきたいところです。メモリが少ないと処理がうまくいかず、カクつきやフリーズが発生する可能性があります。

もし予算に余裕があるなら、32GBメモリを搭載したゲーミングPCを用意しましょう。動作の安定が期待できます。

メモリが多ければ、配信活動やゲーム実況も快適です!

モニターの予算も考慮する

いくらゲーミングPCが4Kに対応していても、モニターが4K対応でなくては意味ありません。必ずモニターに必要な費用も予算に入れておきましょう。

なお、4Kモニターは最低でも27インチが必要になります。加えて、4Kモニターはそれなりの予算が必要です。

ゲーミングPCだけで予算を使い切ってしまわないように注意しましょう。

4Kで遊べるおすすめのゲーミングPC

4Kで遊べるおすすめのゲーミングPCとして、以下の4モデルを紹介します。

どれも4K対応モデルの中では、おすすめのゲーミングPCとなっています!

ドスパラ|GALLERIA XA7C-R38

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-12700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
価格279,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H670 チップセット ATXマザーボード
電源750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ RTX 3080搭載でグラフィック性能が高い
+ レイトレーシングにも対応

イマイチポイント

− コスパはあまり高くない

GALLERIA XA7C-R38」はRTX 3080を搭載している4K対応のゲーミングPCです。十分なグラフィック性能を誇るため、4Kに対応できずに悩むことはありません。

全体的なスペックも高く、CPUとグラフィックボードのバランスが取れているのも魅力です。

とにかくハイスペックなゲーミングPCを探しているなら、「GALLERIA XA7C-R38」の購入を検討してみましょう。

価格よりもスペックにこだわる人におすすめのモデルです。

公式サイトをみる

ドスパラ|GALLERIA XA7C-R37

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-12700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
価格259,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H670 チップセット ATXマザーボード
電源650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 4K環境に十分対応できる
+ クリエイティブな作業にも使える

イマイチポイント

− 電源部分に物足りなさを感じるかも

GALLERIA XA7C-R37」は、4K環境へ十分対応できるゲーミングPCです。ハイスペックのグラフィックボード「RTX 3070」を搭載しているため、動作に不満を抱きません。

また、CPUやメモリ部分の性能も十分なため、動画編集や配信活動といったクリエイティブな作業にも使えます。

ただし全体的なスペックで見ると、電源部分に物足りなさを感じるかもしれません。スペックとしては、もうワンランク上の電源にしておけば安心して利用できます。

予算に余裕があるなら、購入時の電源アップグレードも検討してみましょう。

公式サイトをみる

マウスコンピューター|G-Tune XN-Z

G-Tune XN-Z

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-11700K
GPUNVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe SSD + 2TB HDD
価格307,780円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel Z590 チップセット ATXマザーボード
電源850W電源(80PLUS GOLD)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ メモリ・ストレージともに豊富
+ PCスペックも十分に高い

イマイチポイント

− 他社と比べると納期が少し遅め

G-Tune XN-Z」は、4K対応モデルの中でもメモリとストレージが豊富なのが特徴です。

メモリは32GB搭載されているため、クリエイティブな作業をするときも困りません。また、ストレージが全部で2.5TBあるため、容量不足に悩むこともないでしょう。

スペックは十分高いですが、他社と比較すると納期が少しかかる点がデメリットといえます。

早くて3日、平均すると1週間前後の納期が必要です。

公式サイトをみる

パソコン工房 |LEVEL-R769-LC127K-VBX

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-12700K
GPUNVIDIA GeForce RTX 3080 12GB GDDR6X
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
価格329,800円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel Z690チップセット マザーボード
電源850W ATX電源(80PLUS GOLD)
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 水冷クーラー搭載で冷却性能が高い
+ 電源効率も高い

イマイチポイント

− 価格は少し高め

LEVEL-R769-LC127K-VBX」は、ハイスペックモデルに分類されるゲーミングPCです。発熱量は多いですが、その分水冷クーラーでしっかりと冷却してくれます。

冷却性能が低ければ、その分PC本体の故障にもつながります。ハイスペックモデルだからこそ、水冷を搭載しているのは大きなメリットといえるでしょう。

ただし、今回紹介するモデルの中では最も高く、ゲーミングPCとしても高級な部類に入ります。

全体的に高性能なゲーミングPCを探しているなら、おすすめのモデルです。

公式サイトをみる

4Kで遊べるゲーミングPCに関するよくある質問

4Kで遊べるゲーミングPCについて調べていくと、以下2つの疑問を抱いているユーザーが多く見られました。

上記の疑問を解消しておけば、4K環境を安心して整えられます。

4Kはノートパソコンでできる?

結論として、4Kに対応しているモデルさえ用意すればノートパソコンでも十分にプレイ可能です。ただし、基本的におすすめはしません。

4Kに対応しているノートパソコンは、かなり高価な料金設定がされています。ただでさえノートパソコンはデスクトップパソコンと比較して高いため、コスパはかなり悪いといえるでしょう。

モニターを外付けする選択肢を取るなら、素直にデスクトップを購入したほうが安価に済みます。

PCに負荷もかかるため、故障の恐れが高まります。

4Kのゲーミングモニターのおすすめは?

4Kのゲーミングモニターを探しているなら、「ASUS TUF Gaming VG28UQL1A 28インチ」がおすすめです。

144Hzに対応しているのはもちろん、応答速度も1msを誇ります。スペックとしては、プロゲーマーが利用するものとそん色ないでしょう。

4K対応のゲーミングモニター選びに悩むなら、ぜひ検討してみてください。

4Kで遊べるゲーミングPCまとめ

今回は4Kで遊べるゲーミングPCについて、以下の項目を紹介しました。

ゲーミングPCで4Kを遊ぶなら、それなりのPCを用意しなければなりません。スペックが高くなればその分費用がかかるため、予算と相談しながら比較・検討しましょう。

また、PCだけでなくモニターにこだわる必要もあります。いくらPCが4Kに対応できても、モニターが対応していなければ意味ありません。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分に合うゲーミングPCを見つけてください。

 

ドスパラのセールの時期の情報まとめ【2022年9月】ゲーミングPCの買い時は9月!安い時期を狙って賢く買い物しよう 【話題沸騰】ドスパラのCRコラボPCの評判は?CRコラボPCのスペックや違いなどCRコラボPCについて徹底解説 【知っておきたい】「マウスコンピューターは最悪・ひどい」は本当か?PC選びで後悔しないための情報とおすすめPCを紹介 360Hzのゲーミングモニターおすすめ6選!今話題の圧倒的な高速4K対応モニターを紹介 240hzのグラボを搭載したおすすめPCはこれ!APEX・フォートナイト・シージにおすすめのグラボ搭載PCは〇〇!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。