ゲーミングPCおすすめランキングを見る

FPS向けのゲーミングイヤホン6選!コスパ重視でおすすめを厳選

 

ゲーミングイヤホンはFPSタイトルをプレイする方なら必須のアイテムです。

ゲーム中の索敵はもちろん、ダイナミックな演出を楽しむために役立ちますが、ゲーミングイヤホンは数千円の商品から数万円するものまでさまざまあります。

そこで今回はコスパ重視でおすすめのゲーミングイヤホンを6つご紹介します。

ゲーミングイヤホン選びのポイント
  • 小さい音を聞き逃さないカナル型
  • 遅延の少ない有線型
  • マイクはプレイスタイルに合わせる

FPSではゲーミングイヤホン選びが重要

2017年は日本が「eスポーツ元年」を迎え、Youtube市場の伸びに伴って「プロゲーマー」が脚光を浴びる年となりました。

今でこそ韓国やアメリカが主な市場となっていますが、2021年現在においては日本でeスポーツが再燃するタイミングを多くのプレイヤーが待ちわびています。

主要なFPS/TPSタイトル
  1. APEX
  2. Rainbow Six Siege(シージ)
  3. PUBG
  4. Fortnite(フォートナイト)

以上に紹介した人気の高いFPS/TPSタイトルを存分に楽しむためにはゲーミングイヤホンが必須です。

しかしながら、単に性能の高いゲーミングイヤホンを用意すればいいわけではなく、プレイスタイルや耳の形に合わせて最適なゲーミングイヤホンを選ぶ必要があります。

数多く存在する商品からどれを購入すべきか決断できず、悩んでいる方も多いはずです。

FPSでゲーミングイヤホンをおすすめする理由

そこでまずは、FPSでゲーミングイヤホンを使用すべき理由から再確認していきましょう。

ヘッドホンよりも使い勝手が良い

ゲーミングイヤホンはヘッドホンと比べて小回りが利き、使い勝手が良いです。

カナル式のゲーミングイヤホンは遮音性が高く細かい音まで聞けます。頭を大きく動かしてもズレることなく、首や肩が疲れることもありません。

プレイ中の敵の位置を徹底的に聞き分けたい方ならゲーミングヘッドホンがおすすめですが、長期間のプレイには向いていないため、ゲーミングイヤホンと適切に使い分けることをおすすめします。

普通のイヤホンよりも音が把握しやすい

ゲームに特化したゲーミングイヤホンは、一般的なイヤホンよりも敵の索敵に向いています。

ゲーミングイヤホンは「立体音響機能」や「サラウンド機能」と呼ばれるような、音の定位感を底上げする機能が搭載されています。

定位感の高いゲーミングイヤホンを購入することで、銃声や足音がどの方角から聞こえて来たのか、敵との距離感がつかみやすくなります。

初めて音のを体験したときは、スピーカーから得られる情報量との差に驚きました。ゲーミングイヤホンは少々値段が張りますが、それだけの価値も十分にあります。

マイクが搭載されているものが多い

また、ゲーミングイヤホンにはボイスチャットに便利なマイクが搭載されています。

マイク付きのゲーミングイヤホンを選べばボイスチャット用のマイクを別途購入する必要もないため、コスパ良くゲーミング機材を揃えることができます。

FPS向けゲーミングイヤホンの選び方

次に、FPS向けゲーミングイヤホンの選び方についても見ていきましょう。

音の定位感がしっかりしているか

まずは音の定位感に優れているかどうか、ゲームプレイに足る機能性があるかどうかを確認しましょう。

ゲーミングイヤホンの定位感はAmazonや楽天の購入者レビューを参考にすることで推しはかることができます。足音や壁にぶつかった音を聞き分けられるか、方向をしっかり把握できるか確認しましょう。

インナーイヤー型かカナル型か

ゲーミングイヤホンにはインナーイヤー型とカナル型のモデルがあります。

インナーイヤー型ゲーミングイヤホンの特徴

インナーイヤー型イヤホンは、耳の表面にイヤホンをひっかけて装着するタイプの商品です。長時間の装着に向いていて、耳の疲れや圧迫感を感じないままゲームを楽しめます。

一方で、耳との接着面が少ないため、外れやすいデメリットもあります。
音漏れもしやすく、カナル型イヤホンと比べて細かい音の表現を聞き分けることができません。

メリット

  • 長時間のプレイでも耳が疲れない
  • 外の音も聞くことができるため、プレイ中に外から呼ばれても対応できる

デメリット

  • カナル型イヤホンと比べて細かい音の聞き分けができない
  • 耳との接着面が少ないため外れやすい

 

カナル型ゲーミングイヤホンの特徴

カナル型のゲーミングイヤホンは、耳栓型のイヤースピースを耳の中に入れるようにして装着します。

インナーイヤー型のゲーミングイヤホンと比べて外れにくく、低音や細かい音の描写が聴き取りやすいことが特徴です。

メリット

  • 細かい音の聞き分けに優れており、ゲーミング向け
  • 遮音性が高いため、ゲームに没頭できる
  • ゲームタイトルの臨場感をより味わうことができる

デメリット

  • 耳が疲れやすく、長時間のプレイに向かない
  • 耳の構造上、カナル型イヤホンが合わない方もいる
ゲーム中の音にこだわる方ならカナル型イヤホンがおすすめですが、長時間のプレイに向いていなかったり、耳にかさぶたができてしまったりするデメリットもあります。

有線か無線か

イヤホンには有線タイプと無線タイプがありますが、ゲームプレイ映像と実際に耳に伝わる音の遅延を考えると有線型のゲーミングイヤホンにするべきです。

最近はゲーミングイヤホンの性能やBlue toothの技術が向上したこともあり、無線イヤホンの遅延問題も解消されましたが、それでも微々たる遅延や接続の不安定さが否定できません。

ゲーミング用にイヤホンを用意する方なら有線タイプのイヤホンを選ぶことをおすすめします。

普段使いのイヤホンとして併用するのであれば、利便性も踏まえて無線タイプのイヤホンを購入するべきです。

FPSにおすすめの良コスパゲーミングイヤホン

それでは、FPSにおすすめのゲーミングイヤホンを6つご紹介します。

商品名おすすめ度メーカータイプ接続方式(プラグ)ケーブル長マイクの有無周波数インピーダンス価格
XROUND AERO XRD-XA01★★★★★Xroundカナル型3.5mm4極記載なし搭載20Hz~40,000Hz20Ω11,500円
Immerse GH10★★★★★MSIカナル型3.5mm4極掲載なし搭載20Hz~20,000Hz16Ω4,980円
SHURE SE215★★★★★SHUREカナル型3.5mm4極116cm搭載記載なし記載なし11,700円
SHURE AONIC 3★★★★★SHUREカナル型3.5mm4極127cm非搭載22Hz~18,500Hz記載なし19800円
Bose Quiet Comfort20★★★★★Boseインナーイヤー型3.5mm4極130cm搭載記載なし記載なし27,000円
ゼンハイザー IE40 pro★★★★★ゼンハイザーカナル型3.5mm4極130cm非搭載20Hz~18,000Hz20Ω11,650円

XROUND AERO XRD-XA01

まずはXROUND社が提供しているAEROシリーズの、XRD-XA01です。

このゲーミングイヤホンはゲームプレイヤーのことを徹底的に考慮して制作された商品で、特に定位感に優れています。

高価格なハイエンドモデルのイヤホンは、音楽鑑賞に特化している場合が多く、ゲーミング用には少々オーバースペックでコストパフォーマンスが悪い側面があります。
XROUNDのAEROシリーズは周波数をゲーミング向けに最適化したモデルのイヤホンであるため、ゲームプレイを楽しみつつ普段使いのイヤホンとして音楽鑑賞もしたい方におすすめです。

これを買っておけば間違いない!と胸を張っておすすめできるイヤホンです。マイクが搭載されているため、チームプレイにも対応できます。

商品名
XROUND AERO XRD-XA01
おすすめ度★★★★★
メーカーXround
タイプカナル型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長記載なし
マイクの有無搭載
周波数20Hz~40,000Hz
インピーダンス20Ω
特徴
ゲーム音声の聞き分けに特化
価格11,500円

Immerse GH10

続いてMSI社が販売するImmerse GH10です。

こちらも先に紹介したXROUNDのAEROシリーズと同じくゲームプレイに最適化されたゲーミングマウスですが、よりグレードの低いモデルとなっています。

その分手出ししやすい価格に設定されており、学生の方やゲーミングデバイスにあまりお金をかけたくない方にはおすすめの商品です。

Immerse GH10はカナル型イヤホンですが、イヤーピースを深くはめ込まなくても耳にフィットする設計が為されており、長期間のゲームプレイでも疲れにくいです。
また、有線イヤホンのケーブルも絡みにくく設計されているため、ゲームプレイ中もコードが気にならない仕組みになっています。

ボイスチャットする時だけ使うマイクは取り外し可能で、必要に応じて着脱可能なため、ソロプレイ中は非常に軽量なイヤホン使いができます。

商品名Immerse GH10
おすすめ度★★★★★
メーカーMSI
タイプカナル型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長
マイクの有無搭載
周波数20Hz~20,000Hz
インピーダンス16Ω
特徴
取り外し可能なマイクセット付き
価格4,980円

SHURE SE215

次に、6万円台ものハイエンドモデルのイヤホンを提供するSHUREが開発したコストパフォーマンスの高いSE215です。

こちらは2018年夏に開催されたVGP(国内最大級のオーディオ&ビジュアルアワード) で金賞を受賞している商品で、ワイヤーフォームフィットのおかげで装着時の安定感も抜群です。
(知る人ぞ知るイヤホンメーカーのSHUREはVGPで毎年金賞を受賞しています。)

詳細なスペックは公開されていないものの、ハイエンドモデルのイヤホンを多く手掛けるSHUREの商品だと言うことで品質も信用できます。
SHUREのSE215は「コストパフォーマンスが高い」と評判で、長きに渡って人気を誇っています。

SHUREのSE215にはマイク機能が搭載されていないため、外付けマイクでボイスチャットするプレースタイルの方におすすめのゲーミングイヤホンです。

商品名SHURE SE215
おすすめ度★★★★★
メーカーSHURE
タイプカナル型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長116cm
マイクの有無搭載
周波数記載なし
インピーダンス記載なし
特徴コストパフォーマンスの高い価格
価格11,700円

SHURE AONIC 3

前述のイヤホンメーカーであるSHUREがお好きな方であれば、よりサウンドクオリティを突き詰めたAONICシリーズがおすすめです。

SHUREのAONICシリーズは最大37dBもの騒音を排除できる遮音性に最大の特徴があり、周囲の環境音を無視してゲームプレイに没入したい方にはおすすめです。もちろん、ゲーミングマウスとして利用するには十分すぎる音質も出力できます。

同シリーズでは「AONIC4」や「AONIC5」の上位版モデルも販売されていますが、こちらは音楽アーティスト向け商品であるため、ゲーミングイヤホンとしてはオーバースペックだと判断しました。

AONICシリーズは2020年4月に発売された比較的新しい商品であるため、最高峰の技術で制作されている商品だと言えます。

商品名SHURE AONIC 3
おすすめ度★★★★★
メーカーSHURE
タイプカナル型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長127cm
マイクの有無非搭載
周波数22Hz~18,500Hz
インピーダンス記載なし
特徴
周囲の騒音を37dB遮断
価格19,800

Bose Quiet Comfort20/20i

インナーイヤー型でおすすめのゲーミングイヤホンなら、BoseのQuietComfort20という有線イヤホンがおすすめです。

インナーイヤー型のイヤホンは本来ゲームプレイには不向きですが、Boseのノイズキャンセリング技術によってどんなに小さな音も取りこぼすことなく聞き分けることができます。

今でこそAir Podsなどの印象が強いノイズキャンセリングですが、元々はBoseが「ノイズキャンセリングと言えばBose」と連想されるほど有名でした。

したがってBoseのQuietComfortはインナーイヤー型イヤホンの着け心地とカナル型いイヤホンの遮音性/集音性を両立した商品だと言えます。

一方で、値段が少々高く、常に品薄状態というデメリットもありますが、カナル型イヤホンが苦手な方におすすめしたいゲーミングイヤホンです。

商品名
Bose Quiet Comfort20
おすすめ度★★★★★
メーカーBose
タイプインナーイヤー型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長130cm
マイクの有無搭載
周波数記載なし
インピーダンス記載なし
特徴
ノイズキャンセリング機能搭載
価格27,000円

ゼンハイザー IE40 pro

ゼンハイザーもSHUREと同じくハイエンドモデルのイヤホンを取り扱うオーディオメーカーで、多くの人が手を出しやすい廉価版モデルである IE40 pro を販売しています。

しかしながら、これまでに紹介したゲーミングイヤホンと比べて秀でている点に欠ける点も事実です。

IE40 proの商品自体は素晴らしく、音楽を楽しむことに特化している商品であるため、今回はゲーミング目的だけではなく普段使いのイヤホンとして活用したい商品としてご紹介しました。

商品名
ゼンハイザー IE40 pro
おすすめ度★★★★☆
メーカーゼンハイザー
タイプカナル型
接続方式(プラグ)3.5mm4極
ケーブル長130cm
マイクの有無非搭載
周波数20Hz~18,000Hz
インピーダンス20Ω
特徴アーティスト向けハイエンドイヤホンメーカーの商品
価格11,650円
上位版モデルの「IE400pro」や「IE500pro」はアーティスト向けのハイエンドイヤホンとなっています。音楽鑑賞に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

FPSにおすすめのゲーミングイヤホンまとめ

今回はFPSにおすすめで、コストパフォーマンスの高いゲーミングイヤホンを6つほどご紹介しました。

ゲーミングイヤホンとして選ぶべき商品は、小さい音を聞き逃さいカナル型イヤホンかつ、遅延の少ない有線型イヤホンをおすすめします。

カナル型イヤホンが耳に合わない方なら、ノイズキャンセリング機能が搭載されているインナーイヤー型イヤホンを購入することをおすすめします。

ゲーミングイヤホン選びのポイント
  • 小さい音を聞き逃さないカナル型
  • 遅延の少ない有線型
  • マイクはプレイスタイルに合わせる

当サイトではゲーミングイヤホンのほかにもゲームに役立つ周辺機器を多数ご紹介しています。これから本腰を入れてゲームがしたい方はぜひ他の記事も参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です