ゲーミングPCおすすめランキングを見る

おすすめ多ボタンゲーミングマウス!MMOゲームや仕事で便利に割り当てよう

多ボタンゲーミングマウスはMMOのように複雑な操作を必要とするゲームのプレイに適しています。

博士

多ボタンゲーミングマウスはショートカットを割り当てられるため、細かい操作が簡単になります。ただ、ボタンの数や形状など種類が非常に多いため選ぶのが難しいです。

本記事では多ボタンゲーミングマウスの選び方や、特におすすめの多ボタンゲーミングマウスを紹介していきます。ぴったりのモデルを見つけて、MMOのプレイスキルを上げていきましょう。

多ボタンゲーミングマウスはFF14などMMOで大活躍

多ボタンゲーミングマウス

多ボタンゲーミングマウスは複雑な操作の多いMMOをプレイするうえで大活躍してくれるデバイスです。

  • FF14
  • 黒い砂漠
  • LOST ARK
  • LEAGUE of ANGELS 3

MMOゲームではスキルやアクションを効率的に行うことが勝利の鍵となります。なぜならゲームが進むにつれて戦闘の難易度が上がり、複雑な操作が必要になるからです。

MMOのプレイではキーボードで移動操作を行いながら、攻撃からのバフかけなどのコンボをこなす必要があります。しかしAWSDキーで移動しながらスキルを出すために789などの離れたキーを押すには指が届きません。

多ボタンゲーミングマウスによく使うスキルやアクションを登録しておくことで、キーボードで必要な操作を絞ってマウスでスキルを使うことが可能です。

画面からキーボードへと視線を移さずに済むためゲームに集中しやすいメリットもあります。

博士

多ボタンゲーミングマウスを使えば、間違いなくゲームの操作効率が上げることができます。

多ボタンゲーミングマウスはショートカットを割り当てて仕事もラクにこなせる

多ボタンゲーミングマウスにショートカットを割り当てれば仕事の効率も上げられます。

割り当てると便利なショートカット

  • 進む、戻るボタン(ブラウザバック)
  • ALT+タブキー(ブラウザの切り替え)
  • CTRL+タブキー(ブラウザ上のタブ切り替え)
  • マウスカーソルの感度切り替え

様々なショートカットをマウスを握る右手操作ができて便利です。仕事等で画像編集や動画編集などのショートカットを多用するなら、なおさら効率よく作業に集中できます。

普通のマウスと比べて価格は上がりますが、ゲームだけでなく日常や作業にも併用できるので非常にコスパが良いです。

多ボタンゲーミングマウスの選び方 

多ボタンゲーミングマウスを選ぶときのポイントは4つあります。

博士

  • 有線と無線(ワイヤレス)のどちらを選ぶか
  • DPIの最大値と調節機能の有無
  • プロファイル登録の有無
  • サイドボタンの数

上記4つのポイントを押さえておけば、MMOのプレイや作業に適した多ボタンゲーミングマウスを選びやすくなるでしょう。4つのポイントについてそれぞれ解説します。

有線か無線(ワイヤレス)かで選ぶ

多ボタンゲーミングマウスには有線と無線の2種類があります。

有線のゲーミングマウスはUSBポートに接続して使用するため、遅延が少なく安定性があるのが特徴です。有線ゲーミングマウスは安いもので3,000円前後、ハイエンドモデルは20,000円前後で購入できます。

無線のゲーミングマウスはBluetoothやUSBレシーバーで接続するタイプ。無線は遅延が起こるイメージはありますが、最近の無線は遅延が少ないように設計されているので快適にゲームのプレイが可能です。

注意
無線のゲーミングマウスはケーブルによる抵抗感がなくノンストレスですが、有線のゲーミングマウスと比べると高価です。

予算を合わせて有線にするか無線にするかを決めましょう。

DPIの最大値・変更できるかで選ぶ

多ボタンゲーミングマウスの使いやすさはDPIの最大値と値の変更ができるかで異なります。

MEMO
DPI(Dots Per Inch)はマウスを1インチ(2.54cm)動かしたときにカーソルが何ドット分移動するかを数値化したものです。例えば16,000DPIの場合は1インチで16,000ドット分移動し、DPIが高いほどカーソルの移動速度が速くなります。

DPIが高いゲーミングマウスのメリットはゲーム中に効率よく立ち回れることです。対象キャラに素早くカーソルを合わせられれば、回復やバフをかける速度が上昇してパーティの勝利に貢献できます。

またゲームをプレイするモニターによってDPIを変更することができれば、マウスを動かす距離が短くさせてゲームプレイが楽になります。DPI調節機能はマウスの使い心地に影響するので、細かい値を設定できるものがおすすめです。

プロファイル登録ができるかで選ぶ

多ボタンゲーミングマウスはプロファイルを登録できるモデルを選ぶのがおすすめです。

博士

プロファイル登録を使えば複雑な操作をボタン1つで行えるので、ゲームプレイや仕事を効率化できます。

例えばタンク(盾役)のターゲットに合わせてボタン1つで攻撃できるように割り当てたり、パーティメンバーのリスト番号とヒールスキルをセットで割り当てたりすれば、ターゲットを間違えずにスキルやアクションを発動できて便利です。

仕事に使用する場合はよく使うコピーやペーストをマウスのボタンに割り当てればスムーズに作業を行えます。

サイドボタンの数で選ぶ

ゲーミングマウスに搭載されているボタンの数はモデルによって異なります。プレイするゲームごとに最適なボタン数があるので、サイドボタンの数はマウス選びにおいて重要です。

MEMO
MMOをプレイする場合、多ボタンゲーミングマウスのボタン数は6個以上が最低ラインになります。特にFF14のようにスキル数が多いゲームでは、10個以上のボタンを搭載したモデルが良いでしょう。

多ボタンゲーミングマウスにはサイドボタンの数を変えられるものもあります。プレイするゲームに合わせて選ぶことが大切です。

おすすめの多ボタンゲーミングマウスを紹介

おすすめの多ボタンゲーミングマウスを紹介

多ボタンゲーミングマウスはゲーミングデバイスメーカーから、さまざまなモデルが発売されています。

MMOのプレイや仕事が便利になる6個以上のボタンを搭載した多ボタンゲーミングマウスを紹介します。自分に合ったボタン数のゲーミングマウスで、ゲームプレイや仕事の効率をアップさせましょう。

ロジクール G600t

商品名ロジクール G600t
おすすめ度★★★★★
ボタン数20
マウス寸法118×75×41mm
本体重量260g
有線/無線有線
最大感度8,200dpi

G600tは合計で20個のボタンを搭載した多ボタンゲーミングマウスです。12個のサイドボタンが搭載されていて、Gシフトボタンと組み合わせることで最大24個のキーを設定できます

有線接続のゲーミングマウスは無線接続のように干渉を受けないので遅延を心配する必要がありません。マウスを接続したときのポーリングレートが1msなのでボタンを押してからの反応も高速となっています。

MEMO
260gと重めのゲーミングマウスですが、FPSのように素早い動きを必要としないため心負担はかかりにくいです。

G600tは機能性の高い多ボタンゲーミングマウスでMMOプレイをしっかり楽しみたい方におすすめです。サイドボタンの数が豊富なので、プレイスキルが上がってからも十分に使い続けられます。

ロジクール G604

商品名ロジクール G604
おすすめ度★★★★☆
ボタン数15
マウス寸法130×80×45mm
本体重量135g
有線/無線有線
最大感度25,600dpi

G604は合計15個のボタンが搭載されているので、MMOのプレイでパーティの勝利に貢献できます。サイドボタンの数は6個ですが、Gシフトボタンと組み合わせることで最大12個のキー設定ができて便利です

MEMO
LIGHTSPEEDかBluetoothによるデュアル接続が可能で、LIGHTSPEEDは1msの高速接続なので遅延が起こりにくく安心してプレイできます。

無線マウスにはバッテリー管理が必要ですが、Bluetoothで接続すれば約5.5か月の連続プレイが可能です。

G604は標準的なサイズ感なので、多ボタンゲーミングマウスが初めての方におすすめです。

レイザー Naga Trinity

商品名レイザーNaga Trinity
おすすめ度★★★★☆
ボタン数19
マウス寸法119×74×43mm
本体重量120g
有線/無線有線
最大感度16,000dpi

Naga Trinityは付属のサイドプレートに交換することで、最大19個のボタンを搭載できます。サイドプレートは3種類用意されていて、好みに合わせてサイドボタンの数を2個・7個・12個に変更可能です。

MEMO
メカニカルスイッチが採用されているので、しっかりとしたクリック感が得られるのもポイントです。

Naga Trinityは右利き用のぴったりフィットする多ボタンゲーミングマウスを探している方に適しています。強化ゴム製のサイドグリップを備えているので、ゲームプレイ中に手が滑りにくいのも特徴です。

Razer DeathAdder V2 Pro

商品名ROCCAT Razer DeathAdder V2 Pro
おすすめ度★★★★★
ボタン数8
マウス寸法127×61.7×42.7mm
本体重量82g
有線/無線有線
最大感度20,000dpi

DeathAdder V2 Proはオンボードメモリを搭載しており、最大で5つのプロファイル構成をマウス本体に保存できます。複数のMMOをプレイしている方にとっては、ゲームごとのキー設定を保存できる便利な機能です。

また人間工学に基づいて改良された軽量モデルなので、右手にフィットして長時間のプレイでも疲れにくい設計となっています。

MEMO
82gと軽量なので、女性にとっても扱いやすい重量・サイズ感です。

DeathAdder V2はフィット感を感じられる右利き用の多ボタンゲーミングマウスを使いたい方に適しています。ボタンの数も8個と多すぎず、MMOのプレイが初めての方でも操作に焦らずゲームに集中可能です。

コルセア SCIMITAR PRO RGB

商品名コルセア SCIMITAR PRO RGB
おすすめ度★★★★☆
ボタン数17
マウス寸法119.4×77×42.4mm
本体重量147g
有線/無線有線
最大感度16,000dpi

SCIMITAR PRO RGBは合計17個のボタンが搭載されていて、12個のサイドボタンは前後8mmの範囲で調整できるのが特徴です。

サイドボタンにはメカニカルスイッチが採用されているので、ボタンを押したときの高い応答性能を実現しています。

MEMO
最高感度16,000DPIで1DPI刻みの設定ができるため、マウスパッドの質感に合わせて使いやすさを調整しましょう。

SCIMITAR PRO RGBはMMOに特化した高性能な多ボタンゲーミングマウスでプレイしたい方に適しています。MMOのプロゲーマーも愛用しているので信頼性もお墨付きです。

スティールシリーズ Rival 500

商品名Steel Series Rival 500
おすすめ度★★★★☆
ボタン数15
マウス寸法118.6×78.3×43.3mm
本体重量129g
有線/無線有線
最大感度16,000cpi
MEMO
※CPI(Counts Per Inch)は1インチあたり何カウント分の信号をPCに送るかを表した値です。CPIが高いほど1インチあたりのマウスの移動距離が大きくなり、DPIとほとんど同義で使われています。

Rival 500は合計15個のボタンが搭載されていて、うち7個のサイドボタンは親指の自然な動きに沿ってボタンを押せるように設計されています。横並びに整列したサイドボタンが苦手な方にはおすすめの配列です。

Rival 500は自然な感覚で操作ができるので、ゲームに集中したい方に適しています。サイドボタンの押しやすさが追求されているため、等間隔に並んだボタン配列が苦手な方でもゲームへの集中が可能です。

おすすめの多ボタンゲーミングマウスまとめ

まとめ

多ボタンゲーミングマウスを駆使すればMMOのプレイ効率が格段に向上します。

ゲームの序盤では使えるスキルが少ないので一般的なマウスでもプレイが可能です。しかしゲームが進むにつれて、多ボタンゲーミングマウスの必要性は増していきます。長くMMOをプレイするなら、多ボタンゲーミングマウスは必須レベルです。

本記事を参考に多ボタンゲーミングマウスを導入して、MMOのプレイスキルを磨いていきましょう。

【ps4・PC】プロゲーマーのデバイス使用率ランキング!APEX・フォートナイト・pubg・CSGOを調査 【超軽量】ゲーミングマウスを有線・無線別に全11種のおすすめを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です