ゲーミングPCおすすめランキングを見る

原神の推奨スペックからおすすめのゲーミングPCを解説!スペック不足にならないPCを選ぼう

PC版の原神はオープンワールドのゲーム特有の没入感があり、ゲームをより一層楽しむことができます。

このゲームの壮大な世界に没入するためには綺麗な画質快適な操作性が不可欠です。

しかし実際にプレーするにあたって、どの程度のPCスペックが必要かわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、この記事では以下の項目について解説します。

結論として、原神は自分のプレー環境に合わせたPCスペックが必要です。この記事を参考に、ぜひ失敗しないゲーミングPC選びに取り組んでください。

原神の動作環境

PC版の原神を快適にプレーするには、公式から発表されている動作環境を満たさなければなりません。

まずは3つのポイントについて、詳しくみていきましょう。

原神の最低スペック

原神をPCでプレーする場合、最低でも以下のスペックが必要なことがわかりました。

OSWindows 7 SP1/8.1/10(64ビット版)
CPUIntel Core i5(第4世代以上)
グラボNVIDIA GeForce GT 1030
メモリ8GB
ストレージ30GB以上

参考:原神公式サイト

グラボの性能はあまり求められませんが、CPUはi5以上とそこそこの性能が必要になります。

原神の推奨スペック

原神をある程度快適にプレーするのであれば、以下のPCスペックが必要になります。

OSWindows 7 SP1/8.1/10(64ビット版)
CPUIntel Core i7(第4世代以上)
グラボNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
メモリ16GB
ストレージ30GB以上

参考:原神公式サイト

どちらかというと、原神はCPUの性能が重要になるゲームです。

原神のフレームレート上限は?

原神のフレームレートには、60fpsの上限が設けられています残念ながら公式で上限を解放する方法もないため、60fps環境でゲームを楽しむしかありません。

しかし、原神は激しい動きや描写がそこまで発生しないゲームです。そのため、60fpsに対応する環境があれば、十分原神を楽しめます。

PC版の原神をプレーするときは、「可能な限り60fpsに張り付ける環境を用意しつつ、低下時も45fps以上を維持できる環境」を整えるよう意識しましょう。

「fpsunlocker」と呼ばれるソフトを使えば、非公式でfps上限を解放できますが、BANの恐れがあるためおすすめしません。

原神のベンチマークテスト

原神のベンチマークテストについて、以下3つの環境で各グラボのスコアを計測しました。

ベンチマークテストの結果について、確認していきましょう。

いずれも最高設定環境でテストしたスコアとなっています。

フルHD

フルHD環境のベンチマークテスト結果については、下記を参考にしてください。

RTX 6800 XT約60fps
RTX 3080約60fps
RTX 3070 Ti約60fps
RTX 3070約60fps
RTX 3060 Ti約60fps
RX 6600 XT約60fps
RTX 3060約60fps
RTX 2060約60fps
GTX 1660 Ti約60fps
GTX 1660 Super約60fps
GTX 1650 Super約60fps
GTX 1650約57fps

なお、必要動作環境のGT 1030の場合は「約24fps」、推奨動作環境のGTX 1050 Tiの場合は「約42fps」となりました。

水や戦闘時のエフェクトが多い場所だと、fpsはさらに低下してしまいます。

WQHD

WQHD環境下でのベンチマークテストの結果は以下の通りです。

RTX 6800 XT約60fps
RTX 3080約60fps
RTX 3070 Ti約60fps
RTX 3070約60fps
RTX 3060 Ti約60fps
RX 6600 XT約60fps
RTX 3060約60fps
RTX 2060約60fps
GTX 1660 Ti約58fps
GTX 1660 Super約56fps
GTX 1650 Super約48fps
GTX 1650約36fps

WQHD環境になると、最低でもGTX 1660 Super以上のグラフィックボードを用意したいところです。

それ以下になると平均fpsが低下し、シーンによってはカクつきを感じます。

必要動作環境・推奨動作環境でプレーするのは難しいです。

4K

4K環境下でのベンチマークテストは、以下の結果となりました。

RTX 6800 XT約60fps
RTX 3080約60fps
RTX 3070 Ti約60fps
RTX 3070約60fps
RTX 3060 Ti約58fps
RX 6600 XT約42fps
RTX 3060約40fps
RTX 2060約36fps
GTX 1660 Ti約30fps
GTX 1660 Super約28fps
GTX 1650 Super約24fps
GTX 1650約17fps

4K環境で原神を快適にプレーするなら、RTX 3060 Ti以上のグラボが必要です。

それ以下の性能の場合は一気に平均fpsが低下し、エフェクトの処理が間に合わなくなります。

RTX 3060 Tiを用意しておけば、原神以外のPCゲームも快適にプレー可能です。

原神におすすめのゲーミングPC

原神におすすめのゲーミングPCとして、以下の3台を紹介します。

各PCのスペックや特徴について、詳しくみていきましょう。

GALLERIA RM5C-G60S|フルHDにおすすめ

編集部評価:★★★☆☆(3.0)

CPUIntel Core i5-12400
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ500GB NVMe SSD
価格139,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel B660 チップセット マイクロATXマザーボード
電源650W 静音電源 80PLUS BRONZE
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ コスパの高いモデル
+ Core i5 第12世代搭載

イマイチポイント

− グラボ性能は高くない

原神をフルHD環境でプレーするのに最適なモデルが、「GALLERIA RM5C-G60S」です。

グラフィックボードに「GTX 1660 SUPER」を搭載しているため、フルHD環境であれば60fpsに十分対応できます。

CPUに関しても第12世代のCore i5を搭載しているため、ゲームはもちろん普段使いの処理にも不満を抱きません。

あくまでもフルHD環境下での利用に最適であり、WQHD以上にしてしまうとフレームレートは大きく低下します。

\すぐに使えるクーポン配布中/
公式サイトで在庫を確認する

GALLERIA RM5R-R36|WQHDにおすすめ

編集部評価:★★★★☆(4.0)

CPUAMD Ryzen 5 3600
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ500GB NVMe SSD
価格144,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードAMD A520チップセット マイクロATXマザーボード
電源650W 静音電源 80PLUS BRONZE
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ ミドルクラスのグラフィックボード搭載
+ 価格の安さが魅力

イマイチポイント

− CPU性能は必要最低限に留まる

コストを抑えてミドルクラススペックのゲーミングPCを手に入れたいのであれば、「GALLERIA RM5R-R36」がおすすめです。

14万円台で購入できるゲーミングPCでありながら「RTX 3060」を搭載しており、原神においてもWQHD環境でプレーできます。

ただし、CPUの性能はゲーミングPCの中では必要最低限です。動画編集や画像編集をするのであれば、ワンランク上のCPUを選んだほうが快適に作業できます。

現行のPCゲームをプレーするのに困ることはほぼありません。

\PC購入で豪華景品が当たるキャンペーン開催/
公式サイトで在庫を確認する

GALLERIA XA7C-R37|4Kにおすすめ

GALLERIA XA7C-R36T 第11世代Core

編集部評価:★★★★★(5.0)

CPUIntel Core i7-11700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ1TB NVMe SSD
価格254,980円(税込)
公式HP公式HPをみる
OSWindows 11 Home 64ビット
マザーボードIntel H570 チップセットATXマザーボード
電源750W 静音電源 80PLUS GOLD
光学ドライブ非搭載
無線LAN非搭載

おすすめポイント

+ 各種ゲームを最高設定で楽しめる
+ 動画編集も快適

イマイチポイント

− 価格は少し高め

「GALLERIA XA7C-R37」は、原神を4K環境でプレーしたい人におすすめのゲーミングPCです。

原神以外にもさまざまなPCゲームを最高設定で楽しめるほか、動画編集作業も快適に行えます。

価格としては少し高めですが、ハイクラスモデルであることを考えれば、大きなデメリットとまでは言えません。

予算に余裕があればぜひ購入したいモデルです。

\PC購入で豪華景品が当たるキャンペーン開催/
公式サイトをみる

原神の推奨スペックでよくある質問

原神の推奨スペックについて、よくある質問をまとめました。

ぜひ参考にして、ゲーミングPC選びの判断材料としてください。

原神はノートパソコンでもできる?

結論として、ノートパソコンでも原神のプレー自体は可能です。しかし、実際にプレーするのはおすすめしません。

おすすめしない理由として、以下の2つがあげられます。

  • バッテリーの消耗が激しくなる
  • 排熱のためのファンの音がうるさくなる

原神のように長時間プレーするゲームは、パソコンへ負担がかかりやすいです。

負担がかかることで、PCの故障にもつながります。

⇨ゲーミングノートをおすすめしない7つの理由【寿命0年?】おすすめゲーミングPCも紹介

APEX・原神ができるおすすめPCは?

原神のほかにAPEXをプレーするのであれば、「GALLERIA RM5R-R36」がおすすめです。

14万円台で購入できるゲーミングPCでありながら、スペックはミドルクラス相当を搭載しています。

原神の60fps対応はもちろん、APEXは設定次第で144fps出力も可能です。

もちろん、APEXや原神以外のPCゲームにおいても快適な動作が期待できます。

\PC購入で豪華景品が当たるキャンペーン開催/
RM5R-R36の在庫を確認する

まとめ

今回は原神の必要スペックについて、以下の4点を解説しました。

結論として、原神をプレーするときは自身のプレー環境に合わせたゲーミングPC選びが大切です。

フルHDと4Kのどちらでプレーするのか、60fps張り付きにしたいのかなど、求める条件を整理しましょう。

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分に合ったゲーミングPCを見つけてください。

【PCデビュー】Minecraft(マイクラ)PC版におすすめのゲーミングPC|神画質!MODを入れて遊べる安いコスパモデル 【PCデビュー】Minecraft(マイクラ)PC版におすすめのゲーミングPC!神画質なMODを入れて遊べる安いコスパモデル 【全てわかる】B4B(バックフォーブラッド)の推奨スペックは?必要なPCスペックとおすすめPCを5つ紹介 ARK: Survival Evolved(アークサバイバルエヴォルブド)の推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介!ノートパソコン・グラボなし・macはだめ? DBD(デッドバイデイライト)の推奨スペックと動作環境を解説!DBDに対応したおすすめゲーミングPCも紹介 ELDEN RING(エルデンリング)のPC推奨スペックは?最適なPCで快適にELDENLINGを遊ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。