ゲーミングPCおすすめランキングを見る

PUBGやPUBGモバイルでおすすめのゲーミングイヤホン10選

PUBGやPUBGモバイルなどのFPSゲームにおいて「音」は非常に重要です。足音が聞ければ敵が近くにいるかどうかが分かり、銃声のおおよその方向が分かれば立ち回りもしやすくなります。

ゲーミングイヤホンを使えば、スピーカーでは気づけない小さな音と方向を把握することができるので敵の奇襲に対処したり、裏とりがしやすくなったりと戦いやすくなります。

ゲーミングイヤホンを使えるだけでキルレを一気にあげることも可能です。

勝ちやキルレにこだわり、うまく立ち回りたいならゲーミングイヤホンは必須レベルと言えるでしょう。

本記事ではPUBGやPUBGモバイルでゲーミングイヤホンを使うメリットを紹介しつつ、おすすめのゲーミングイヤホンをピックアップしていきます。

PUBGやApexでゲーミングイヤホンを使うメリット

PUBGやApexなどのゲームにおいてゲーミングイヤホンを使うメリットを解説していきます。

具体的には以下の通りです。

メリット
  • 小さな音や方向が把握できる
  • ヘッドセットより持ち回しが良い
  • 長時間プレイしても疲れにくい

ゲーミングイヤホンはヘッドセットと比べて長時間のプレイに向いていたり、持ち運びも楽などのメリットが存在します。

それぞれ解説していくので、ゲーミングイヤホンのメリットが知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

小さな音や方向が把握できる

ゲーミングイヤホンは普通のイヤホンに比べて音の聴こえる方向や距離感がつかみやすいのが特徴です。

敵の足音や銃声などがより聴き取りやすくなるので、FPSゲームなどではより立ち回りやすくなります。

また、多くのゲーミングイヤホンには大型のドライバーユニットが搭載されているので、より低域の音の迫力が増し、迫力のあるサウンドが楽しめます。

臨場感が高いと、よりゲームに没入できますね。

ヘッドセットより持ち回しが良い

ゲーミングイヤホンは普通のイヤホンとサイズが変わらないので、ポケットの中に入れたり、ポーチの中に入れたりと、持ち回しが良いです。

ヘッドセットだと家で使う分には問題ありませんが、出先で使う場合にはバッグのスペースをかなり取ってしまったり、重さもそれなりにあるので持ち運びには向きません。

ゲーミングイヤホンなら、手軽にサッと取り出してデバイスに繋げば即使えるので、出先でPUBUモバイルなどのゲームも快適にプレイすることが可能です。

出先でよくゲームをプレイする方は、ゲーミングイヤホンを一台カバンの中に忍ばせておくと便利です。

長時間プレイしても疲れにくい

形状にもよりますが、ゲーミングイヤホンはヘッドセットに比べて疲労感が少なくすみます。

ヘッドセットの場合は、以下のようなデメリットがあるので、長時間のプレイには適していません。

タイトル
  • 耳全体を圧迫してしまう
  • 重さのせいで首が痛くなる
  • 夏は蒸れる

ゲーミングイヤホンだとヘッドセットに比べて耳への疲労が少ないので、長時間ゲームをプレイする際はゲーミングイヤホンの方が優位です。

ただ、イヤホンの形状によっては長時間のプレイが厳しい場合があります。あまり耳を圧迫しないで長い時間プレイしたい方は「インナーイヤー型」のイヤホンをおすすめします。

PUBGで遊ぶゲーミングイヤホンの選び方

PUBGやPUBGモバイルをプレイする際、どんなゲーミングイヤホンを選べば良いのかわからない人もいることでしょう。

ここからはPUBGやPUBGモバイルをはじめとするFPSゲームにおいて、おすすめなゲーミングイヤホンの選び方をご紹介します。

有線タイプかワイヤレスタイプか

ゲーミングイヤホンの接続方式には「有線タイプ・ワイヤレスタイプ」が存在します。

有線タイプは遅延が無く、バッテリーの概念がないので一々充電する必要がありません。ただ、断線のリスクがあったり、iPhoneのようなイヤホンジャックがないスマホでは使えないというデメリットが存在します。

ワイヤレスタイプはコードがないので取り回しが非常に楽です。首の動きの制限がありませんし、サイズもコンパクトなのでポケットにも楽々入ります。

ただ、有線タイプと比べて遅延が生じてしまうのがデメリットです。限りなく小さくすることは可能ですが、ゼロにはなりません。

注意
PS4でワイヤレスイヤホンを使いたい際は、Bluetoothトランスミッターを別途用意する必要があります。

インナーイヤー型かカナル型か

イヤホンの形状は大きく分けて「インナーイヤー型」「カナル型」の2種類があります。

MEMO
  • インナーイヤー型:耳に引っ掛けて装着する。圧迫感が少ないが、外部の音が結構入るので混雑している環境だと使いにくい。
  • カナル型:耳の奥まで入るので遮音性が高い。小さく細かい音も聞き取りやすいのでより没入感も高まる。形状上、圧迫感が強い。

どちらも一長一短あるので甲乙つけるのは難しいです。ただ、よりゲームの世界に入り込みたいという方にはカナル型の方がおすすめです。

外部の音をシャットダウンでき、ゲームにも集中しやすい環境を作ることができます。

PUBGやPUBGモバイルにおすすめのゲーミングイヤホン

PUBGやPUBGモバイルでおすすめなゲーミングイヤホンを、有線・ワイヤレスそれぞれでご紹介します。

コスパの良いものからちょっとお高めのものまでピックアップしていくので、ぜひゲーミングイヤホンを選ぶ際の参考にしてみてください。

それぞれ5つずつ見ていきましょう。

有線タイプのおすすめゲーミングイヤホン

PUBGやPUBGモバイルで役立つ、有線タイプのおすすめゲーミングイヤホンをご紹介します。

定評のある製品ばかりなので、どれを選んでも後悔はしないでしょう。

Shure SE215DYBL+UNI-A

商品名SE215DYBL+UNI-A
メーカーShure
プラグ方式カナル型
コード長1.27m
マイク搭載

Shureから発売されているSE215DYBL+UNI-Aは遮音性・音質ともに優秀な定番の有線イヤホンです。

耳の形に沿った形状のため、フィット感は抜群。そのため、遮音性も普通のイヤホンよりかなり優れています。

外で使う際には車の音も消してしまうので注意が必要です。

解像度も高く、重低音に優れているので臨場感たっぷりのサウンドも味わえて1万円ちょっとで買えるので、コスパの面でも優秀と言えます。

HyperX Cloud Earbuds

商品名Cloud Earbuds
メーカーHyperX
プラグ方式カナル型
コード長1.2m
マイク搭載

HyperX Cloud Earbudsは、PCパーツなどで知名度がある「KingStone」のゲーミングブランドのイヤホンになります。

絡みにくいコードや、断線しにくい90°の屈曲プラグ、トラベルケース付きなので持ち回しが非常に良いです。

イヤーピースも普通のイヤホンのものとは違い、引っ掛かりがついているので耳から外れにくく、耳にフィットする形状となっています。

お値段も5000円以下と手が出しやすいので、買う際のハードルも低いです。

final E3000

商品名E3000C
メーカーfinal
プラグ方式カナル型
コード長1.2m
マイク搭載

final E3000Cは低域から高域まで、息づかいから声の強弱まで非常に生々しく再現できる、非常に高い表現力が特徴のイヤホンです。

6.4mmφダイナミック型ドライバーユニットを搭載しており、非常にクリアな音を鳴らしてくれるので、人の声や足音もはっきり聴こえるでしょう。

イヤホン自体の性能も高いので、音楽視聴や動画鑑賞などのゲーム以外の用途でも活躍してくれます。

値段を抑えて良い音でプレイしたい!って方におすすめです。

final VR3000 for Gaming

商品名VR3000 for Gaming
メーカーfinal
プラグ方式カナル型
コード長1.2m
マイク搭載

final VR3000 for Gamingはゲーミングに特化したイヤホンで、解像度に焦点を当てているのが特徴です。

音楽を楽しむというよりは、音をはっきり聴くというイメージ。余計な付帯音がなく、方向・距離・足音をはっきりと捉えることができます。

final VR3000 for Gamingは、コードを耳の後ろに引っ掛けて付ける「Shure掛け」と呼ばれる装着法を採用しています。

タッチノイズをかなりおさえてくれたり、装着感も安定しているので余計なストレスを抱えずにゲームをプレイすることが可能です。

SENNHEISER IE 40 Pro

商品名IE 40 Pro
メーカーSENNHEISER
プラグ方式カナル型
コード長1.3m
マイク非搭載

IE 40 Proは、有名音響メーカーのSENNHEISERから出ているプロフェッショナルモニタリングイヤホンです。

モニタリング用途に向いているだけあって、一つ一つの音が分かりやすく細かく聴こえてきます。また音の広がりも非常に優秀で、まるでヘッドホンで聴いているような感覚とのこと。

Shure掛け方式なので装着感や遮音性もバッチリなので、ゲームにより集中できます。

一万円台で買えますが、音質は数万のイヤホンと同じくらいと言われています。

ワイヤレスタイプのおすすめゲーミングイヤホン

ここからはPUBGやPUBGモバイルで活躍してくれる、ワイヤレスタイプのおすすめゲーミングイヤホンをご紹介します。

コーデックや音質に焦点を当てているので、ワイヤレスイヤホンでゲームがしたい方はぜひ参考にしてください。

Razer Hammerhead True Wireless

商品名Hammerhead True Wireless
メーカーRazer
プラグ方式カナル型
連続再生時間ケース込み:最大16時間
本体:最大3時間
マイク搭載

Razer Hammerhead True Wirelessは低遅延に長けたワイヤレスゲーミングイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンの特性上、どうしても遅延は発生してしまうものですが、Razer Hammerhead True Wirelessには超低遅延ワイヤレスゲームモードが搭載されています。

60msという非常に低い入力レイテンシーにより、音声が映像とずれることなく常に同期されるので、動きの激しいPUBGでも少ない遅延で楽しめます。

HUAWEI FreeBuds 3

商品名FreeBuds 3
メーカーHUAWEI
プラグ方式インナーイヤー型
連続再生時間ケース込み:最大20時間
本体:最大4時間
マイク搭載

HUAWEI FreeBuds 3はインナーイヤー型で初めてノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤホンです。

インナーイヤー型は形状上、どうしても外部の音がかなり入ってしまいますが、FreeBuds 3はノイズキャンセリングを搭載しているので外音を打ち消してくれます。

また、インナーイヤー型なので解像度が非常に高く、音の広がりも素晴らしいので敵の足音や物音を鮮明に聴き取ることが可能です。

ゲーミングように作られたイヤホンではありませんが、ゲーミングイヤホンの特徴を兼ね備えているのでご紹介しました。

1MORE Stylish TWS-I

商品名Stylish TWS-I
メーカー1MORE
プラグ方式カナル型
連続再生時間ケース込み:最大24時間
本体:最大6.5時間
マイク搭載

Stylish TWS-Iは低価格ながらaptXやAACなどの高音質なコーデックに対応したワイヤレスイヤホンです。

aptXは他のコーデックに比べて遅延が少なく高音質という特徴があるので、ワイヤレスイヤホンではどうしても起こってしまう遅延もかなり軽減されます。

また、独自開発の7mmダイナミックドライバーを搭載しており、PET+PU+高分子チタンの三層構造の複合振動板を使っているので、解像度の高いクリアな音質に仕上がっています。

見た目も非常にポップなので、可愛くて低遅延なワイヤレスイヤホンをお探しの人におすすめです。

radius HP-NX20BTK

商品名HP-NX20BTK
メーカーradius
プラグ方式カナル型
連続再生時間9時間
マイク搭載

radius HP-NX20BTKは低遅延コーデックのaptX / aptX LL(Low Latency)に対応したワイヤレスイヤホンです。

aptX LLはオーディオ伝送遅延速度が約40ms(0.04秒)と極めて低く、遅延を極限まで抑えてくれるので有線イヤホンに近い感覚で使用することができます。

また「FLW構造ドライバー」を採用しており、濁りが少ない解像度の高い音を鳴らしてくれるイヤホンになっています。

AptX LLに対応したワイヤレスイヤホンとしては安価な部類です。

Shure SE215-CL+BT2-A

商品名SE215SPE+BT2-A
メーカーShure
プラグ方式カナル型
連続再生時間10時間
マイク搭載

Shure SE215SPE+BT2-Aは、おすすめ有線ゲーミングイヤホンの方でご紹介したSE215のワイヤレス版です。

ノイズキャンセリングは搭載されていませんが、SHURE得意の高遮音設計のおかげで遮音性がとても高いのが特徴です。

また、aptX LLにも対応しているので遅延対策も問題ありません。

有線モデルだと、イヤホンジャックのないスマホではアダプタが必須ですが、ワイヤレスタイプだとその問題が消えるので使い勝手としてはワイヤレスタイプの方が優位と言えます。

PUBGでおすすめのゲーミングイヤホンまとめ

イヤホンも何もつけない状態でPUBGやPUBGモバイルをプレイする際は、スマホから出る音だけではなく外部の音も入ってくるので、なかなか集中できる環境は作りにくいです。

ゲーミングイヤホンを使用すればPUBGの世界により深く入れるだけでなく、ちょっとした足音や銃声の方角を把握して立ち回りがしやすくなります。後ろから敵に攻められる可能性が減り、逆に裏をとりやすくなるので勝率やキルレの向上に直結します。

少しでもうまく立ち回りたい方や、もっと勝率を上げたい方はぜひ、ゲーミングイヤホンでPUBGやPUBGモバイルをプレイしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です