ゲーミングPCおすすめランキングを見る

PS5でApex Legendsはプレイできる?引き継ぎやフレームレートについて解説

PS4とPS5には互換性があるので、PS5でもApexをダウンロードしてプレイできます。

博士

PS4からPS5には実績やスキンなどのデータを引き継げるのか、またPS5でApexをプレイしたときの違画質や音質、操作性が気になる方も多いでしょう。

本記事ではPS4からPS5にデータを引き継ぐ方法や、PS5でApexをプレイするメリットについて紹介しています。

PS5でApexはプレイできる

11月12日に発売したPS5でもApexで遊ぶことが可能です。

2020年4月の段階では開発中との情報が出ていましたが、PS5の発売までにApexの開発が間に合いました。

PS5でApexをプレイする方法には以下の2種類があります。

  • ゲームライブラリの履歴からダウンロード
  • PS5のストアからダウンロード

PS4でもApexをプレイしていた方は履歴からのダウンロード、PS5からApexを始める方はストアからのダウンロードがおすすめです。

PS4からのApexの引き継ぎはできる?

PS4でプレイしていたApexのデータはPS5にそのまま引き継げます。

博士

なぜならPS5はPS4で発売されたゲームと互換性を持たせて開発されているからです。

PS4とPS5の互換性に関して、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長のコメントを紹介します。

そして、現在発売されているゲームを、すべてテストしてチェックしていますが、99%の互換性があることを確認していて、私としても非常にうれしく思っています。
https://www.famitsu.com/news/202009/17206011.html

ジム・ライアン社長によると、PS4タイトルの99%がPS5でも遊べることを確認済みです。

PS4でApexを遊んでいる方は、PS5購入後にデータの引き継ぎをして快適なプレイを楽しみましょう。

今までの進捗や獲得したバッジなどすべて引き継ぎ可能

PS4からPS5にApexのプレイデータを移行したときに引き継げるのは以下の3つです。

  • 進捗状況
  • 獲得バッジ
  • 購入スキン
PS版のApexはPSアカウントの紐付けデータを管理しているため、PS4で入力しているPSIDでPS5のアカウントにログインするとデータの引き継ぎができます。

Apexプレイヤーの中には課金してスキンを購入している方もいるので、プレイデータをそのまま引き継げるのは嬉しいポイントです。

PS4から引き継ぐ方法

PS4からPS5へのApexデータの引き継ぎは次の3つのステップで簡単に行えます。

  1. PS5でApex Legendsを再ダウンロード
  2. PS4で使用しているPSIDでPSアカウントにログイン
  3. Electronic Artsのアカウントにログイン

PS4からの引き継ぎはゲームライブラリの履歴またはPS5のストアからApexを再ダウンロードし、PS4で入力していたPSIDでアカウントにログインするだけです。

MEMO
初回のログイン時のみElectronic Artsアカウントへのログインを要求されるので、IDとPASSを事前に確認しておきましょう。

PS5のApexも現状フレームレートは120fpsに非対応

PS5のフレームレート上限は120fpsですが、PS5のApexは120fpsに対応していません。

現状ではPS4と同様の60fpsに固定されています。

博士

フレームレートが60fpsに固定されているのは、ApexをPS4とPS5のどちらでプレイした場合でも同じサーバーを使用するからです。

PS5用のサーバーがまだ用意されておらず、PS5に最適化されていないのがフレームレートを60fpsに固定している原因と言われています。

PS5でApexをプレイするメリット

ApexはPS4とPS5の両方で遊べますが、PS5のプレイでしか得られないメリットが5つあります。

メリット

  • さらに良い画質でプレイできる
  • PS5gaWi-Fi6に対応している
  • オーディオ環境が良くなっている
  • 今後120fpsでプレイできる可能性が高い
  • ロード時間が大幅に短縮される

PS4とPS5ではプレイの快適性が異なるので、PS5を入手した方はPS5への移行がおすすめです。

さらに良い画質でプレイできる

PS5は4Kに対応しているので、ApexをPS4でプレイするよりも良い画質で楽しめます。

博士

またPS4のフレームレート上限が60fpsなのに対してPS5では120fpsです。フレームレートの上限が高いため、PS4で60fps以下しか出ないシーンでもPS5では安定して60fpsを出せます。

PS5でApexをプレイしたときに、PS4のプレイ画面と比べて滑らかに映像が動きます。より良い画質でのプレイを求める方にはPS5がおすすめです。

PS5がWi-Fi6に対応している

PS5は第6世代のWi-Fi規格であるWi-Fi6に対応しています。

Wi-Fi6はデータ送受信の安定性が高く低遅延を実現しているので、オンラインマルチでのプレイが快適です。

博士

PS4に搭載されていた無線LANは第5世代の11ac規格のWi-Fiなので、PS5の無線LANと比べると通信速度や回線の安定性は劣っています。

Wi-Fi6は5Gや10Gなどの高速光回線にも対応しているため、回線速度に左右されるApexのプレイにも適しています。

オーディオ環境が良くなっている

PS5ではPS4と比べてオーディオ環境が大幅に良くなっています。このため銃声や敵の足音が以前よりも聞き取りやすいのが特徴です。

敵の足音がどちらの方向から聞こえているのかがはっきりと分かるので、敵の位置を把握しながら有利に立ち回れます。

PS4ユーザーと対戦する場合には、戦いやすい環境で戦闘を行えるでしょう。

博士

今後120fpsでプレイできる可能性が高い

PS5でApexをプレイするとフレームレートが120fpsに対応しておらず、PS4と同様に60fpsに固定されています。

しかし今後PS5のフレームレート上限である120fpsに対応したプレイが可能になるかもしれません。

次世代機の発売に合わせてPS5版Apexは開発されましたが、PS5のプレイ環境に最適化されていないのでPS4とサーバーを共有する状態です。

今後のアップデートでPS5用のサーバーに移行すれば、120fpsでプレイできる日が来るでしょう。

博士

ロード時間が大幅に短縮される

PS5でApexをプレイしたときに、ロードにかかる時間が短縮されていることを実感できます。ロード時間が短縮したのは、PS5がSSDを標準装備しているからです。

MEMO
SSDとはゲームデータの保存先のことで、PS4に搭載されているHDDよりもゲームの読み込みが高速になります。

PS4でロード時間を短縮するには内蔵HDDをSSDに換装するか、SSDを外付けする必要がありました。PS5では標準でSSDを搭載しているので、ロード時間が短縮されゲームでのストレスが少なくなります。

ApexでPS5まとめ

PS5ではApex Legendsのプレイや、PS4からのデータ引き継ぎができます。

PS4のデータをPS5に引き継ぐには、PS5でApexをダウンロードしたあとにPS4で入力したPSIDでログインするだけです。引き継ぎをするためにはPSアカウントとEAアカウントの2つが必要になるので、事前に確認しておきましょう。

PS5でApexをプレイすれば、高画質・高音質でゲームを楽しめます。ApexのデータをPS5に引き継いで、次世代機によるリアルなゲーム体験を楽しみましょう。

PS5版フォートナイトは120fpsに対応している?PS5でプレイするメリットを解説 PS5とゲーミングPC買うならどっちがいいかを比較しながら解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です