ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【全てわかる】B4B(バックフォーブラッド)の推奨スペックは?必要なPCスペックとおすすめPCを5つ紹介

「Left 4 Dead」や「Evolve」の開発で知られるTurtle Rock Studiosがリリースした新作ゾンビシューターゲーム「Back 4 Blood (バック・フォー・ブラッド)」。

筆者も発売当初からプレイしていますが、デッキ構成、武器のチョイス、マップギミックなど、そのあたりを仲間と情報交換しながら作戦を立てて攻略していくのは本当に楽しいです。

ただ、難易度が高すぎるので、高スペック&高リフレッシュレートでプレイしたいところ。本記事ではB4Bの推奨スペックやおすすめゲーミングPCをご紹介していきます。

これからPCでB4Bを始める方は是非参考にしてください!

ドスパラ

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでゲーミングPCを見る

キャンペーン開催中!

B4Bの動作環境とPCのスペック

公式に発表されたPC版「Back 4 Blood」の必要動作環境ならびに推奨動作環境をご紹介していきます。

Steamの販売ページからの引用になります。

B4Bの必要スペック

OSWindows 10 64bit
CPU Intel Core i5-6600 /  AMD Ryzen 5 2600
RAM8 GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 570
DirectXDX12
ストレージ40GB

数年前に流行った低予算で組めるゲーミングPCのような構成です。今ではこのスペックでゲームをするのは難しく、B4Bのような高スペックが要求されるゲームには適しません。

設定をかなり落とさないと高いフレームレートは維持できないので、「とりあえず起動して雰囲気だけ味わいたい…」という方向けです。

B4Bの推奨スペック

OSWindows 10 64bit
CPU Intel Core i5-8400 / AMD Ryzen 7 1800X
RAM12 GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 970/AMD Radeon RX 590
DirectXDX12
ストレージ40GB

最高設定でも1080p/60fpsでの動作が可能と公式が定めたスペックですから、そこそこ快適にプレイすることが可能です。

GTX970は数世代前のグラボなので、今同じような性能を出すならGTX1060や1660あたりでしょう。144fpsを安定して出せる性能ではないので、もう少しお金を出してスペックを増強したほうが幸せになれます。

B4BのPC選びのポイント

B4BはFPSゲームですから、高いフレームレート(144fps以上)を安定して出せるだけの性能は欲しいところです。

PCを選ぶ際は、グラボに「RTX30シリーズ」が搭載されているモデルを選びましょう。現在低価格帯のゲーミングPCに搭載されているGTXシリーズはどれもエントリー・ミドルスペックのものばかりです。

大体BTOで買えるのはGTX 1660 SUPERや1060ばかりですよね。

もちろん、GTX1080や1070Tiといった高性能なGTXシリーズもありますが、BTOではラインナップにはありませんし、数年前のグラボを今買うのも微妙です。

RTX30シリーズで一番性能が低いRTX3060でも、144fps以上、もしくは4K画質60fps以上で安定してプレイできますから、選ぶのであればRTX3060以上がおすすめでしょう。

B4BにおすすめのゲーミングPC|デスクトップ編

B4Bをプレイする場合は、以下のモデルがおすすめです。

  • GALLERIA XA7C-R36T
  • G-GEAR GA7J-F211/T
  • GALLERIA RM5C-G60T 11400F搭載

あまり高価過ぎるモデルではないので、買う際のハードルは高くありません。ミドルクラスでも十分安定して144fps出すことは可能です(4Kでは60fps程度)。

 

GALLERIA XA7C-R36T

製品名GALLERIA XA7C-R36T Z590搭載
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
マザーボード  Intel H570 チップセットATX
メモリ16GB
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
電源650W 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格209,980 円(税込)

GALLERIA XA7C-R36TはミドルスペックのゲーミングPCになります。

Core i7-11700とRTX3060 Tiの組み合わせであればFHD~WQHDあたりの解像度で144fps以上安定して出せるでしょう。4K60fpsでのプレイも非常に快適です。

このあたりの価格帯のゲーミングPCは売れ筋モデルなので、セール時には早めに売り切れになることもしばしばあります。

 GALLERIA XA7C-R36Tの詳細を見る

G-GEAR GA7J-F211/T

製品名G-GEAR GA7J-F211/T
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
マザーボードH570 Phantom Gaming 4
メモリ16GB
SSD500GB NVMe SSD
HDDなし
電源CWT製 定格750W 80PLUS GOLD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
価格184,800 円(税込)

先程ご紹介したモデルから、グラボをランクダウンさせたモデルになります。

RTX3060では4KやWQHDのような高解像度は苦手ですが、フルHDなら非常に優秀な対応力を見せます。

ただ、2万円ちょっと上乗せすると、少し上の性能のRTX3060Tiやもっと上の性能のRTX3070が搭載されたモデル視野に入るので、より快適性を重視するならそちらを検討しても良いでしょう。

G-GEAR GA7J-F211/Tの詳細を見る

GALLERIA RM5C-G60T 11400F搭載

製品名GALLERIA RM5C-G60T 11400F搭載
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-11400F
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660 Ti 6GB
マザーボードIntel B560 チップセットMicro-ATX
メモリ16GB
SSD500GB NVMe SSD
HDDなし
電源550W 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格129,980 円(税込)

GALLERIA RM5C-G60TはローエンドクラスのゲーミングPCになります。

コスパが非常に優れているのが魅力で、低価格帯のモデルを探している方にはかなりおすすめです。

FHD環境では多少設定を落とすことで144fps安定して出せますが、それ以上の解像度でプレイするのであれば少し非力なので、もう少し資金を投入しましょう。

GALLERIA RM5C-G60Tの詳細を見る

B4BにおすすめのゲーミングPC|ノートパソコン編

ゲーミングノートPCでB4Bをプレイする場合は、以下のモデルがおすすめです。

  • GALLERIA UL7C-R36
  • KATANA-GF66-11UD-480JP【15.6型 FHD】

性能はミドルクラスで少し割高ですが、最初からモニターやキーボードが内蔵されているので、同じ程度の性能のデスクトップPCを買うよりお得な場合もあります。

GALLERIA UL7C-R36

製品名GALLERIA UL7C-R36
OSWindows 10
CPUCore i7-11800H
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 Mobile
モニター15.6インチ  非光沢 液晶
メモリ16GB
SSD500GB NVMe
HDD非搭載
解像度FHD(1,920×1,080)
リフレッシュレート240Hz
サイズ356(幅)×234(奥行き)×21.6(高さ 最薄部) ㎜
重量約1.96㎏
価格169,980 円(税込)

RTX 3060 Mobile×Core i7-11800Hという組み合わせに加え、そこに240Hz対応モニターを搭載していることや本体重量が2.0kgを切っていることまで考慮すると、非常にコスパの高いモデルです。

なかなかこの価格帯でこれ以上の性能のモデルは見つかりません。RTX3060 Mobileでは240fps出すのは少し難しいので、その点は注意が必要です。

GALLERIA UL7C-R36の詳細を見る

KATANA-GF66-11UD-480JP【15.6型 FHD】

MSI ゲーミングノートPC PULSE-GL66-11UDK-065JP

製品名KATANA-GF66-11UD-480JP【15.6型 FHD】
OSWindows 10 Home 64ビット版
CPUIntel Core i7-11800H
GPUNVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU
モニター15.6インチ ノングレア液晶
メモリ16GB
SSD512GB(M.2 NVMe)
HDDなし
解像度FHD(1,920×1,080)
リフレッシュレート144Hz
サイズ359(幅)×259(奥行き)×24.9(高さ 最薄部) ㎜
重さ約2.2kg
価格158,800 円(税込)

先程ご紹介したモデルから少し性能は落ちますが、少しでも低価格で抑えたい方はKATANA-GF66-11UD-480JPもアリでしょう。

長期的に見れば1万円上乗せしてGALLERIA UL7C-R36を買うのがおすすめですが、余った1万円でゲーミングマウスやゲーミングヘッドセットを買うのもいい選択肢です。

KATANA-GF66-11UD-480JPの詳細をを見る

まとめ

B4Bは非常に難易度の高いゲームです。デッキ編成やチームワーク、キャラクター選択などをしっかり練っていかないと、ベテラン以上の攻略は至難の業です。

少しでもより快適にプレイするためには高スペック&高リフレッシュレート環境を作っておくことも重要でしょう。

本記事でご紹介したモデルでならしっかり安定したフレームレートが出せますから、B4Bの購入を検討している方は是非参考にして見てください。

DBD(デッドバイデイライト)の推奨スペックと動作環境|DBDに対応したおすすめゲーミングPCも紹介 valorant(ヴァロラント)の推奨スペック・必要スペックは?絶対に失敗しないおすすめゲーミングPCも紹介 Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介 【PCデビュー】Minecraft(マイクラ)PC版におすすめのゲーミングPC|神画質!MODを入れて遊べる安いコスパモデル 【PCデビュー】Minecraft(マイクラ)PC版におすすめのゲーミングPC|神画質!MODを入れて遊べる安いコスパモデル valorant(ヴァロラント)の推奨スペック・必要スペックは?絶対に失敗しないおすすめゲーミングPCも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です