ゲーミングPCおすすめランキングを見る

APEXのおすすめグラボは?設定別のおすすめグラボとAPEXのおすすめグラボ搭載PCを紹介

PCゲームをプレーするのに、最も重要といっても過言ではないパーツが「グラフィックボード」です。

Apex Legendsをプレーするときも例外ではなく、低スペックのグラフィックボードでは満足にプレーすることができません。

Apex  LegendsにはCS版もリリースされていますが、PC版と比べるとその差は歴然。そして、低スペックなグラフィックボードではCS版と変わらない環境下での戦闘を強いられてしまうのです。

今回はCS版からPC版に乗り換えるにあたってゲーミングPCを徹底的に調査した筆者が、おすすめのグラフィックボードやゲーミングPCについて徹底解説していきます。

PCゲームの勝敗にはPCスペックが関わるといっても過言ではないので、高いスペックのPCを手に入れましょう!

 

グラボ(グラフィックボード)とは

グラフィックボードとは、簡単に言うと「パソコンから出力される映像をディスプレイに映し出すためのパーツ」のことです。

このグラフィックボードの性能が高ければ高いほど、映し出される映像はきれいになることを覚えておきましょう。

加えて、きれいなだけでなく滑らかな映像で出力できるようになるため、PCゲームのプレー時には必須のパーツとなっています。

グラフィックボードの性能が高ければ高いほど、ゲーム内の画質設定を高いものに設定しても安定します。

APEXのおすすめグラボ性能比較(ベンチマーク比較)

ここではApex Legendsのベンチマークを「フルHD」「WQHD」「4K」の3つに分けて比較してみました。

快適な環境下でプレーできるよう、そのグラフィックボードがどの程度の性能を持っているのかを確認していきましょう。

フルHDのおすすめグラボ

まずはフルHD環境下での「低設定」「中設定」「高設定」のベンチマーク結果を見ていきましょう。

グラフィックボード低設定中設定高設定
RTX 3080 Ti240fps212fps
RTX 3080240fps226fps201fps
RTX 3070 Ti216fps180fps
RTX 3070214fps209fps176fps
RTX 3060162fps146fps122fps
RTX 2060148fps127fps107fps
GTX 1660 Super129fps109fps91fps
GTX 1660111fps93fps78fps
GTX 1650 Super103fps92fps77fps
GTX 165080fps67fps57fps

Apex Legendsの平均FPSについては、上記のような結果となりました。

快適にプレーをしたいのであれば、144fpsの出力は安定させたいところ。

低設定の場合には「GTX 1660 Super」、中設定の場合には「RTX 3060」、高設定の場合には「RTX 3070」をグラフィックボードに採用しておけば問題ないでしょう。

Apex Legendsの推奨スペックはGTX970以上となっていますが、性能としては全く足りません。

240hz出すためのグラボ 240hzのグラボを搭載したおすすめPCはこれ!APEX・フォートナイト・シージにおすすめのグラボ搭載PCは〇〇! グラボ 【最新版】144Hz出すために最適なグラボは?APEX・フォートナイト・FF14に最適なグラボを搭載したゲーミングPCを紹介

WQHDのおすすめグラボ

グラフィックボード平均fps
RTX 3080 Ti173fps
RTX 3080157fps
RTX 3070 Ti142fps
RTX 3070135fps
RTX 306089fps
RTX 206077fps
GTX 1660 Super64fps
GTX 166056fps
GTX 1650 Super54fps
GTX 165040fps

WQHD環境下でのベンチマークテストは上記のような結果となりました。

WQHDでプレーする場合に144fpsを安定させるためには、最低でも「RTX 3070」が必要。

一つ下のモデルである「RTX 3060」からは大きくfpsが下がりますので、下位モデルは選ばないようにしましょう。

価格面を見ても、RTX 3070は非常におすすめです。

4Kのおすすめグラボ

グラフィックボード平均fps
RTX 3080 Ti111fps
RTX 308099fps
RTX 3070 Ti87fps
RTX 307080fps
RTX 306050fps
RTX 206043fps
GTX 1660 Super35fps
GTX 166031fps

4K環境下でのベンチマークテストは、上記の結果となっています。

4KでApex Legendsを144fpsを出力させることは難しく、100fpsを安定させるためには最上位モデルである「RTX 3080 Ti」が必要です。

4K環境でプレーすることはめったにないと思いますが、プレーを考えている場合にはPCスペックの妥協をしないようにしましょう。

グラボ別APEXにおすすめのゲーミングPC

Apex Legendsをプレーするためのグラフィックボード別おすすめゲーミングPCは、以下の4台です。

製品名GALLERIA RM5C-G60S DETONATOR SPYGEA  コラボモデルG-GEAR GA7J-F210/TGalleria XA7C-R37GALLERIA ZA7R-R38T 5800X搭載
OSWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-11400Intel Core i7-10700FIntel Core i7-10700AMD Ryzen 7 5800X
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
マザーボードIntel B560 チップセット マイクロATXマザーボードASUS PRIME H470-PLUS (ATX)Intel H570 チップセットATXマザーボードAMD X570チップセットATXマザーボード
メモリ16GB16GB16GB16GB
SSD500GB NVMe SSD500GB NVMe SSD1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD
HDDなしなしなしなし
電源550W 静音電源 80PLUS BRONZECWT製 定格750W 80PLUS GOLD750W 静音電源 80PLUS GOLD850W 静音電源 80PLUS GOLD
光学ドライブなしDVDスーパーマルチドライブなしなし
価格139,980 円(税込)179,800 円(税込)259,980 円(税込)349,980円(税込)

GALLERIA RM5C-G60S DETONATOR SPYGEA コラボモデル

製品名GALLERIA RM5C-G60S DETONATOR SPYGEA コラボモデル
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-11400
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
マザーボードIntel B560 チップセット マイクロATXマザーボード
メモリ16GB
SSD500GB NVMe SSD
HDDなし
電源550W 静音電源 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格139,980 円(税込)

GALLERIA RM5C-G60S DETONATOR SPYGEA コラボモデルは、その名の通りプロゲーミングチーム「DETONATOR」で活躍しているSPYGEAさんとのコラボモデルです。

性能としては特筆して高くはないものの、Apex Legendsをプレーするのには問題ない性能を搭載しています。

価格も抑えられており、手を出しやすいゲーミングPCといえるでしょう。

GTX 1660を搭載しているゲーミングPCは少ないため、早めの入手をおすすめします。

G-GEAR GA7J-F210/T

G-GEAR GA7J-F210/T

製品名G-GEAR GA7J-F210/T
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-10700F
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
マザーボードASUS PRIME H470-PLUS (ATX)
メモリ16GB
SSD500GB NVMe SSD
HDDなし
電源CWT製 定格750W 80PLUS GOLD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
価格179,800 円(税込)

G-GEAR GA7J-F210/Tは、グラフィックボードに「RTX 3060」を搭載しているゲーミングPCです。

Apex Legendsのランクマッチで上位ランクを狙うならば、このレベルのゲーミングPCは必須。

コストパフォーマンスの面で見ても、非常に優秀なゲーミングPCといえます。

ランクマッチを本格的にプレーするための最低限のラインがこの程度のスペックだと思っておきましょう。

Galleria XA7C-R37

Galleria XA7C-R37

製品名Galleria XA7C-R37
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-10700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
マザーボードIntel H570 チップセットATXマザーボード
メモリ16GB
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
電源750W 静音電源 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格259,980 円(税込)

Galleria XA7C-R37は、Galleriaシリーズの中でも一番人気を誇るゲーミングPCです。

電撃ベストバイ賞に選ばれていることもあり、PCとしての品質や完成度の高さはお墨付き。

Apex Legends上級者プレイヤーでも納得できるスペックに仕上がっています。

ゲーミングPC選びに困ったら、Galleria XA7C-R37を選んでおけば間違いないでしょう。

GALLERIA ZA7R-R38T 5800X搭載

製品名GALLERIA ZA7R-R38T 5800X搭載
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 5800X
GPUNVIDIA GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
マザーボードAMD X570チップセットATXマザーボード
メモリ16GB
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
電源850W 静音電源 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格349,980円(税込)

GALLERIA ZA7R-R38T 5800X搭載は、スペックに不満を抱くことがないといっても過言ではないゲーミングPCです。

CPU、グラフィックボードともに最高水準のものを搭載しているため、Apex Legendsを最高設定で動作させることも問題ありません。

プロゲーマーが使用しているゲーミングPCと比較しても遜色ない点もポイントです。

同等スペックのゲーミングPCと比較して価格が安いのもうれしいですね。

まとめ

今回はApex Legendsをプレーするのにおすすめのグラフィックボードについて解説をしてきました。

Apex Legendsでの勝利にこだわるなら、グラフィックボードにこだわることは必須です。

本記事で紹介してきた内容をもとに、Apex Legendsで勝つために必要なグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを選んでいきましょう!

【初心者向け】APEXにおすすめのゲーミングノートPCは?APEXにおすすめのノートパソコンと安く手に入れる方法を紹介 【初心者向け】APEXにおすすめのゲーミングノートPCは?APEXにおすすめのノートパソコンと安く手に入れる方法を紹介 プロも愛用するAPEXのおすすめマウス10選|絶対に失敗しないマウス選びとおすすめマウスを紹介 【Apexユーザー必見】Apexが重い原因と確実な対処法を紹介|スペック足りてるのにカクつく、Apexだけ重いのはなぜ? プロも使用するAPEXのおすすめパッド3選|パッド・コントローラーごとにおすすめ設定も紹介 【保存版】Valorant上達のコツを4つ紹介!エイム練習をすれば打ち勝てない回数も減る! 【保存版】Valorant上達のコツを4つ紹介!エイム練習をすれば打ち勝てない回数も減る! 【お得情報】ゲーミングPCは高すぎる?予算毎におすすめのコスパ最高ゲーミングパソコンを紹介 【お得情報】ゲーミングPCは高すぎる?予算毎におすすめのコスパ最高ゲーミングパソコンを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です