ゲーミングPCおすすめランキングを見る

BF2042(バトルフィールド2042) の必要スペック・推奨スペックは?おすすめのゲーミングPCを紹介

2021年10月22日に発売予定のバトルフィールド2042ですが、まだ必要・推奨スペックは公開されていません。

前作のBF5のスペック傾向から予想するに、BF2042ではさらに高性能なゲーミングPCが要求されるでしょう。

本記事ではBF2042の必要・推奨スペックを予想しつつ、快適にプレイできるようなおすすめゲーミングPCをご紹介していきます。

PC版BF2042をプレイする方はぜひ本記事を参考にしてみてください!

BF2042とBF5の違いは?

BF2042(バトルフィールド2042)は2021年10月22日に発売予定(PC版は23日)の、新しいバトルフィールドシリーズとなります。

BF2042で追加される目玉的要素は以下のような感じです。

  • 最大128人対応の全面戦争。その他2モードが存在。
  •  PS4/XB1版では最大64人。人数に合わせてマップのレイアウトなどが絞られた戦いになるが、それ以外の要素は新世代機/PC版と同様
  • マルチプレイに特化し、シングルプレイは無し
  • クラス制を消し、キャラクター制を採用。各スペシャリストは固有のガジェット系装備などを持つ
  •  ウィングスーツや、マップ内に発生し周囲のものを吸い込み吹き飛ばすトルネードなどの要素も
  •  シーズン&バトルパス制を採用。4シーズンあり、有料パスと無料パスが存在する

BF2042のPC版とPS4・PS5との違い

PS5版では128人同時の全面戦争が可能です。PS4やXBOX 1は64人までとなっているので、ここら辺が大きな違いと言えるでしょう。

また、PS5ではPS4よりも高リフレッシュレートに対応しているので、対応しているモニターでプレイすればさらに快適な環境でプレイ可能です。

小さな違いですが、PS4版とPS5版では若干価格に差があります。

PS4PS5
スタンダード8700円9700円
ゴールド13000円13000円
アルティメット16000円16000円
ちなみに、ゴールドエディション、アルティメットエディションを購入すると、発売1週間前からプレイできます。

BF2042の推奨環境は?【推奨環境・必要スペック】

BF2042の推奨環境はまだ公開されていません。なので、ここからは前作のBF5の必要・推奨スペックを参考にして、BF2042の必要・推奨スペックをご紹介していきます。

必要スペック・必要動作環境

以下のスペックは、「あくまで設定をかなり下げた状態であればプレイは一応可能」というレベルのものです。

レイトレーシングをOFFにするのであればRTX2070でも十分と言えますが、レイトレーシングをONにしてプレイするにはかなり非力でしょう。

快適にプレイしたい方は推奨環境以上のゲーミングPCを用意してください。

レイトレーシングなしレイトレーシングあり
グラボNVIDIA GeForce GTX1650
AMD Radeon R9 280X
RTX2070
CPUIntel Core i5-7600kIntel Core i5-8400
メモリ8GB16GB

推奨スペック・必要動作環境

以下のスペックであれば、フルHD・高設定で60fps程度は出せる可能性が高いです。CPUの性能を10世代あたりにグレードアップすればさらに快適にプレイ可能でしょう。

レイトレーシングをONにしてプレイするのであれば、RTX3070あたりは欲しいところです。

レイトレーシングなしレイトレーシングあり
グラボNVIDIA GeForce GTX1660SUPER
AMD Radeon RX 590
RTX3070
CPUIntel Core i7-6700Intel Core i7-10700
メモリ16GB16GB

BF2042におすすめのゲーミングPC

ここからは以下のような、BF2042を快適にプレイできる、おすすめゲーミングPCをご紹介していきます。

  • GALLERIA XA7C-R39 H570搭載
  • G-Master Hydro Z590
  • GALLERIA XA7C-R37 第11世代Core搭載

GALLERIA XA7C-R39 H570搭載

製品名GALLERIA XA7C-R39 H570搭載
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-10700K
GPUGeForce RTX 3090
マザーボードIntel H570
メモリ16GB 
SSDM.2 MVNe 1TB
HDDなし
電源850W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格399,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R39 H570搭載は「Core i7-10700K」「RTX3090」を搭載した水冷ゲーミングPCになります。

40万円近いゲーミングPCですが、性能は一級品。プレイできないタイトルは基本的になく、4K環境でも高リフレッシュレートで快適にプレイできるくらいの性能を持っています。

 

キャンペーン開催中!

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでゲーミングPCを見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

G-Master Hydro Z590【サイコム】

製品名G-Master Hydro Z590
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700K
GPUGeForce RTX 3070 (サイコムオリジナル水冷静音仕様)
マザーボードIntel Z590
メモリ16GB
SSDM.2 PCI-E SSD 512GB
HDDなし
電源850W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格342,730円(税込)

G-Master Hydro Z590は「Core i7-11700K」「RTX3070」を搭載した水冷ゲーミングPCになります。

4K最高設定でも高いフレームレートを安定して出せるだけのスペックを持っているので、不満に感じることはまずないでしょう。サイコム独自の水冷ユニットを搭載しており、静音性と冷却性に優れています。

\カスタマイズとPCスペックが業界No.1クラス/

サイコム公式HPを見る

MEMO
Sycom(サイコム)のセールやキャンペーンは他社に比べて開催頻度がとても少ないです。購入を検討している方は早急に購入することをおすすめします。

GALLERIA XA7C-R37 第11世代Core搭載

製品名
GALLERIA XA7C-R37
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUGeForce RTX 3070
マザーボードIntel H570 
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格239,980円(税込)

GALLERIA XA7C-R37は「Core i7-11700」と「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCになります。

100fps以上軽々出してくれるので、高リフレッシュレートモニターを併用してのプレイも問題ありません。FHD環境であれば、ゲームによっては240fpsも狙えます。

 

キャンペーン開催中!

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでゲーミングPCを見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

まとめ

バトルフィールド2042は前作より豊富に新要素が追加されており、今までのバトルフィールドシリーズと比べてまた違ったゲームプレイが可能です。

その分要求スペックも高いことが予想できるので、快適にプレイしたいのであれば高性能なゲーミングPCが必要になります。

世界的な半導体不足の影響でゲーミングPCが軒並み高騰していますから、BTOショップのセールなどを駆使して、セール期間中に購入するのがおすすめでしょう。

▼その他のゲームタイトル記事はこちら

【全てがわかる】BF5(バトルフィールド5)を快適にプレーできる推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを徹底解説 【FPSガチ勢必見】タルコフに必要なPCのスペックは?escape from tarkovにおすすめなPCや必要なストレージ容量・CPUについて解説 【プロ御用達】R6S(レインボーシックスシージ)の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCまとめ|144Hzが勝敗を決める Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です