ゲーミングPCおすすめランキングを見る

240hzのグラボを搭載したおすすめPCはこれ!APEX・フォートナイト・シージにおすすめのグラボ搭載PCは〇〇!

FPS界では周知の事実ですが、ほとんどの上位プレイヤーは高リフレッシュレート環境でプレイしています。

敵プレイヤーを目で追いながら正確にエイムするためにも映像の明瞭さは必要不可欠ですから、144〜240Hzは欲しいところです。

ただ、240Hzを叩き出すにはそれ相応の環境が必要になります。

本記事では本気でゲームをしたい方に、240Hzで快適にプレイできるゲーミングPCをご紹介していきます。

FPS上達には高リフレッシュレート環境は必須です。ぜひ参考にしてみてください。

 

リフレッシュレートとフレームレートとは

まずは「リフレッシュレート」と「フレームレート」の違いについて解説していきます。

フレームレート」とは、ゲームの映像や動画の再生などによって、1秒間に何回画面が書き換わるかです。 「リフレッシュレート」とは、ディスプレイが1秒間に何回画面を書き換えれるか、ということになります。

1秒間に一回絵を書き換えて、ディスプレイに出力することを「1FPS」と言います。

意味的には両者似たような感じなのですが、リフレッシュレートはモニターの性能を示しています。ディスプレイに出力するのがフレームレートです。

注意
フレームレートが120FPSの滑らかな映像を出力できても、その映像を受け取り表示するディスプレイが60hzでは、60FPSの映像しか見れません。
FPSで勝ちたい人必見!FPSのためのおすすめゲーミングpcやフレームレート(fps)の値について解説

APEXやフォートナイトで240Hz出すにはグラボとモニターが重要

APEXやフォートナイトで240Hzでプレイするにはグラボの性能が非常に重要です。最低でもRTX 30シリーズは必須でしょう。

APEXですと、以下のようなスペックでも最高設定で240Hz出すのは難しいです。設定を下げれば出ます。これはフォートナイトにも言えることです。

CPUインテル Core i7-10700K
または i9-9900K 以上
グラボRTX 3070 以上
または RTX 2080 Ti 以上
メモリ16 GB 以上

また、モニターが240Hz表示に対応していなければいくらグラボの性能が高くても意味がないので、買う際はモニターのスペックをきちんと把握して選びましょう。

グラボ別性能比較

大手BTOショップ「ドスパラ」のHPにて、グラボの性能目安の表が出ているのでそれを引用します。

グラボ(NVIDIA)クラス3840×2160
(解像度:4K)
2560×1440
(解像度:WQHD)
1920×1080
(解像度:フルHD)
RTX 3090ハイエンド
RTX 3080
RTX 3070
RTX 3060 Ti
RTX 2080 シリーズ
RTX 2070 シリーズミドル
RTX 2060 シリーズ
GTX 1660 シリーズ

※◎:最高設定でプレイ可能  ○:中~高設定でプレイ可能  △:設定を最低レベルで動く程度  ×:プレイ不可能

240Hz出すためのモニターは?

240Hz出せるモニターは色々ありますが、定番モデルの「ZOWIE XL2546」を選ぶのが良いでしょう。

数多くのFPS世界大会で公式採用され続けていおり、かなりの定評があるモニターです。スペックもかなり高く、これ以上のモニターを探すほうが難しいです。

こんな機能があります
  • 映像の残像感を圧倒的に改善してくれる「DyAc機能」
  • 使い手にとってもっとも見やすい色調に調整できる「Color Vibrance機能」
  • 暗所での視認性を劇的に向上してくれる「Black eQualizer機能」
  • モニターの位置調整の豊富さが凄まじく豊富

価格は高めですが、「これ買っておけば間違いない」という感じの超人気モデルなので、お金に余裕があればおすすめでしょう。

APEXとFortniteにおすすめのグラボは?

APEXとフォートナイトにおすすめのグラボの選定基準は以下の通りです・

APEXとフォートナイトにおすすめのグラボの選定基準
  • 価格←性能が高く価格が抑えられているか。高額でも払う価値があるか。
  • 将来性←今後リリースされるゲームにも耐えるか。新しいグラボの方が今後のゲームにも対応できる。
  • 性能←あらゆるゲームに耐えうる性能があるか、fpsの出力値が最低でも144以上は出せるものがいい。

APEXとFortniteにおすすめなグラボはRTX3070です。

上記の表を見てわかる通り、RTX3070は240fpsでのプレイが可能なので画面の滑らかさは最高レベルです。

近接戦(主に建物の中や最終アンチの収縮時)などでは上下左右に動く敵に対していかに上手く追いエイムができるかが重要になります。

240fps出力は画面が滑らかに動き、追いエイムがしやすいので240fpsに対応したグラボがおすすめです。

240fpsの中でもスペックがギリギリになりすぎず、今後数年の新作ゲームにも対応できるRTX3070がおすすめです。

RTX3070

RTX3070の評価
性能
(4.5)
コスパ
(3.5)
人気度
(4.0)
総合評価
(4.5)

RTX3070の詳細を見る

Valorant(ヴァロラント)におすすめのグラボは?

Valorantは競技性の高いゲームなので、できれば144fpsは出したいところです。

このゲームは要求スペックがかなり低いので、数年前のグラボでも余裕で高フレームレートを叩き出せます。公式サイトに記載されているスペックだと、GTX1050TiでフルHD&高画質で180fps程度出せます。

現在では1050Tiが搭載されているモデルはないので、GTX1660super、1660Tiあたりが搭載されているモデルを選びましょう。

大体10~13万円くらいの価格帯ですね。一切ストレス無くプレイできますよ!

APEXで240hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC

APEXを240Hzでプレイするのであれば以下のゲーミングPCがおすすめです。

Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介
製品名グラボ
GALLERIA ZA9C-R37GeForce RTX 3070 
GALLERIA XA7C-R37GeForce RTX 3070

GALLERIA ZA9C-R37 Z590搭載

製品名
GALLERIA ZA9C-R37
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i9-12900K
GPUGeForce RTX 3070
マザーボードIntel Z590
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格329,980円(税込)
公式HP公式HPを見る

GALLERIA ZA9C-R37は「Core i9-12900K」「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCになります。

CPUは最も新しい世代のものを搭載してるので今後発売される高負荷のゲームにも耐えうる性能があり、将来性を考えるとおすすめの一台です。

強力なCPU性能とGPU性能を持つハイエンドゲーミングPCで、どんなゲームタイトルであっても高fpsを維持したまま快適にプレイ可能です。

水冷ファンが搭載されており、冷却性能が高いので長時間ゲームをする方におすすめです。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでこのゲーミングPCの詳細を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

GALLERIA XA7C-R37

製品名
GALLERIA XA7C-R37
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3070
マザーボードIntel H570
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格269,980円(税込)
公式HP公式HPを見る

GALLERIA XA7C-R37は「Core i7-11700」「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCになります。

先ほど紹介したGALLERIA ZA9C-R37よりCPU性能は落ちますが、6万円安価に購入できるのが魅力です。

このPCでもAPEXであれば240fpsを安定して出せるので、コストを抑えたい方にはおすすめのモデルです。

PCのスペックが高く、ゲーム配信や動画編集にも挑戦できそうです!

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでこのゲーミングPCの詳細を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

フォートナイトで240hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC

フォートナイトを240Hzでプレイするのであれば以下のゲーミングPCがおすすめです。

【勝てる】フォートナイトにおすすめの最強ゲーミングPCまとめ!144fps・240fpsが出るPCを選ぼう
製品名グラボ
GALLERIA XA7C-R37 GeForce RTX 3070
G-GEAR GA5A-H202/XTGeForce RTX 3080

GALLERIA XA7C-R37

製品名
GALLERIA XA7C-R37 
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3070 
マザーボードIntel H570
メモリ16GB 
SSD1TB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BROZE
光学ドライブなし
価格269,980円(税込)
公式HP公式HPを見る

先程APEXで紹介したPCと同じゲーミングPCになります。APEXとフォートナイトで求められるスペックがあまり変わらないので、フォートナイトでもXA7C-R37はお勧めです。

RTX 3070を採用しているので、ゲームプレイ時には安定してより高いfpsを叩き出してくれます。

フォートナイトであれば高解像度で240Hzは余裕で出ますね。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでこのゲーミングPCの詳細を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

G-GEAR GA5A-H202/XT

製品名
G-GEAR GA5A-H202/XT
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen5 3600XT
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードAMD X570
メモリ16GB 
SSD500GB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源750W ATX 80PLUS GOLD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
価格219,780円(税込)

G-GEAR GA5A-H202/XTは「Ryzen5 3600XT」「RTX 3080」を搭載したゲーミングPCになります。

搭載されているRTX 3080は3070 Tiと比べて1割程度性能が高いハイエンドグラボですが、CPU性能がボトルネックになっているので、おすすめ度は多少下がります。

\高品質で信頼性No.1のPCはTSUKUMO/

TSUKUMO公式を見る

MEMO
多くのBTOメーカーでゲーミングPCの値上げが続いているので、早急に購入することをおすすめします。

シージで240hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC

フォートナイトを240Hzでプレイするのであれば以下のゲーミングPCがおすすめです。

【プロ御用達】R6S(レインボーシックスシージ)の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCまとめ|144Hzが勝敗を決める
製品名グラボ
GALLERIA ZA9C-R38GeForce RTX 3080
G-GEAR GA7J-I202/ZTGeForce RTX 3080

GALLERIA ZA9C-R38 第11世代Core /ASRock Z590搭載

製品名
GALLERIA ZA9C-R38
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-11900K
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel Z590
メモリ16GB 
SSD512GB M.2 NVMe SSD
HDDなし
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格339,980円(税込)
公式HP公式HPを見る 

GALLERIA ZA9C-R38は「Core i9-11900K」「RTX 3080」を搭載したゲーミングPCになります。

価格こそ高いですが、性能は現行最強レベルです。4Kで快適にプレイできないゲームはほぼなく、240Hz以上余裕で叩き出せるくらいの性能は持っています。

また他のFPS・TPSも240Hzを安定して出せるかつ、ライブ配信も可能なスペックがあります。

MEMO
ネックは価格ですが、長い期間一線で活躍してくれますのでおすすめです。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでこのゲーミングPCの詳細を見る

MEMO
ゲーム需要の高まりにより、ゲーミングPCの在庫がなくなってきているので早急に購入することをおすすめします。

G-GEAR GA7J-I202/ZT

製品名
G-GEAR GA7J-I202/ZT
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700K
GPUGeForce RTX 3080
マザーボードIntel Z490
メモリ16GB 
SSD500GB M.2 NVMe SSD
HDD2TB
電源650W ATX 80PLUS BRONZE
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
価格246,800円(税込)

G-GEAR GA7J-I202/ZTは「Core i7-10700K」「RTX 3080」を搭載したゲーミングPCになります。

25万円を切りながらこれだけのスペックを搭載しているのは非常にコスパが高く、なるべく価格を抑えつつ4Kゲーミングをしたい方にはかなりおすすめのモデルとなっています。

\高品質で信頼性No.1のPCはTSUKUMO/

TSUKUMO公式を見る

MEMO
多くのBTOメーカーでゲーミングPCの値上げが続いているので、早急に購入することをおすすめします。

Valorantで240Hz出るグラボ搭載のおすすめゲーミングPC

Valorantoは低スペックPCでも快適にプレイできるタイトルです。

ただ、240Hz出すとなると、ある程度のスペックは必要です。以下のモデルであればしっかり240Hz以上出せるので、それぞれ解説していきます。

GALLERIA XA7C-R36T

製品名GALLERIA XA7C-R36T
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
マザーボードインテル H570 チップセットATXマザーボード
メモリ16GB
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
電源650W 静音電源 80PLUS BRONZE
光学ドライブなし
価格229,980 円(税込)
公式HP公式HPを見る

GALLERIA XA7C-R36Tであれば容易に240Hz以上を叩き出すことが可能です。

解像度フルHD( 1920×1080)だけでなくWQHD( 2560×1440)でも240fps以上出ますから、4K環境でプレイしない限りGALLERIA XA7C-R36Tを選択しましょう。

\激安ハイスペックPCはドスパラだけ/
ドスパラでこのゲーミングPCの詳細を見る

G-GEAR mini GI7J-D212/T

製品名G-GEAR mini GI7J-D212/T
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060
マザーボードインテル B560 チップセットMini-ITXマザーボード
メモリ16GB
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
電源750W 80PLUS GOLD
光学ドライブなし
価格194,800 円(税込)

G-GEAR mini GI7J-D212/Tは先程ご紹介したモデルよりワンランク下のスペックになります。

1万円安くなっていますが、RTX3060TiからRTX3060に下がってますね。

RTX3060ですと、WQHDで240fps以上出すのはギリギリ厳しいですが、ほんの僅か設定を下げれば可能です。少しでも価格を抑えたい方はG-GEAR mini GI7J-D212/Tを選びましょう。

\高品質で信頼性No.1のPCはTSUKUMO/

TSUKUMO公式を見る

グラボでPCを選ぶ際の注意点

グラボは予算内で一番性能の高いものを選ぶのが一番です。

下手に妥協して性能の劣ったモデルを選んでしまうと、思い描いていた環境とは違った風になる場合があります。

もし予算があまりない…という方はドスパラなどのBTOショップで頻繁に開催されるセールを狙うのがいいでしょう。かなり安く購入できます。

特に季節の節目は大型セールが開催されるのでチェック必須です。

まとめ

ゲーミングPCでは完全に「大は小を兼ねる」が当てはまります。グラボのグレードを一段階上げるだけでも、できることの幅がかなり広がるんです。

買えるのであれば予算内で一番性能の高いモデルを選びましょう。より上位のゲーマーを目指すのであれば性能の高いゲーミングPCは必須です。

ぜひ本記事を参考にして、自分に合ったグラボ選びをしてみてください。

【最新版】144Hz出すために最適なグラボは?APEX・フォートナイト・FF14に最適なグラボを搭載したゲーミングPCを紹介 FPSで勝ちたい人必見!FPSのためのおすすめゲーミングpcやフレームレート(fps)の値について解説 【おさえておきたい】CPU温度をゲーム中に確認するには?CPUの適正温度から高温時の対処法まで全てを解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。