ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【全てがわかる】BF5(バトルフィールド5)を快適にプレーできる推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを徹底解説

BF5は2018年の発売以降、未だに根強い人気を誇るFPSの超大作です!

最大64人対戦の大規模戦闘や、第二次世界対戦をリアルに体験できるなどの魅力から、プレーしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなBF5を快適にプレーするには、高性能なゲーミングPCが必要です。

この記事では、BF5の必要スペックや最高スペック、BF5を快適にプレーできるおすすめゲーミングPCも紹介します!

BF5を快適にプレーできるPCを知りたい人や、BF5をプレー中に重いと感じることがある人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

BF5とは?

BF5は、エレクトロニック・アーツの大人気FPSシリーズ「バトルフィールド」の13作目に当たるタイトルです。

ヨーロッパ戦線や日本の硫黄島を舞台に、歩兵・戦車・戦闘機などを駆使しながら第二次世界大戦を戦い抜きます。

そんなBF5は日本のみならず、世界中で人気のあるタイトルで、美しいグラフィックやリアルな戦闘描写がユーザーの心を鷲掴みにしました。

ゲームモードのひとつでもある「コンクエスト」は、最大64人で対戦できて大迫力なんですよね。

BF5の最低・推奨・最高スペックは?

ここからは、BF5をプレーするためにのスペックを解説します。

最低・推奨・最高スペックの3つ分けて解説するので、プレー頻度や予算に合わせつつ、参考にしてください。

最低スペック

OS:Windows 7、Windows 8.1、Windows 10各64ビット版
CPU(AMD):AMD FX-8350
CPU(Intel):Core i5 6600K
メモリ:8GBのRAM
グラフィックカード(NVIDIA):NVIDIA GeForce® GTX 1050 / NVIDIA GeForce® GTX 660 2GB
グラフィックカード(AMD):AMD Radeon™ RX 560 / HD 7850 2GB
DirectX:11.0互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続
ハードディスク空き容量:50GB

引用:「BATTLEFIELD V」PC版必要動作環境

あくまで「最低スペック」なので、このスペックと同等のPCでは、ラグやカクツキが出ることもあります。

推奨スペック

OS:Windows 10 64ビット版以降
CPU(AMD):AMD Ryzen 3 1300X
CPU(Intel):Intel Core i7 4790または同等の性能
メモリ:12GBのRAM
グラフィックカード(NVIDIA):NVIDIA GeForce® GTX 1060 6GB
グラフィックカード(AMD):AMD Radeon™ RX 580 8GB
DirectX:11.1互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続
ディスク空き容量:50GB

引用:「BATTLEFIELD V」PC版必要動作環境

このスペックがあれば、快適にプレー可能です。しかし、CPUはIntel Core i7 4790以上が推奨など、ハイスペックなPCを要求されます。

最高スペック

OS:Windows 10 64bit版以降
CPU(AMD):AMD Ryzen 7 2700または同等の性能
CPU(Intel):Intel Core i7 8700または同等の性能
メモリ:16GB RAM
グラフィックカード(NVIDIA):NVIDIA GeForce® RTX 2070
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続
ディスク空き容量:50GB

引用:「BATTLEFIELD V」PC版必要動作環境

最高スペックは最高画質で楽しみたい人や、競技シーンに挑戦したい人向けのスペックです。

BF5におすすめのゲーミングPC

BF5におすすめのゲーミングPC

ここからは、BF5を快適にプレーできるゲーミングPCを紹介します!

BF5は求められるスペックが高いので、快適にプレーしたい人は高性能なゲーミングPCの導入がおすすめです。

Galleria(ガレリア)UA9C-R38

製品名Galleria(ガレリア)UA9C-R38
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10900K.
GPUGeForce RTX 3080 10GB GDDR6X.
マザーボードZ590 チップセットATXマザーボード
メモリ32GB DDR4 SDRAM.
SSD1TB NVMe SSD
HDD2TB HDD
電源750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
光学ドライブ無し(カスタマイズで選択可能)
価格355,980円(税込)

Galleria(ガレリア)UA9C-R38は、BF5の最高スペックをクリアした高性能ゲーミングPCです。

BF5の最高設定で快適にプレーできるので、予算に余裕がある人や、美しいグラフィックでプレーしたい人は導入されてみてはいかがでしょうか。

 

激安ハイスペックPCはドスパラだけ!

ドスパラ公式でゲーミングPCを見る

MEMO
今後もドスパラのゲーミングPCは価格が高騰していくことが考えられるので、早急に購入することをおすすめします。

Galleria(ガレリア) XA7C-G60S

製品名Galleria(ガレリア) XA7C-G60S
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700
GPUGeForce GTX 1660 Super
マザーボードH470 チップセットATXマザーボード
メモリ16GB DDR4
SSD512GB  NVMe SSD
HDD無し
電源650W BRONZE
光学ドライブ無し(カスタマイズで選択可能)
価格128,980円 (税込)

Galleria(ガレリア) XA7C-G60Sは、低価格ながらもBF5の推奨スペックをクリアしているゲーミングPCです。

フルHD・60fpsくらいの設定であれば快適にプレーできるので、お手軽に始めたい人は検討してみてください。

 

激安ハイスペックPCはドスパラだけ!

ドスパラ公式でゲーミングPCを見る

MEMO
今後もドスパラのゲーミングPCは価格が高騰していくことが考えられるので、早急に購入することをおすすめします。

Galleria(ガレリア) XA7C-R37

製品名Galleria(ガレリア) XA7C-R37
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700
GPUGeForce RTX 3070 8GB GDDR6
マザーボードH570 チップセットATXマザーボード
メモリ16GB DDR4
SSD512GB  NVMe SSD
HDD無し
電源650W 静音電源
光学ドライブ無し(カスタマイズで選択可能)
価格229,980 円(税込)

Galleria(ガレリア) XA7C-R37は、先ほど紹介した2つの中間モデルです。

BF5の最高スペックをクリアしており、最高設定でも快適にプレーできるでしょう。

Galleria(ガレリア)UA9C-R38との違いはHDDが非搭載であることや、SDDの容量が少ないことが挙げられます。しかし、PCにストックしておくゲームが5本前後の人は、Galleria(ガレリア) XA7C-R37でも十分です。

 

激安ハイスペックPCはドスパラだけ!

ドスパラ公式でゲーミングPCを見る

MEMO
今後もドスパラのゲーミングPCは価格が高騰していくことが考えられるので、早急に購入することをおすすめします。

BF5ではCPUのボトルネックに注意

BF5ではCPUのボトルネックに注意

BF5では、CPUのボトルネックに注意してください。

CPUのボトルネックを簡単に解説すると、GPUの性能に対し、CPUの性能が低すぎると、GPUが本来の性能を発揮できない現象のことを指します。

ボトルネックの例を挙げると、「GeForce RTX 3080」といったハイスペックGPUに対し、CPUが「Core i3」や「Pentium」レベルの低スペックCPUの場合、「GeForce RTX 3080」の性能が発揮されず快適にプレーできません。

そのため、ボトルネックを解決するには、CPUとGPU両方のスペックのバランス調整が大切です。

CPU選びに迷っている方必見!ゲーミングPCのCPU選びのポイントやおすすめCPUを紹介

BF5で良くある質問

最後に、BF5でよくある質問や疑問を解決していきましょう。

BF5はノートパソコンでプレー可能か?

結論、ノートパソコンでもプレー可能ですが、おすすめはできません。

なぜなら、同じスペックのデスクトップとノートパソコンの場合、パーツが精密になったりモニターが付くなどの理由で、ノートパソコンの方が高くなるからです。

また、ノートパソコンはパーツの交換が難しく、自分でやるのはあまり現実的ではありません。

そのため、ノートパソコンでもプレーはできるものの、デスクトップの方がおすすめです。

【寿命0年?】ゲーミングノートをおすすめしない7つの理由。絶対やめとけ?省スペースのおすすめゲーミングPCも紹介

BF5でCPU使用率100%になった時の対処法は?

BF5は処理の重いゲームなので、CPU使用率が100%になることもあるでしょう。

そんな場合は、以下の原因が考えられます。

  1. CPUのスペックが足りていない
  2. 他のアプリやソフトの負荷が大きい
  3. GPUの影響

【対処法】

1.CPUのスペックが足りていない→スペックを見直す必要がアリ。高性能なCPUに買い替えよう。

2.他のアプリやソフトの負荷が大きい→他のアプリやソフトを終了し、CPUの使用率を下げよう。

3.GPUの影響→高いfpsでプレーすると、CPUの使用率も上がる。fpsや画質設定を下げよう。

まとめ

まとめ

BF5を快適にプレーするためには、高性能なゲーミングPCが必要です。

公式サイトから必要スペックが公表されていますが、快適にプレーしたい人は「最低スペック」よりも「推奨スペック」を重視してください。

スペック不足のせいでラグやカクツキがあると、いくら楽しいBF5もストレスが溜まってしまいます。

「BF5を快適にプレーできるPCを知りたい」「ゲーム中に重いと感じることがある」人は、ぜひこの記事を参考に、快適にプレーできるゲーミングPCを導入してみませんか。

【勝てる】フォートナイトにおすすめの最強ゲーミングPCまとめ!144fps・240fpsが出るを選ぼう Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です