ゲーミングPCおすすめランキングを見る

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37のレビュー・評価!ドスパラの人気No.1モデルの性能と評価は?

  • GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37の性能について知りたい
  • FortniteやApexは快適にプレイできる?
  • 高リフレッシュレートモニターは使える?

本記事ではGALLERIA(ガレリア) XA7C-R37にスポットを当て、上記のような疑問にお答えしていきます。

ドスパラPCの中でも人気の製品で、快適にゲームができると言われていますが、実際にはどうなのか?詳しくみていきましょう。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37は買って良かった?

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37は「Core i7-10700」「RTX 3070」を搭載した、ハイエンドゲーミングPCになります。

予算20万円以下でゲーミングPCを探している人にとってはかなりピッタリなPCで、重めの作業用途にも対応できます。

ドスパラの売れ筋ランキングでも一位をとっており、非常に人気が高いのもポイント。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37の特徴をレビュー

ここからはGALLERIA(ガレリア) XA7C-R37の特徴を解説していきます。具体的には以下の通りです。

  • コスパ最強のRTX3070搭載
  • フレームレート240fpsを出せる高性能
  • USBポート8個搭載

コスパ最強のRTX3070搭載

RTX 3070は、かつての最上位グレード「RTX 2080Ti」とほとんど同じ性能でありながら、値段は半額というコスパに特化したグラフィックボードとなります。

「4K環境での快適なゲームプレイには最低10万円以上出さないと厳しい」というイメージでしたが、RTX 3070の登場で一気に変わりました。

また、RTX30シリーズでは「DLSS」「リアルタイムレイトレーシング」が強化されており、RTX20シリーズと比べて性能が向上しています。

レイトレーシング
光源などから出た光の屈折や反射をコンピューター上で計算をしてリアルな映像を作り出す技術
DLSS
GPUの負荷が大きいアンチエイリアシング(AA)を、ディープラーニングを利用して高精細かつ超高速で処理する機能

フレームレート240fpsを出せる高性能

RTX 3070は性能的には上位に位置しており、FHD〜WQHD環境であればほとんどのゲームで最高設定でプレイ可能です。

100fps以上軽々出してくれるので、高リフレッシュレートモニターを併用してのプレイも問題ありません。FHD環境であれば、ゲームによっては240fpsも狙えます。

以前であれば10万円を軽く超えるRTX 2080Tiが必要でしたが、今では10万円以下で実現できますね。

4K環境でも、タイトルによっては60fps以上出ますが「ARK Survival Evolve」「ウォッチドックス レギオン」などの重量級ゲームであればかなりfpsは落ちてしまいます。

注意
4K 最高設定で快適にゲームをプレイしたい場合はRTX 3080あたりを検討しましょう。

USBポート12個搭載

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37の主なインターフェースは以下の通りです。

  • PS/2 Mini DIN 6ピン
  • USB2.0 ×4
  • USB3.2 Gen1 ×2
  • USB3.2 Gen2(Type-A)×5
  • USB3.2 Gen2(Type-C)×1
  • ギガビットLANポート

背面部分にはUSBポートが8個搭載。ちなみに、基本構成だと有線しか使えないので、無線が使いたい場合は追加で付けないといけません。

また、前面コンソール部分には電源スイッチやリセットボタン、USB3.2(Gen1)ポートx4が搭載されており、全て合計すると12個USBポートがついていることになります。

背面の2ポートは最新のUSB3.2 Gen.2で、最大10Gbpsの高速転送に対応しています。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R 37の性能評価

ここからはGALLERIA(ガレリア) XA7C-R37の性能について以下の観点から見ていきます。

  • グラフィックボードの性能
  • CPUの性能
  • マザーボードについて

グラフィックボードの性能

RTX30シリーズではリアルタイムレイトレーシング機能が前世代と比べて向上しています。

リアルタイムレイトレーシングに対応している「Battle Field Ⅴ」のような負荷のあまり高くないゲームであれば、FHD〜WQHD・最高設定での快適なプレイが可能です。

4Kだとギリギリ60fpsに届かないくらいなので、少し厳しいですね

4Kなどの負荷の高いシーンであれば、RTX 2080Tiの方が少し優勢です。おそらく、RTX 3070のVRAM容量が8GBなのがボトルネックになっていると考えられます。

4K環境でのゲームプレイには少しパワー不足ではあるので、4K最高設定でのプレイを考えている方はRTX 3080以上をおすすめします。

CPUの性能

CPUには「Intel Core i7-10700」を採用しています。

性能的には、第9世代Core i シリーズ最上位モデルであるCore i9 9900Kと同じくらいの性能で、i9 9900Kよりも冷却効率やメモリ性能を改善したようなイメージです。

i9 9900Kと値段も変わりません

Core i7-10700はCore i7シリーズ初の8コア16スレッドに対応したCPUで、重量級ゲームや負荷の高いクリエイティブな用途にも対応できます。

RTX 3070との相性も良好で、ボトルネックになるようなことはなく、RTX 3070の性能を最大限まで発揮することが可能です。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37のマザーボードは?

マザーボードには「Intel H470 チップセット ATXマザーボード」が採用されています。

Intel H470 チップセットを搭載しているので、第10〜11世代のcpuに対応しており、メモリも4枚まで増幅可能です。

マザーボードはPCの性能にあまり影響しないので、特に気にする必要はありません。

現在、IntelのCPUは第11世代までリリースされています。H470は11世代に対応しているので、アップグレードも簡単です。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37はAPEX・Fortnite・FF14におすすめ?

ここからは、GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37で、現在流行しているAPEX・Fortnite・FF14がどれくらい快適にプレイできるのかを検証していきます。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37でこの辺りのゲームをプレイしたい方は、ぜひ参考にしてください。

APEX(エーペックス)のベンチマークスコア

※平均値になります。

最高設定175fps
中設定213fps
低設定251fps

FHD環境であれば常に144fps以上は出るので、144Hz対応の高リフレッシュレートモニターと併用してのプレイも快適です。

敵味方多くのプレイヤーが密集するような、負荷の高い場面でも安定したフレームレートを保てます。本気でランクマッチに取り組む方でも、一切ストレスを感じることなくプレイが可能でしょう。

Fortnite(フォートナイト)のベンチマークスコア

※平均値になります。

最高設定156fps
低設定286fps

Fortniteはそこまでスペックが要求されるようなゲームではないですが、建築や爆破のエフェクトなどが多く見られるため、フレームレートがなかなか安定しないものです。

ただ、Core i7-10700とRTX 3070を搭載しているGALLERIA XA7C-R37であれば問題ありません。

戦闘時でも常に144fps以上は安定して出ているので、非常に快適にプレイすることが可能です。

fpsゲームにおいては、フレームレートが安定しているかは非常に大きなポイントですね。

FF14のベンチマークスコア

FHD最高設定11161 (非常に快適)
4K最高設定19799 (非常に快適)

FF14に関してはベンチマークテストが行えるので、そちらで検証しました。

結果としては4K最高設定でも「非常に快適」という評価です。

大体、スコアが8500程度であれば60fps以上は安定します。

FF15であればまた結果は異なりますが、負荷の小さいFF14であれば、GALLERIA XA7C-R37のスペックは過剰かもしれません。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37のモニターは144Hz・240Hzを選ぶべき

MEMO
「ゲームのフレームレート」とは、「ゲーム機(ゲーミングPC)が一秒あたり何枚のフレームをモニターに出力できるか」という数値になります。

数値が高くなればなるほど描写がヌルヌルになり反応速度が上がるので、FPSゲームにおいてはフレームレートが高い方が有利です。

ただ、モニター側が60Hzではその真価は発揮できません。GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37のようなハイエンドゲーミングPCであれば、144Hzや240Hzといった高リフレッシュレートモニターを使うのがおすすめです。

60Hzと比べると見違えるほどに変化が分かるので、少しでも価値にこだわる方はぜひ導入してみてください。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37のおすすめカスタマイズ

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37には無線LANは標準搭載されていないので、もし無線で繋げたい方は別途追加でつける必要があります。

ただ、ゲーミングPCは持ち運んだりするものではないので、ずっと家に置いておくのであれば有線LANでいいでしょう。

FPSを無線でプレイするのも微妙ですしね。

また、動画編集などのゲーム以外の用途でもしっかり使いたいと言う方であれば、メモリを32GBにアップグレードするのもおすすめ。エフェクトを多用する4K動画編集では16GBだと性能不足です。

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37 ぶいすぽっ!&ブイアパ イベント限定コラボモデル販売中!

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37にはバーチャルe-Sportsプロジェクト「ぶいすぽっ!」とのコラボモデルが存在します。

ぶいすぽっ!&ブイアパ イベントとは
バーチャルe-Sportsプロジェクト「ぶいすぽっ!」とのコラボ配信イベント第2弾として、774inc.のVtuber4名を加えたダブルキャストで行われた「【ぽパ交流戦】GALLERIA presentsぶいすぽっ!&ブイアパ『Apex Legends』10時間耐久リレー~ちゃんぽん15杯リベンジも~」のことです。

通常モデルのGALLERIA(ガレリア) XA7C-R37との大きな違いは以下の点になります。

  • オリジナルステッカー同梱
  • 専用壁紙がプリインストールされている

まとめ

ここまでGALLERIA(ガレリア) XA7C-R37について解説・紹介しました。特徴をまとめると以下の通りです。

  • FHD〜WQHD環境であれば高リフレッシュレートモニターも使用可能
  • 4K環境でも設定次第で快適にプレイできる
  • 予算20万円以下であればいい選択肢

 

ドスパラ公式サイトでゲーミングPCを見る

 

GALLERIA(ガレリア) XA7C-R37は高性能と低価格を両立しており、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで、全てのタイプのゲーマーにおすすめできるゲーミングPCです。

もっと快適にFPSゲームがしたい方や、流行りのゲームタイトルを思う存分にプレイしたい方は、ぜひドスパラをチェックしてみてください。

【震えた】「ドスパラPCだけはやめとけ」は正しい?本当にドスパラのゲーミングPCは選んではいけないのか解説! 【2021年】ドスパラのゲーミングPC(ガレリア)のおすすめ5選!ゲーム別のおすすめや初心者が押さえたいポイントも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です