ゲーミングPCおすすめランキングを見る

gtx1650tiの性能比較レビュー!Apexやフォートナイトのベンチマークを検証してみた

「GTX 1650TIでApexは満足に遊べる?」「GTX 1650TI搭載のゲーミングノートの性能は買い?」

PCゲームを遊ぶ上で非常に大切なグラフィックボード(GPU)。ゲーマーの多くの人が、「グラフィックボード=高額」というイメージをお持ちなのではないでしょうか。

しかし、全てのグラフィックボードが高額というわけではなく、高いスペックを求めなければそこまで値が張るものではありません。

今回はそんなグラフィックボードの中から、「GTX 1650TI」の性能を徹底解説します。リーズナブルで性能の良いグラフィックボードを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

正直、GTX1650TIは買って良かった?

GTX 1650TIは、ノートパソコン向けの小型グラフィックボードとしてリリースされたモデルです。

筆者は、GTX 1650TI搭載で総額10万円以下のノートPC、「GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)」を先日購入したのですが、正直買って良かったと思いました。

結論、GTX 1650TIの性能はそこまで高くありません。むしろ、補助電源なしで動くローエンドモデルという位置付けになっています。

筆者はGTX 1650TI搭載の「GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)」をサブ機として購入したのですが、移動先やホテルなどで快適にゲームをプレイできており、かなり満足です。

筆者は、フォートナイトなどの処理が軽めのゲームを主にプレーするので、処理が重いゲームをプレーされる人はストレスに感じるかもしれません。

GTX1650Tiの性能

続いて、GTX1650Tiの性能について解説していきます。

GTX1650Tiの具体的な性能は以下の通りです。

項目GTX1650 Ti
CUDAコア数1024基
動作クロック1200MHz
ブーストクロック1485MHz
メモリータイプGDDR6
メモリーインターフェース128bit
メモリーバス幅192GB/s
メモリー搭載量4GB
TGP35~55W

性能的にはローエンドモデルのグラフィックボードです。

価格が25,000円前後と非常にリーズナブルなことが特徴で、Core i5-10300Hとの相性が良いとされています。

GTX1650Tiの特徴

次に、他のグラフィックボードの比較を行っていきましょう。ここでは、上位モデルのRTX 2060との性能を表にまとめました。

項目GTX1650 TiRTX2070
CUDAコア数1024基1920基
動作クロック1200MHz1185MHz
ブーストクロック1485MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6GDDR6
メモリーインターフェース128bit192bit
メモリーバス幅192GB/s336GB/s
メモリー搭載量4GB6GB
TGP35~55W65~115W

やはり、RTX2060と比べると性能の差は歴然です。

しかし、RTX2060は価格が4万円台後半なのに対し、GTX1650Tiは25,000前後で販売されています。

価格が約2倍程違うので、この性能差であってもコスパの良いグラフィックボードだと言えるのではないでしょうか。

GTX 1650Tiのベンチマーク

続いて、GTX 1650Tiの主要ゲームベンチマークについて計測していきましょう。

今回は、以下の3つのゲームでベンチマークを計測していきます。

  • Apex Legends(エーペックス)
  • Fortnite(フォートナイト)
  • バトルフィールドV(BF5)

Apex Legends(エーペックス)

まず、Apex Legends(エーペックス)でGTX 1650Tiのベンチマークテストをするにあたり、用いたGPU以外のスペックは以下の通りです。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-9900K
チップセットインテル Z390 Express
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ240GB SSD
電源1000W 80PLUS PLATINUM認証

また、今回はApex側のビデオ設定を、画面モードをフルスクリーン、すべての項目を「高」に変更して最高設定になるようにしました。

その結果、「平均122」というフレームレートになりました。

その他のスペックが高いことも理由のひとるですが、GTX 1650Tiでもかなり快適にApexをプレイできます。

Apex Legendsに必要なpcのスペックは?Apexの推奨スペックとおすすめゲーミングPCを紹介

Fortnite(フォートナイト)

続いてFortniteで計測を行いました。

Fortniteは動作が軽いので、先ほどのメイン機ではなくサブ機でベンチマークテストを行うことに。

サブ機のスペックは以下の通りです。

CPUCore i7-10750H
GPUGeForce GTX1650Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
バッテリー約51Wh

また、Fortniteの画面設定は1920 x 1080の最高品質で測定。

その結果は、「平均80.2」

やはりFortniteは処理が軽いので、GTX 1650Tiでも60fpsは問題なく出せています。

【勝てる】フォートナイトにおすすめの最強ゲーミングPCまとめ!144fps・240fpsが出るを選ぼう

バトルフィールドV(BF5)

続いてバトルフィールドVにて計測です。

今回は先ほど同様サブ機にて計測を行いました。

その結果は、「平均62fps」

快適にプレイできる60fpsをギリギリクリアしているものの、処理が重くなってしまうとカクついてしまう場面もありました。

GTX 1650Tiは、バトルフィールドV以上に処理の重いゲームのプレイは少々厳しいかもしれません。

GTX1650TiをGTX1650、GTX1650Ti Max-Qと比較

続いて、GTX1650Tiを同じ価格帯であるGTX1650、GTX1650Ti Max-Qと比較を行ってみました。

その結果はこちらです。

 GTX1650TiGTX1650GTX1650Ti Max-Q
3dmark9,9009,2009,000
TDP55w50w50w
メモリ4GB4GB4GB
クロック数ベースクロック 1530 MHz/ブーストクロック 1725 MHzベースクロック 1395 MHz/ブーストクロック 1560 MHzベースクロック 1155 MHz/ブーストクロック 990MHz
価格25,609円23,147円見当たらず

このような結果になりました。

GTX1650シリーズはメーカーよる販売は既に終了されています。したがって、中古品からGTX1650搭載のPCを購入しなければ手に入れられません。

しかし、そのリーズナブルな価格は未だ健在なので、「安価でゲーミングノートが欲しい」という人におすすめのグラフィックボードです。

GTX1650 Tiを搭載したおすすめノートパソコン

ここからは、GTX1650 Tiを搭載したおすすめノートパソコンを4つ紹介します。

それぞれ10万円前後で購入できるので、リーズナブルにゲーミングノートが欲しい人は検討されてみてはいかがでしょうか。

  • LEVEL-15FX067-i7-RLSXM(パソコン工房)
  • GF75 Thin GF75-10SCSR-001JP(MSI)
  • Razer Blade Stealth 13(Razer)
  • GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

LEVEL-15FX067-i7-RLSXM(パソコン工房)

名称LEVEL-15FX067-i7-RLSXM
OSWindows 10 Home 64ビット(DSP)
チップセットインテル(R) HM470 チップセット
グラフィックGTX1650 Ti
HDD/SSD250GB NVMe M.2 SSD
外部端子ヘッドフォン / スピーカー出力×1 ,マイク入力×1 ,USB2.0ポート×1 ,USB3.1 Gen1ポート×2 ,USB3.1 Gen2ポート×1(TYPE-C) ,ディスプレイ出力(HDMI×1/Mini DisplayPort ×1)
バッテリー約8.9時間※JEITA測定法Ver.2.0準拠
寸法15.6インチ
保証1年間保証
価格115,478 円 (税込)

LEVEL-15FX067-i7-RLSXMは、パソコン工房が販売しているゲーミングノートです。

ハイパフォーマンスと省スペース性に優れるNVMe M.2 SSDを採用しており、高速動作を実現。コスパと性能に優れたGTX1650 Ti搭載モデルです。

GF75 Thin GF75-10SCSR-001JP(MSI)

名称GF75 Thin GF75-10SCSR-001JP
OSWindows 10 Home 64ビット(DSP)
チップセットインテル(R) HM470 チップセット
グラフィックGTX1650 Ti
HDD/SSD512GB(M.2 NVMe)/SSD
外部端子USB3.2 Gen1 Type-C ×1※2、USB3.2 Gen1 Type-A ×3、HDMI ×1、ヘッドホン出力 ×1
マイク入力 ×1
バッテリーリチウムイオン、51Whr、3セル、4,500mAh
寸法17.3インチ
保証製品本体国内保証:お買上げ日より2年間
修理:製品発売日から起算して3年間
ACアダプタ及びバッテリー:お買上げ日より1年間の国内保証
グローバルワランティー:お買上げ日より1年間
価格152,799円(税込)

GF75 Thin GF75-10SCSR-001JPは、CPUに第10世代 インテル Core i7を搭載したゲーミングPCです。

価格は15万円前後ですが、他のGTX1650 Ti搭載PCよりもスペックが高く、処理の重いゲームもサクサクプレーできるでしょう。

ApexやバトルフィールドVなどをプレーされる人におすすめのモデルです。

Razer Blade Stealth 13(Razer)

名称Razer Blade Stealth 13
OSWindows 10 Home 64ビット(DSP)
チップセット
グラフィックGTX1650 Ti
HDD/SSD512GB PCIe M.2/SSD
外部端子2x Thunderbolt™ 4 (USB-C™) + 電源、2x Type-A USB 3.1 Gen 1
バッテリー53.1Wh
寸法13.3インチ
保証購入より1年間
価格241,000円(税込)

Razer Blade Stealth 13は、世界的ゲーミングブランドのRazerが販売しているゲーミングノートPCです。

サイズが13.3インチと小型で持ち運びに優れています。移動先やホテルなどでゲームを楽しみたい人にピッタリのモデルです。

GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

名称GALLERIA GCL1650TGF
OSWindows 10 Home 64ビット(DSP)
チップセット
グラフィックGTX1650 Ti
HDD/SSD500GB NVMe SSD
外部端子USB2.0 x1/ USB3.2 gen1 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1/ HDMI x1/ miniDP x2
バッテリー53.1Wh
寸法15.6インチ
保証購入より1年間
価格98,978円(税込)

GALLERIA GCL1650TGFはドスパラが販売するGTX1650 Ti搭載のゲーミングノートです。

最大の特徴はその価格で、10万円以下でGTX1650 Tiを体験できます。CPUもCore i5-10300Hを採用しており、GTX 1650TIとの相性も抜群。

リーズナブルにゲーミングノートが欲しい人にピッタリのモデルです。

筆者はこのモデルを購入しました。軽いゲームなら全然問題なくプレーできるので、満足です。

GTX1650 Tiは補助電源なしでも快適にプレーできるのか

結論、GTX 1650TIは補助電源なし(バッテリーのみ)でも快適にプレーできます。

元々、ノートPC用に開発されたグラフィックボードなので、補助電源なしでのプレーを想定して作られているからです。

筆者も、バッテリーのみでフォートナイトなどをプレーしていますが、今のところ動作がカクついたりすることはありません。

GTX1650 Tiはロープロファイルに対応している?

GTX1650 Tiはロープロファイルに対応しています。

したがって、省スペースのゲーミングノートなどに適合可能なグラフィックボードです。

まとめ

今回は、リーズナブルな価格が特徴のGTX 1650TIを解説しました。

まとめると、

  • GTX 1650TIは25,000円前後で購入でき、コスパに優れる
  • 他のスペックにもよるが、Fortniteなどの軽いゲームであれば快適にプレー可能
  • 補助電源なしでもプレーでき、持ち運びたい人におすすめ

GTX 1650TIは販売終了になってからも、根強い人気があるグラフィックボードです。

リーズナブルで持ち運びがしやすいゲーミングノートをお考えの人は、ぜひGTX 1650TIを導入してみるのはいかがでしょうか。

【2021年最新】初心者向けゲーミングPCの選び方【10万以下も】 【勝てる】フォートナイトにおすすめの最強ゲーミングPCまとめ!144fps・240fpsが出るを選ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です