ゲーミングPCおすすめランキングを見る

光るゲーミングPCのおすすめは?光るPCの設定や自作でPCを光らせる方法も紹介

  • 光るゲーミングpcが知りたい
  • ゲーミングPCが光るのをなんとかしたい
  • なぜゲーミングPCは光っているの?

本記事では上記のような疑問についてお答えしていきます。

光るゲーミングPCを検討されている方や自作で光らせたい方などは、ぜひ参考にしてみてください。

光るゲーミングに注目が集まっている

光るゲーミングpc

数年前から魅力的なゲームタイトルが続々出てきている中、ゲーミングPCの需要も徐々に増えてきています。

ゲーミングPCといえばピカピカ光る筐体のデザインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。広告で流れるのもLEDを積んだPCばかりです。

最近ではSSDですら光りますからね

なぜゲーミングPCは光る?光るPCの設定

なぜゲーミングPCを光らせるかですが、「見た目や雰囲気がカッコいいから」以外ありません。普通に考えれば鬱陶しいだけなので、実用性はほぼないでしょう。

ただ、SNS映えしたり、置いておくだけでテンションが上がるのは間違いないです。単色で光らせておけばそこまで気になりません。

配信者の方ですと、配信映えするので光らせておく人も見かけますね。

PCを光らせたい場合はパーツについているスイッチで光らせるか、ソフトから光らせるかなどの方法があります。

例えば、ASUSの「AURA Sync」と言う機能に対応している製品だと、専用ソフト「AURA」から発光パターンやカラーを簡単に変えることができます。

光るおすすめのBTOゲーミングPC

ここからは、光るBTOゲーミングPCをいくつかご紹介していきます。具体的には以下の通りです。

  • G-Master Luminous Z490 RGB
  • G-GEAR Powered by Crucial GC7A-D204T/CP2
  • GK SERIES|フロンティア
  • 【Astromeda】White

BTOショップでは光るゲーミングPCのラインナップは少ないです。ぜひ買う際の参考にしてみてください。

G-Master Luminous Z490 RGB(生産終了)

名称G-Master Luminous Z490 RGB
価格313,320円
特徴Core i7-10700K、RTX 3070を標準搭載。4K環境を見据えたハイエンドゲーミングPC
サイズ幅215×奥行き480×高さ500mm

G-Master Luminous Z490 RGBは「Core i7-10700K」「RTX 3070」を標準搭載したハイエンドゲーミングPCになります。

4K環境で高リフレッシュレートモニターと併用してもほとんどのゲームを快適にプレイできる性能を持っており、あらゆる用途に対応可能。

前述した「AURA Sync」にも対応しているので、光り方のコントロールも自由自在となっています。価格は高いですが、ガチゲーマーの方にはおすすめできる一台でしょう。

G-GEAR Powered by Crucial GC7A-D204T/CP2(生産終了)

名称G-GEAR Powered by Crucial GC7A-D204T/CP2
価格239,800円
特徴Ryzen7 5800X、RTX 3080を標準搭載。4K環境を見据えたハイエンドゲーミングPC
サイズ幅200×奥行き450×高さ460mm

G-GEAR Powered by Crucial GC7A-D204T/CP2はCrucial製のメモリーとSSDを搭載したハイエンドゲーミングPCになります。

マルチスレッド性能が大きく向上したRyzen7 5800Xを採用しているので、動画のエンコードやレンダリングなどの場面では高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

搭載されているメモリやマザーボードすらも光る仕様。ケースもクリアパネルが使われているので外からもバッチリ見えます。

GK SERIES|フロンティア FRGKB550/A

名称FRGKB550/A
価格131,800円(税込)
特徴Ryzen5 5600X、GTX 1650を標準搭載。FHD環境を見据えたハイエンドゲーミングPC
サイズ幅209×奥行き381×高さ391mm

FRGKB550/Aは「Ryzen5 5600X」「GTX 1650」を搭載したミドルクラスのゲーミングPCになります。

FHD環境メインのゲームプレイであれば難なくこなせるような性能を持っています。設定を少し下げれば高リフレッシュレートモニターと併用してのプレイも可能です。

シングルスレッド性能が上がったRyzen5 5600Xを採用しているので、Core i5-10400を採用したモデルよりもゲーム性能は高くなっています。

Astromeda White

名称Astromeda White
価格240,000円
特徴Ryzen9 3900X、RTX 2060 SUPERを標準搭載。FHD〜WQHD環境を見据えたハイエンドゲーミングPC
サイズ幅201×奥行き489×高さ454mm

Astromedaはマイニングベース社のゲーミングPCブランドのことです。「スペックとデザイン性を兼ね備えたイルミネーションPC」をコンセプトにしており、ラインナップも派手目なものばかり。

価格帯も10万円台のものから50万円を越すものまでと、非常に幅が広いです。

外観も非常に洗練されたデザインになっているので、部屋のインテリアとしても十分合うような一台となっています。

LEDライティングは最大15パターンに対応し、マザーボードのLEDもソフトウェアで設定可能です

光るゲーミングPCを自作するには

ゲーミングpc自作

自作するのであれば光るゲーミングPCにするのは非常に簡単です。

  • メモリ
  • SSD
  • マザーボード
  • グラフィックボード
  • ケースファン
  • ケース

自作PCにおいてはPCを構成する一つ一つのパーツを自分で好きなように選択できるので、RGB LEDを搭載した上記のパーツをチョイスすればいいだけです。

ただ、せっかく使っているパーツを変えてしまうのに抵抗がある方は、PCケースにドレスアップ用のLEDを貼り付ければ手軽に光るゲーミングPCが作れます。

リモコンもきちんと付属してあるので、自分好みのカラーに変更可能です。Amazonで3000円程度で購入可能なので、ハードルも高くありません。

光るゲーミングPCはダサい?光るなという声も…

光る仕様にカスタムしている車を目にする機会もあると思います。外装にLEDを組み込んだ車であれば、人目に付くので、自分オリジナル仕様だと言うことをアピールできるでしょう。

ただ、ゲーミングPCにおいては基本的に家の小スペースに置いておくだけなので、自分くらいしか光る筐体を見る機会はありません。

自己満足の世界なので、光る意味とかを考えるのもまた違う気がします

ギラギラ光っているのはあまりカッコよくないという意見もよく見かけますが、この点に関しては人それぞれの感性によって異なります。

ゲーミングPCの光を消す方法

とりあえずBTOでゲーミングPCを買ったものの、常に光っていて鬱陶しいと思われる方もいるでしょう。

  • 対応ソフトから設定で消す
  • LEDケーブルを抜く
  • コントローラーでOFFにする

基本的には上記の方法で簡単に消すことが可能です。一番簡単な方法はLEDのケーブルを抜くことでしょう。

CPUファンクーラーやケースファンはマザーボードにLEDのケーブルを直接刺しているので、そのケーブルを抜くことでLEDの発光を消すことができます。

ソフトをインストールするのも良いですが、ある程度PCに関する知識がある方であればそちらの方が早いでしょう。

あわせてチェックしたい光るゲーミンググッズ

最後に、光るおすすめの周辺機器を3つほどご紹介します。具体的には以下の通りです。

  • Razer Razer Kraken 7.1 Chroma
  • Logicool G G913 TKL
  • Razer BlackWidow Lite JP Mercury White

Razer Razer Kraken 7.1 Chroma|1600万色以上の色で光るヘッドセット

Razer Kraken 7.1 Chromaは仮想7.1chサラウンドに対応したUSBヘッドセットになります。

臨場感がとにかくすごく、背後から忍び寄る敵の足音も難なく聴き取ることが可能。音が重要なFPSゲームなどで真価を発揮してくれるようなヘッドセットです。

専用ソフト「Razer Synapse」を使うことで発光色を自由自在にカスタムできます。

Logicool G G913 TKL|光るテンキーレスキーボード

Logicool G G913 TKLは22mmとかなり薄い筐体のメカニカルキーボードになります。

テンキーレスなので非常に省スペース設計。22mmとかなり薄いので取り回しも楽な設計です。

専用ソフト「LOGICOOL G HUB」からRGB LEDを設定できるので、光るゲーミングキーボードでゲームをプレイすることができます。

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White|王道Razerの光るキーボード

Razer BlackWidow Lite JP Mercury Whiteはオレンジ軸を搭載した、Razerのメカニカルキーボードになります。

オレンジ軸はクリック感があまりなく、静音性に優れているのが特徴です。

白色の外観もあって非常にオシャレな風貌な一台。専用ソフト「Razer Synapse3」から自由に光らせることも可能です。

まとめ

光るゲーミングpc

ここまでゲーミングPCを光らせる方法や、おすすめの光るゲーミングPC、光るゲーミングデバイスなどをご紹介してきました。

光らせるかは人それぞれですが、せっかくゲーミングPCを買ったのであれば光らせるのもまた一つの楽しみ方でしょう。

ぜひ、ピカピカに光らせて、ご自分の満足のいくようなゲーミングPCに仕上げてみてください。

ゲーミングPCが買えるおすすめBTOメーカー13選|それぞれの特徴や評判を解説 かっこいいゲーミングPCを紹介!選び方も解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です