ゲーミングPCおすすめランキングを見る

水冷式ゲーミングPCとは?水冷式のおすすめゲーミングPCやデュアル水冷や空冷を比較

ゲーマーにとってPCの性能はとても重要なものです。PCの性能が低いと、動作がカクカクしてしまったり映像が遅れてしまったりする可能性があり、快適にプレイできません。1フレームの遅れで勝負に負けてしまうことも珍しくないので、PCの頭脳とも言えるCPUや、映像をきれいに見せてくれるGPUは特に大切です。

ですが、CPUやGPUに負荷がかかり発熱すると、せっかく高性能のものを搭載していても動作が悪くなってしまいます。

そこで活躍するのがCPUクーラーです。CPUクーラーはその名の通りCPUを冷やしてくれるもので、PCには欠かせない機能です。

今回は、そんなCPUクーラーについてくわしく解説します。おすすめのCPUクーラーを搭載したゲーミングPCもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでゲーミングPC選びに役立ててくださいね。

【2021年】小型ゲーミングPCのおすすめ5選!持ち運びもできる!

CPUクーラーは「水冷」か「空冷」?

CPUクーラー

PCは長時間稼働していたり、たくさんの機能を使ったりしていると、PC内部の温度が上がってしまいます。温度が上がると動作が遅くなり作業効率が悪くなります。画面がカクカクしてしまい、イライラした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

このようなストレスを無くすには、PC内部の温度を下げる必要があります。

このPC内部の温度を下げるための機能が「CPUクーラー」です。CPUクーラーには水を循環させて温度上昇を防ぐ「水冷式」と、直接空気を当てる「空冷式」があります。

水冷式クーラーとは

冷却水を循環させ続けることで、CPUの発する熱を冷却するシステムです。具体的には、まずCPUに密着した水冷ユニットに入っている冷却水が、CPUの熱を冷やします。次に、温まった冷却水はラジエーターに送られます。その後、冷却水は冷却ファンで冷やされ、再び水冷ユニットに戻っていくというシステムです。

水は熱を奪う効果が高く、水冷式クーラーの冷却効果は高いです。

常に作動していますが、作動音は気にならない程度。音が気になってゲームに集中できないという心配がありません。また、PCの弱点であるホコリを吸い込むことがなく、喫煙者でも安心して使えます。

反面、ホースが劣化するなどして水漏れしてしまうと、重大な故障の原因にもなります。

また、使い続けていると多少の水分が蒸発して漏れている可能性があるので、メンテナンスが必要であったり、冷却水の補充が必要であったりする場合があります。

それから、構造が複雑なのでコストが高く、自分で取り付けるのは難しいという側面もあります。

メリットデメリット
冷却効果が高い水漏れして故障する可能性がある
動作音が静か場合によってはメンテナンスが必要
喫煙者でも安心コストが高い
室内の温度に左右されない構造が複雑

デュアル(ダブル)水冷はより効果的

デュアル水冷式クーラーは、CPUだけでなく、GPUも冷却してくれます。メーカーによってはダブル水冷式クーラーと呼んでいる場合もありますが、機能は同じです。

ゲーミングPCに搭載されているGPUは、性能が良いほど映像を美しく動きをなめらかに見せてくれます。ですがその分、負荷が高くなり、発熱しやすいです。GPUが発熱したままの状態になると、映像が遅れてしまったりガクガクしたりするので、快適にゲームをプレイしたいなら、GPUの熱も取ってくれるデュアル水冷式クーラーがおすすめです。

値段が高くなるのがデメリットですが、デュアル水冷式を搭載しているゲーミングPCはCPUやGPUだけでなくPC全体のスペックが高い傾向にあるため、総合的に見るとコスパが悪いとは言えません。

ハイエンドのゲーミングPCの購入を検討している場合には、デュアル水冷式のCPUクーラーが搭載されているPCを選べば、まず失敗はないでしょう。

空冷式クーラーとは

空冷式クーラーは、ファンを回転させて空気を送ることで、CPUの発する熱を飛ばして冷却する、扇風機のようなシステム。最も使われているCPUクーラーで、部品が少なく、低コストであることが一番のメリットです。また、構造がシンプルなので故障のリスクも少なく、自分で取り付けることも可能です。

反面、空気を送っているだけなので、夏場の気温が高い日などには効果が薄いと言うデメリットがあります。

また、ファンが回転するときにPC外の空気を取り込むので、ホコリを吸い込んでしまったり、部屋でタバコを吸う場合にはPC内部のパーツにタバコのヤニがついてしまったりする可能性があります。

さらに、空気を送るときにファンが回転する音がします。CPUやGPUの性能が高まると、CPUクーラーも高性能のものが必要になります。高性能の空冷式クーラーはファンが大きくなるので、その分、回転した時の音も大きくなります。

メリットデメリット
低コスト夏場など室温が高いと冷却効果が出にくい
故障のリスクが少ないホコリを吸い込んでしまう
自分で取り付けられるファンが回転するときに音がする

おすすめ水冷式CPUクーラー搭載ゲーミングPC

おすすめ水冷式CPUクーラー搭載ゲーミングPC

おすすめの水冷式CPUクーラー搭載のゲーミングPCをご紹介します。主な性能や価格などを一覧表にしました。BTOのPCの場合、性能を細かくカスタマイズできるため、価格などが違う場合があります。あくまでも一例として参考にしてください。

Lenovo「Legion T750i – ブラック」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i7-10700K
SDD512GB
メモリ16.0GB DDR4-3200 DDR4 UDIMM 3200MHz (8GBx2) 専用ヒートシンク搭載
HDD2TB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
電源650W
CPUクーラー水冷式 Legion Coldfront 2.0冷却システム
価格(税込)200,693円〜
OSWindows 10 Home 64

パーツはほぼハイエンドのものが使用されているにもかかわらず、価格が20万程度と安く、非常にコスパが良いゲーミングPCです。

CPUクーラーは強化されたLegion Coldfront 2.0冷却システム。動作の速度を3段階で変えることができ、ゲームに集中したいときは低速で静かに、負荷をかける使い方をする場合には高速で使用するなど、ニーズにあった使い方ができます。

マウスコンピューター「G-Tune EP-Z」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i9-10900K
SDD1TB
メモリ32GB PC4-21300
HDD2TB
GPUGeForce RTX 3080
電源800W 80PLUS TITANIUM
CPUクーラー水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーター
価格(税込)329,780円〜
OSWindows 10 Home 64

最新のGPUであるRTX3080を搭載しているゲーミングPC。インテルCorei9のCPUと組み合わせることで、非常に高性能なPCになっています。電源も800Wあり、高負荷にも耐えられます。

また、SDD・HDD共に大容量で、重たいゲームでも安心して使用でき、間違いのないPCを選びたい方におすすめです。

HP「OMEN 30L Desktop」

おすすめ度★★★★☆
CPUインテル Core i7-10700KF
SDD1TB
メモリHyperX FURY DDR4 メモリ 32GB
HDD2TB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3080
電源750W 80PLUS Platinum
CPUクーラーCooler Master製 120mm水冷クーラー
価格(税込)329,780円〜
OSWindows 10 Pro (64bit)

グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな本体は、片面が透明になっており、筐体内部が外から確認できます。透明の板は簡単に外せるので、PC内のお手入れも手軽です。

水冷式のCPUクーラーは、ノイズと振動が少ないポンプで静音性に優れています。また、電源ユニットの安全動作温度は、50℃の高温度設計。長時間でも安定したゲームができます。

サイコム「G-Master Hydro Z490」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i7 10700K CometLake-S 搭載モデル
SDD512GB
メモリDDR4-2933 16GB(8GB×2)
HDD
GPUNVIDIA Geforce RTX 3080 10GB
電源850W
CPUクーラーサイコムオリジナルAsetek 650LS RGBポンプ仕様 + Enermax UCTB12P [水冷ユニット]
価格(税込)325,300円〜
OSWindows10 Home(64bit)

メンテナンスフリーの水冷式CPUクーラーは、デュアル水冷システム。CPUだけでなくGPUも冷却してくれます。厳選されたパーツを組み合わせたサイコム独自のシステムで、冷却性能が高いだけでなく、音も静かです。

パソコン工房「LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i9-10900K
SDD500GB
メモリDDR4-2666 DIMM 16GB(8GB×2)
HDD2TB
GPUNVIDIA GeForce RTX 3070
電源700W 80PLUS BRONZE
CPUクーラー12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー
価格(税込)214,478円〜
OSWindows10 Home(64bit)

非常にコスパが良く、評判の良いゲーミングPC。CPUクーラーはメンテナンスフリーなので、冷却水の補充などのお手入れをする必要がありません。

また、オプションでCPU冷却グリスをアップグレードできます。数度の温度差がPCの安定性や寿命に影響すると言われているので、末長く使いたい場合におすすめです。

DELL「ALIENWARE AURORA R11 スタンダード・RTX搭載」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i7-10700F
SDD
メモリHyperX FURY DDR4 2933MHz XMP 16GB
HDD2TB
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER 8GB GDDR6
電源1,000W
CPUクーラーAlienware ハイ パフォーマンス水冷システム
価格(税込)234,278円〜
OSWindows10 Home(64bit)

大手BTOメーカーDELLの水冷式クーラー搭載のゲーミングPC。カスタマイズの幅も広いので、自分に合ったPCが手に入ります。

最も特徴的なのは、電源がたっぷり1000Wあることです。高スペックのグラフィックカードを使用する際など、たくさんの電力が必要な場合にも安心です。

ドスパラ「GALLERIA ZA9C-R39」

おすすめ度★★★★★
CPUインテル Core i9-10850K
SDD1TB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
HDD
GPUNVIDIA GeForce RTX 3090
電源850W 80Plus Gold
CPUクーラーGAMMAXX L240 V2+(水冷CPUクーラー/RGB対応)
価格(税込)347,556円〜
OSWindows10 Home(64bit)

ゲーミングPCの最大手ドスパラの最上位モデルに、水冷式CPUクーラーを搭載できます。CPU、GPU共に最新のモデルなので、非常に優れた性能のPCです。

また、筐体前面のLEDライトは色をお好みで変えることができたり、コンソールパネルが45度の傾斜がついていたりと、デザイン性と使いやすさも追求されています。

まとめ

まとめ

高い負荷がかかるゲーミングPCには、CPUをしっかりと冷却してくれる、水冷式のCPUクーラーがおすすめです。また、長時間、高負荷でPCを稼働し続けるなら、デュアル水冷式クーラーを選ぶとよりスムーズにゲームが続けられます。ゲーミングPCの肝とも言えるGPUも一緒に冷却してくれので、作業効率がより良くなり、ストレスを感じません。

プレイしたいゲームの重さやプレイ時間、環境に合わせたゲーミングPCを選んで、ライバルに差をつけて快適なゲームを楽しみましょう。

予算20万円で買えるおすすめゲーミングPC5選!どれぐらいのスペックが買えるか解説 予算15万円で買えるおすすめゲーミングPCを紹介!コスパの良いBTOモデルが多い価格帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です