ゲーミングPCおすすめランキングを見る

G-GEAR GA7J-D194/Tの評価レビュー|初心者におすすめの低価格帯でコスパの良いゲーミングPC

  • G-GEAR mini GI5A-B204/Tは買いなの?
  • G-GEAR mini GI5A-B204/Tってコスパいいの?
  • G-GEAR mini GI5A-B204/Tってどんなスペックなの?

本記事ではツクモのゲーミングPC「G-GEAR GA7J-D194/T」にフォーカスを当て、上記のような疑問にお答えしていきます。

詳しく解説していくので、G-GEAR GA7J-D194/Tの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

G-GEAR GA7J-D194/Tのスペックと評価

CPUインテル Core i7-9700
マザーボードASUS PRIME H370-A (ATX)
メモリ16GB (PC4-21300、8GBx2)
グラフィックNVIDIA GeForce RTX 2060 / 6GB
ストレージ240GB SSD
1TB HDD
電源CWT製 700W 80PLUS BRONZE認証
OSWindows 10 Home (64ビット版)
保証持込修理保証 保証期間1年
価格134,800円(税込)

G-GEAR GA7J-D194/Tは「Core i7 9700」と「RTX 2060」を搭載したミドルクラスのゲーミングPCになります。

性能としては、WQHDの解像度でのゲームプレイなら十分に快適にこなせますが、4K画質でのプレイは少し厳しいと言ったところです。

価格を抑えるためなのか、Core iシリーズの第9世代を採用している点は注意が必要です。第10世代と比べてマルチスレッド性能が低いので、エンコードやレンダリング処理時には差が目立つでしょう。

MEMO

マルチスレッド性能が高いと、主に動画等のエンコードなどの膨大な処理が必要となる作業で有利になります。

対応しているゲーム

タイトル対応しているか設定
FF14★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
PUBG★★★★(最高設定では60fpsを切る
Apex Legends★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
Fortnite★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
VALORANT★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
ウォッチドックスレギオン★★★★(最高設定では60fpsを切る
アサシンクリードヴァルハラ★★★★(最高設定では60fpsを切る

4K最高設定などにしなければ、どのゲームでも快適にプレイすることが可能です。

G-GEAR GA7J-D194/Tに搭載されているCore i7 9700は、現行のCore i7-10700に比べてゲーム性能は落ちますが、大きな差ではありません。

Core i7 9700でもRTX2060の性能をきちんと発揮できるので、心配する必要はないでしょう。

G-GEARシリーズとは

G-GEARシリーズとは、ツクモのゲーミングパソコンにおける、スタンダードモデルのことです。

他にもG-GEARシリーズには2つのモデルがあり、以下の通りとなっています。

  • 小型サイズで非常にコンパクトな「G-GEAE-mini」
  • ハイエンド ゲーミングPCにふさわしい人気のマザーやパーツを使用した最上位フラグシップ「G-GEAR-Neo」

G-GEARはちょうど中間に位置しており、他の二つのモデルと比べて非常にカスタマイズの幅が広いのが特徴です。

最安構成だと約9万円から、一番高い構成だと約37万円からと、自分の用途に合わせて細かくカスタマイズできるので、BTO初心者の方から上級者までおすすめなシリーズとなっています。

G-GEAR GA7J-D194/Tの性能評価

ここからはG-GEAR GA7J-D194/Tの性能についてみていきます。

CPU / グラフィックボードについて詳しく解説していくので、G-GEAR GA7J-D194/Tを検討している方は参考にしてみてください。

グラフィックボードの性能

G-GEAR GA7J-D194/Tで採用されているグラフィックボードは「RTX2060」になります。

性能的にはGTX1070Tiと同等くらいで、RTXシリーズの中では一番価格が安くて手に入りやすいモデルです。

RTXシリーズなので「レイトレーシング」「DLSS」に対応していますが、「高設定で使うとなると」性能不足なので、実用的ではありません。

MEMO
レイトレーシング:空中を移動する光子の動き(光線)を追跡する手法のこと。光の表現が格段にリアルになるので、実写映像に限りなく近くなります。RTXシリーズのみ使える機能です
MEMO
DLSS:GeForce RTXシリーズのGPUが内蔵している機械学習向けアクセラレータ「Tensor Core」の機能を使って、高画質のアンチエイリアシングや高解像度化を行う技術のことです。

RTX2060は最新の技術もしっかり体験でき、なおかつ値段と性能のバランスが非常にいいグラフィックボードと言えるでしょう。

CPUの性能

G-GEAR GA7J-D194/Tには「Core i7 9700」が搭載されています。現行では第10世代が最新モデルですが、9700は第9世代と型落ちのCPUです。

第10世代は第9世代と比べて、ゲーミング性能やシングルスレッド性能が上昇、消費電力やマルチスレッド性能に関しては大きく上昇しています。

CGレンダリングや動画のエンコードも視野に入れている方は第10世代の方を強くおすすめします。

ゲーミングであれば特に大きな差はないものの、複数処理時などの場面では10世代に軍配が上がります。

ただ、第10世代は第9世代に比べて消費電力がかなり増えているので、発熱対策をきちんとしないといけません。

総合的な性能を評価

G-GEAR GA7J-D194/Tの総合的な性能としては、「4Kで快適にプレイするには性能不足。WQHDまでで快適にゲームをプレイしたい人向け」という感じです。

FHD環境であれば、高リフレッシュレートモニターなどを使用しても全く不満なくプレイできます。

4KでプレイするならRTX2060では厳しいでしょう。もっと画質を上げてプレイしたい方は上位グレードのグラフィックボードを選択することをおすすめします。

上位のグラフィックボードを選択するなら、CPUも相応のものにする必要が出てきますね。

また、G-GEAR GA7J-D194/Tはゲーム以外の用途もこなせる性能を持っています。4K30fps動画編集くらいまでなら問題ありません。

繰り返しにはなりますが、第10世代Core iシリーズの方がマルチスレッド性能は高いので、より負荷の大きい作業をするのであれば第10世代を搭載しているモデルを選びましょう。

G-GEAR GA7J-D194/Tの特徴と評価

ここからはG-GEAR GA7J-D194/Tの特徴と評価についてご紹介していきます。

  • 価格と性能のバランスは良い
  • 他モデルと比べると微妙な位置付け

G-GEAR GA7J-D194/Tの特徴は上記の通りです。それぞれ解説していきます。

価格と性能のバランスは良い

G-GEAR GA7J-D194/T価格を抑えるために、型落モデルであるRTX 2060及びi7-9700を採用しています。

フルHD環境ではほとんどのゲームを快適にプレイできるスペックでありながら、13万円台に押さえられているのでコスパ的にはいいモデルといえます。

ゲームはもちろん、動画編集や画像編集などの用途にもバッチリ適しているので、PC初心者の最初のゲーミングPCデビューにもおすすめ。

このPCから初めて、徐々にパーツをステップアップしていくという手もありますね。

他モデルと比べると微妙な位置付け

RTX2060は確かに、安い上に高性能なグラフィックボードです。ただ、RTX3000番台が登場したことにより、RTX2000番台の値段が軒並み下がりつつあります。

RTX 2070 SUPERなどはかなり値下がりしているのでかなり狙いやすくなりました。

今では2070 SUPERと2060 SUPERではあまり変わりません。

となれば、あえてRTX2060を搭載したゲーミングPCを選択するメリットは薄いと言えるでしょう。事実、RTX2060を搭載したモデルは減少傾向にあります。

G-GEAR GA7J-D194/Tと同じ価格帯のPCとして、パソコン工房の「LEVEL-M046-iX4-SAX-CR」があげられますが、スペックの差は歴然。

CPUCore i5-10400
グラフィックGeForce RTX 3060 Ti 8GB
メモリPC4-21300 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe対応 M.2 SSD
電源700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
価格138,578円(税込)

総合的にはCore i7-9700とRTX 2060を超える性能を持っているので、よりゲームを快適にプレイしたい方はLEVEL-M046-iX4-SAX-CRの方がおすすめです。

第10世代Core i5は前世代よりかなりパワーアップし、性能的にも優秀といえます。

RTX3000番台の登場で型落ちモデルが値下がりしつつある今、両手をあげておすすめできるPCかと言われると「微妙」と言わざるを得ません。

G-GEAR GA7J-D194/Tはどんな人におすすめか

G-GEAR GA7J-D194/Tは以下のような方におすすめのゲーミングPCです。

  • 予算14万円以内でゲーミングPCが欲しい
  • FHD環境メインのゲームスタイルのため、高スペックは不要
  • ストレージは多い方が良い
  • ゲーム以外の用途にも使う

FHD環境でゲームをプレイする方にとってはG-GEAR GA7J-D194/Tはかなりピッタリで、高リフレッシュレートモニターやレイトレーシング機能をONにしても快適にプレイ可能です。

Core i7-9700とRTX 2060を積んでいるので、動画編集や画像編集などのクリエイティブな作業にもある程度対応できます。

ただ、カスタマイズをしてしまうと割高になり、他のモデルよりコスパは悪くなってしまうので注意が必要です。

G-GEAR GA7J-D194/Tの評価まとめ

G-GEAR GA7J-D194/Tは決してコスパが悪いPCではありませんが、RTX 2070SUPERなどの上位モデルが続々値下げされている中、あえて選ぶメリットは薄いと言えます。

FHD環境に絞ってプレイするのであれば全く問題はありませんが、「もうちょっといい設定でプレイしたい」となった時にG-GEAR GA7J-D194/Tで足りるのかが懸念点です。

同じ価格帯でもっとスペックの良いゲーミングPCは普通に存在しているので、スペックを求める方であれば他のモデルを選ぶのが賢明です。ツクモのおすすめゲーミングPC記事で他のモデルも紹介しているのでチェックしてみてください。

TSUKUMO公式サイト

【2021】TSUKUMO(ツクモ)のおすすめゲーミングPC6選を紹介 G-GEAR GA7J-D194/Tの評価レビュー|初心者におすすめの低価格帯でコスパの良いゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です