ゲーミングPCおすすめランキングを見る

【プロ御用達】R6S(レインボーシックスシージ)におすすめのゲーミングPCまとめ|144Hzが勝敗を決める

リリースから5年以上が経過した今でもなお国内外で人気のあるFPS、R6S(レインボーシックスシージ)。

レインボーシックスシージをPC版でプレイしようと思うと、最低スペックや推奨スペックなどがあるため、何も見ずにゲーミングPCを購入するとゲームができなくなる恐れがあります。

そこで今回は、レインボーシックスシージのPC版をプレイするために必要なスペックから144Hz・240Hz出すために必要なスペック、R6SにオススメのゲーミングPCまでをご紹介します。

この記事を読んでおけばレインボーシックスシージをより楽しむことができますよ!

R6S(レインボーシックスシージ)PC版に必要なスペックは?

R6S(レインボーシックスシージ)を起動、実際に試合を行い動作させるためには最低限必要なスペックがあります。

公式が出している動作最低スペックをもとに144Hz・240Hzを出すために必要になるスペックを解説します。

自信が現在使っているPCが最低スペックだった場合、ゲームはできてもかなり動作が遅いなどの症状によりゲームに支障が出る可能性は高いので、しっかりと確認しておきましょう。

これからPCを買う人は推奨スペック以上のゲーミングPCを選ぶようにしましょう!

動作最低スペック(公式)

R6S(レインボーシックスシージ)の最低動作環境は下記のとおりです。

OS64-bit 版の以下のOSバージョン: Windows 7 SP1 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10
プロセッサーIntel Core i3 560 @ 3.3 GHz または  AMD Phenom II X4 945 @ 3.0 GHz *
RAM6 GB
ビデオカードNvidia GeForce GTX 460 または AMD Radeon HD5770 (1024MB VRAM)
ハードドライブ85.5GB
DirectX11
サウンドカードDirectX と互換性のあるサウンドカードと最新ドライバ
サポートしているコントローラーX-Inputと互換性があるもの
マルチプレイヤー256 kps アップストリームのブロードバンド接続

引用:Ubisoft『レインボーシックス シージ』の必要動作環境

レインボーシックスシージを正常に動作させるにはこれら「以上」のスペックが必要です。

レインボーシックスシージはPCゲームの中でも軽めなので、低スペックPCでも動作はします。しかし、低スペックPCだとPC自体の寿命が短くなったりゲームで勝てなくて嫌な思いをしてしまうことになるかもしれません。

しっかりとゲームを楽しみたいという方は最低でも次の動作推奨スペック以上のPCを選びましょう。

動作推奨スペック(公式)

次にR6S(レインボーシックスシージ)の動作推奨スペックは下記のとおり。

OS64-bit 版の以下のOSバージョン: Windows 7 SP1 / Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10
プロセッサーIntel Core i5-2500K @ 3.3 GHz または AMD FX-8120 @ 3.1 GHz
RAM8 GB
ビデオカードNvidia GeForce GTX 670 または AMD Radeon HD7970 / R9 280X 以上 (2048MB VRAM)
ハードドライブ85.5GB
DirectX11
サウンドカードDirectX と互換性のあるサウンドカードと最新ドライバ
サポートしているコントローラーX-Inputと互換性があるもの
マルチプレイヤー512kps アップストリームのブロードバンド接続

引用:Ubisoft『レインボーシックス シージ』の必要動作環境

上記表以上のスペックを持つゲーミングPCなら、すべての動作が正常に通常通りのレインボーシックスシージを楽しむことができます。

動作推奨スペックのPCでも楽しむ程度のゲームプレイが可能です。

レインボーシックスシージをPS4などの家庭用ゲーム機よりも楽しみたい、FPSが強くなりたいと思っている方は144Hz出すことができるゲーミングPCでのプレイをオススメします。

CPUやビデオカードの数字は大きくなるにつれて性能が良くなるよ!

フレームレート144Hzを出すのに必要なスペック

プロセッサーCore i5以上
ビデオカードGeForce GTX 1660 SUPER以上

※その他動作推奨スペックと同様

R6S(レインボーシックスシージ)は比較的軽めのゲームなのでミドルクラスのグラフィックボードでも144Hzでのゲームプレイは可能。

どちらか単体だと十分なフレームレートが出ない可能性が高いので、144Hz以上のフレームレートを出したい方はCPUとグラフィックボードはセットで考えましょう。

フレームレート240Hzを出すのに必要なスペック

プロセッサーCore i7以上
ビデオカードGeForce RTX 2070 SUPER以上

※その他動作推奨スペックと同様

240Hz以上のフレームレートを出すには「RTX 2060」以上のグラフィックボード、グラフィックボード同様にCPUの性能も底上げしなければいけません。

人間が認識できるフレームレートは144Hzまでといわれ、144Hz以上のフレームレートからは違いがわからないので最低でも144Hzのフレームレートは欲しいところですね。

R6S(レインボーシックスシージ)は絶対144Hz以上でプレイしよう

ゲーミングPCでR6S(レインボーシックスシージ)をプレイするなら必ず144Hz以上のフレームレートが出るものを選ぶようにしましょう。

ゲーミングPCには動作の軽さや遅延のなさなど様々なメリットがありますが、最大のメリットは「フレームレート」の上限です。現在では人気の家庭用ゲーム機「PS4」のフレームレートは60Hz、最近発売された「PS5」でさえも120Hzしか出ません。

フレームレートを簡単に例えると、パラパラ漫画の紙の枚数です。パラパラ漫画の紙が多ければ多いほど書いた絵の動きが滑らかに鮮明になりますよね?

レインボーシックスシージに限らず、ゲームではフレームレートが60Hzでは見えない敵の動きでも144Hzなら見えるという状況が多くあります。

さらにレインボーシックスシージのような細かい動作を要求されるゲームにおいては、「フレームレートが低いせいで勝てない」という状況に陥りやすいので、フレームレートは必ず144Hz以上出るものを選びましょう。

注意
144Hz以上出すためには144Hz以上出る性能を持つモニターが別途必要となります。(相場:2~3万円)
ゲームは勝てなきゃ楽しくないし、せっかくのゲーミングPCなら良いものを選びたいよね!

R6S(レインボーシックスシージ)におすすめのゲーミングPC

これまでに解説した「R6S(レインボーシックスシージ)に必要なゲーミングPCのスペックを踏まえて、コスパやリフレッシュレートなどそれぞれに適したオススメのゲーミングPCを5つご紹介。

  1. ドスパラ・ガレリアXF|240fpsも快適に動く
  2. ドスパラ・ガレリアRJ|144fpsに最適
  3. ツクモ・G-GEAR GA7J-F203/T|コスパモデル
  4. フロンティア・FRGAH470F/SG1|コスパモデル
  5. パソコン工房・LEVEL-R049-iX7K-VAXH-FB (父ノ背中コラボ)

それぞれのスペックや特徴を解説します。

ドスパラ・ガレリアXF(後継モデル)|240fpsも快適に動く

製品名GALLERIA XA7C-R70S
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700
GPUGeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ512GB NVMe SSD / HDD 無し
電源光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
光学ドライブ650W 静音電源
メーカー希望価格¥129,980 (税抜き)

ドスパラ・ガレリアXFの後継モデルとして登場したGALLERIA XA7C-R70S。

ガレリアのゲーミングPCではスタンダードモデルに位置づけされており、どのゲームもカクつくことなく快適にプレイ可能。

GPUにRTX 2070 SUPERを搭載しており、ほとんどのゲームで240Hz以上のフレームレートを出せます。

どれくらいのPCを選べいいかわからないという方はこれを選んでおけば後に後悔することはないですね。

ドスパラ公式サイト

ドスパラ・ガレリアRM5C|144fpsに最適

製品名GALLERIA RM5C-G60S
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10400
GPUGeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ512GB NVMe SSD / HDD 無し
電源光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
光学ドライブ550W 静音電源
メーカー希望価格¥85,980 (税抜き)

ガレリアRM5Cは144Hzを安定して出せるコスパの良いゲーミングPC。

スペックはゲームをするうえで何不自由ないクラスですが、配信や録画をするには少々足りない程度。

10万円以内で買えるゲーミングPCでは最強クラスの性能なので、初めてゲーミングPCを買うから安くてもちゃんと動くものが欲しいという方には特にオススメ。

ドスパラ公式サイト

ツクモ・G-GEAR GA7J-F203/T|コスパモデル

製品名G-GEAR GA7J-F203/T
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700F
GPUGeForce RTX 3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ500GB SSD / HDD無し
電源DVDスーパーマルチドライブ
光学ドライブ定格750W 80PLUS GOLD対応
メーカー希望価格¥170,728 (税抜き)

ツクモのG-GEAR GA7J-F203/Tは20万円未満のゲーミングPCながらに、配信や録画・動画編集などもサクサクできちゃう優れもの。

GPUにはRTX3070を搭載。現環境の中では最新のグラフィックボードでどんなゲームでもCPUにあまり負荷をかけずにプレイ可能です。

TSUKUMO公式サイト

フロンティア・FRGAH470F/SG1|コスパモデル

製品名FRGAH470F/SG1
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700F
GPUGeForce RTX 3070 8GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD / HDD 2TB 3.5インチ S-ATA
電源光学ドライブ無し (※カスタマイズで選択可能)
光学ドライブ850W ATX電源
メーカー希望価格¥172,800 (税抜き)

フロンティアのFRGAH470F/SG1はツクモ・G-GEAR GA7J-F203/Tと同様、20万円未満ながらに重いと思われがちな動画編集など様々な操作を滑らかにこなします。

黒を基調とした高級感のあるPCケースで、目立たない程度に入れられたアクセントの赤色がよりPCを惹きたてます。

フロンティア公式サイト

パソコン工房・LEVEL-R049-iX7K-VAXH-FB (父ノ背中コラボ)

製品名LEVEL-R049-iX7K-VAXH-FB
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700K
GPUGeForce RTX 3080 10GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージ500GB NVMe SSD / Serial-ATA HDD 2TB
電源DVDスーパーマルチ
光学ドライブ800W 80PLUS TITANIUM認証 ATX電源
メーカー希望価格¥229,880 (税抜き)

LEVELのR049-iX7K-VAXH-FB (父ノ背中コラボ)はプロゲーミングチーム父ノ背中とのコラボゲーミングPC。

GPUには今あるグラフィックボードの中では最強のGeForce RTX 3080を搭載。RTX3080は単体での購入もできないほどの人気グラフィックボードなので、売り切れ前に要チェックです。

 

R6S(レインボーシックスシージ)におすすめゲーミングPCまとめ

今回はR6S(レインボーシックスシージ)にオススメのゲーミングPCをご紹介しました。

レインボーシックスシージはゲームの中では軽めのゲームで、通常のゲーミングPCでも快適にプレイすることはできます。

しかし、0.1秒がカギとなるFPSなので最低でも144Hz以上のフレームレートを出せるPCを選びましょう。

予算がないからといって安めのゲーミングPCを買ってしまうと、フレームレートが出せなかったりカクついてしまったりするので、ゲーミングPCを選ぶ際は慎重に選びましょう。

予算20万円で買えるおすすめゲーミングPC5選!どれぐらいのスペックが買えるか解説 予算15万円で買えるおすすめゲーミングPCを紹介!コスパの良いBTOモデルが多い価格帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です