ゲーミングPCおすすめランキングを見る

FRGAH470F/SG1レビューと評価|フロンティアGAシリーズのコスパ面の優れたゲーミングPC

  • FRGAH470F/SGは買いなの?
  • FRGAH470F/SGってコスパいいの?
  • FRGAH470F/SGってどんなスペックなの?

本記事ではフロンティアのゲーミングPCである「FRGAH470F/SG」にフォーカスを当て、上記のような疑問にお答えしていきます。

FRGAH470F/SGについてしっかり解説していくので、FRGAH470F/SGを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フロンティア公式サイト

FRGAH470F/SG1のスペック

CPUインテル Core i7-10700F
CPUクーラー空冷CPUクーラー(サイドフロー)
チップセットインテルH470搭載マザーボード
メモリ16GB(8GB×2)PC4-25600(DDR4-3200)
グラフィックNVIDIA GeForce RTX 3070 8GB
ストレージM.2 NVMe SSD 512GB+HDD 2TB
電源850W ATX電源 80PLUS GOLD認証
OSWindows10 Home
保証一年間センドバック補償
価格197,800円(税込)

FRGAH470F/SGはCore i7-10700FとRTX3070を搭載した高性能ゲーミングPCになります。

RTX3070を積んでいるので、重めのゲームでも難なくこなすことが可能です。どのゲームでも安定して4K画質でプレイできるくらいなので、ゲーマーの方にも強くおすすめできるPCになります。

これだけの性能を持ちながら、税込でも20万円を切っているので、コスパ面でも非常に優秀なPCと言えるでしょう。

対応しているゲーム

タイトル対応しているか設定
FF14★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
PUBG★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
Apex Legends★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
Fortnite★★★★★(最高設定で60fps以上安定)
VALORANT★★★★★(最高設定で60fps以上安定)

主要人気ゲームタイトルをいくつかあげてみましたが、きちんと対応しています。また、どのゲームも最高設定で安定して60fps以上出るので、安定感も素晴らしいです。

ただ、RTX 3070に搭載されている「レイトレーシング機能」をONにした状態で4K画質を選択すると、フレームレートが著しく落ちてしまうタイトルが多いです。

とは言っても、最新のRTX3090でも4K+最高設定+レイトレーシングONで60fpsを切ることもあるので、なかなか難しいところ。

MEMO
レイトレーシングとは文字どおり、空中を移動する光子の動き(光線)を追跡する手法のことです。光の表現が格段にリアルになるので、実写映像に限りなく近くなります。RTXシリーズのみ使える機能です。

FRGAH470F/SG1の性能

FRGAH470F/SGに搭載されているパーツを解説しつつ、FRGAH470F/SGの評価について詳しくみていきます。

「どのくらいの性能を持っているの?」という疑問をお持ちの方は是非参考にしてみてください。

グラフィックボード

FRGAH470F/SGには、グラフィックボード「GeForce RTX 3070」が搭載されています。

GPU3D MarkCUDAメモリTDP値段
RTX 3090441001049624GB350W約22万円~
RTX 308041500870410GB320W約10万円~
RTX 30703314058888GB220W約6万円~7万円

RTX 3070はRTX2070の後継モデル。1世代前のGeForce RTX 2070の5割増くらいで、完全に旧世代を圧倒する性能です。

上位グレードにはRTX 3080や3090が存在しますが、どちらも10万円を超える価格です。3070は価格が安めに設定されていますが、その分少し性能は削られています。

かつての最上位グラボであるRTX 2080Tiと同性能でありながら、値段は半額以下という、恐ろしいコスパグラボになります。

CPU

FRGAH470F/SGに搭載されているCore i7-10700Fはデスクトップ向け、10世代Core i7シリーズのモデルになります。

前世代のCore i7 9700と比較すると、Core i7 10700の方が定格クロックが0.1GHz下回っていますが、最大ブーストクロックは0.1GHz上回ります。

スレッド数が倍になっているのも大きな進化ポイントです。

Core i7 10700FCore i7 9700F
世代第10世代
(Comet Lake-S)
第9世代
(Coffee Lake Refresh-S)
定格クロック2.9GHz3.0GHz
最大ブースト・クロック4.7GHz/4.8GHz4.7GHz
コア数88
スレッド数168
L2 キャッシュ256KB×8256KB×8
L3 キャッシュ16MB12MB
メモリータイプDDR4DDR4
最大メモリー速度2666MHz2666MHz
TDP65 W65 W

Core i7-10700Fは、前世代最上位のCore i9 9900Kを上回る性能を持ち、多くの高性能ゲーミングPCで採用されているCPUなので、性能としては非常に高いです。

また、4万円で購入できるのでコスパ面でみても悪くありません。発熱も少ないので、あらゆるシーンに対応できる万能なCPUと言えます。

総合的な性能

FRGAH470F/SGは重めのゲームからクリエイティブな作業まで難なくこなせる、非常に万能なPCと言えます。

高い性能が要求される4K環境でも、レイトレーシングさえOFFにしておけば安定したプレイが望めるので、ハードゲーマーの方にもおすすめです。

あまりPC選びに時間をかけたくない方にもおすすめできます。

FRGAH470F/SG1の特徴

ここからはFRGAH470F/SGの特徴についてご紹介していきます。FRGAH470F/SGの特徴はなんと言っても以下の二点です。

  • 価格と性能のバランスがとれたコストパフォーマンス
  • 安心の一年センドバック補償

それぞれ詳しくみていきます。

価格と性能のバランスがとれたコストパフォーマンス

Core i7-10700FとRTX 3070を搭載しておきながら税込でも20万円を切ってしまう、FRGAH470F/SGのコスパの良さは非常に魅力的です。

同じくらいの性能を持つ、「GALLERIA XA7R-R37」と比較してもFRGAH470F/SGの方が値段も安い上に、ストレージ容量も多いです。

GALLERIA XA7R-R37のスペックは以下の通りです

  • Windows 10 Home
  • Ryzen 7 3700X
  • GeForce RTX 3070 8GB
  • 16GBメモリ
  • 512GB NVMe SSD
  • HDD 無し
  • 192478円(税込)
FRGAH470F/SGの方が7000円程度安い上に、2TB HDDがついてきます。ただ、ガレリア専用ケースが欲しいのであれば別です。

予算20万円以内で4K画質でも快適にゲームをプレイしたい方は、FRGAH470F/SGが最適と言えるでしょう。

安心の1年センドバック補償

FRGAH470F/SGには、購入から1年間は無償で修理サービスを受けられる「1年センドバック補償」がついてきます。

MEMO
センドバック方式:リペアセンターに修理依頼品を送り、修理を実施してもらうサービスのこと

送料は自費負担ですが、PCが不調になった際は非常に便利なサービスです。自分で修理する場合、原因を突き止める作業から入らないといけなく、PC知識がある程度豊富な方でないと厳しいものがあります。

センドバック補償ですと、フロンティア側に送るだけで、原因を突き止め修理してくれるので負担は送料くらいで済みます。

オプションを追加すると、延長保証が可能なのでフロンティアでPCを買う際は是非ともつけておきたいサービスです。

FRGAH470F/SG1の総合評価

FRGAH470F/SGであれば、4K画質+レイトレーシング機能をONにしない限りは、ほぼ全てのゲームタイトルで60fps以上は余裕で叩き出してくれるでしょう。

本体価格も20万以下なので手は出しやすい方です。FRGAH470F/SGはこんな方におすすめと言えます。

  • とにかくハイスペックなPCが欲しい
  • 予算は20万円以下
  • RTXシリーズのレイトレーシング機能が使いたい
  • ゲーム以外にも負荷の大きな作業をよくする
  • 保証が手厚い方が良い

FRGAH470F/SG他メーカーの同じような性能のPCと比較してもFRGAH470F/SGのコスパは素晴らしいです。

20万円以下で高性能なPCを組みたい方はぜひ検討してみてください。

フロンティア公式サイト

フロンティア FRONTIER(フロンティア)の評判を徹底解説|安くてお得なおすすめゲーミングPCも紹介 フロンティア 【2021年版】フロンティアのおすすめゲーミングPCを紹介 ゲーミングPCが買えるおすすめBTOメーカー13選|それぞれの特徴や評判を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です