ゲーミングPCおすすめランキングを見る

PS5と一緒に買うべきおすすめ周辺機器・アクセサリーを一挙に紹介

PS5は発売されてからも手に入りにくく、圧倒的な人気が伺えます。PS5を手に入れた方もまだの方も、周辺機器について「選び方」や「必要なアイテムはどれか」悩んでいる方も多くいらっしゃることでしょう。

操作する上で大切なコントローラー周り・キーボード・ヘッドセット・外付けSSD・テレビやモニターなど気になるアイテムはさまざまです。

どんな周辺機器があるか、どの周辺機器を買えばいいかわからない方に解説します。

本記事ではPS5と一緒に買うべきおすすめの周辺機器やアクセサリーをご紹介します。

周辺機器をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

PS5と一緒に買うべきおすすめの周辺機器・アクセサリー

PS5の購入をお考えの方またはすでに購入済みの方が、一緒に買うべきおすすめの周辺機器・アクセサリーは以下の通りです。

おすすめの周辺機器・アクセサリー
  • コントローラー関連
  • ヘッドセット
  • HDカメラ
  • キーボード
  • 外付けHDD
  • 1対応HDMIケーブル
  • 4Kモニター
  • テレビ

それぞれ詳しく解説していきます。

コントローラー関連

PS5には本体とは別にワイヤレスの専用コントローラーが1つ付属されています。しかし、1つだけだと故障や不具合が起きた時すぐに対応できません。スペアとして別にコントローラーを準備することをおすすめします。

また、ゲームタイトルによってはローカルマルチプレイ(協力プレイ)に対応しているソフトがあります。2人でゲームをプレイするのなら、付属のコントローラーとは別に用意しておくといいでしょう。

MEMO
DualSense ワイヤレスコントローラーは、最大4台まで接続可能です。

DualSense ワイヤレスコントローラー

DualSenseはPS5専用のワイヤレスコントローラーです。手前側面には3.5mmのヘッドセット端子と内臓マイクがあります。接続可能なヘッドセットを繋げ、フレンドとボイスチャットしながらのプレイが可能です。

MEMO
とっさの時でも、コントローラー上部にあるミュートボタンを使えば、会話のオンオフができます。
左側にあるクリエイトボタンを押せば、プレイ中を録画したり配信したりできます。

内臓バッテリー・内蔵スピーカー・モーションセンサー機能で快適なプレイを叶えられます。

外形寸法幅160x高さ66x奥行106mm(突起部を除く)
重さ約280g
充電時間およそ3時間

DualSense 充電スタンド

ワイヤレスコントローラーは充電具合が心配になります。とくにFPSやMMOではゲームプレイ中の中断はさけるべきです。

DualSense充電スタンドがあれば、予備のコントローラーを常に充電しておけるので安心です。

DualSense充電スタンドは、オフィシャルの「DualSense ワイヤレスコントローラー」を乗せるだけで2台同時に充電可能です。本体と接続したときと同等の充電スピードなのが魅力です。

MEMO
充電スタンドがあれば、本体のUSBポートが1つあくので有効活用ができます。

見た目にも配線がすっきりし、ケーブルをコントローラーに挿す手間がいりません。

外形寸法幅52x高さ62x奥行159mm
重さ約180g

メディアリモコン

PS5はゲームをプレイするだけではありません。「Ultra HD Blu-ray」を搭載しいているので、Blu-rayを再生させるメディアプレイヤーとしても使えます。メディアリモコンは、メディアプレイヤーとしての再生・早戻しといった一般的な操作はもちろん、以下の動画配信コンテンツにボタン1つでアクセスできます。

ワンボタンで簡単アクセス
  • YouTube
  • NETFLIX
  • Spotify
  • Disney+

ゲームだけではなく動画配信コンテンツやBlu-rayをよく観るという方は、1つ持っておくと便利に使えます

外形寸法幅45x高さ145x奥行26mm(最大突起部を除く)
重さ約55g
注意
ただし、メディアリモコン単体ではゲームプレイできませんのでご注意ください。

コントローラー用カバー

ゲーム中手汗をかいたりホコリがついたりと、コントローラーは汚れがちです。特にPS5のコントローラーは白なので汚れも目立ちます。しっかりとしたグリップですが、手汗ですべってプレイを台無しにするといった懸念もあります。

ZtotopCase PS5コントローラーカバーは、薄くて軽いシリコン素材でできたコントローラーカバーです。表面に凹凸がついておりすべる心配を軽減させます。

注意
ただし、カバーをしたままで公式の充電器には乗せられません。購入の際はご注意ください。

アナログスティックカバー・グリップキャップ

折角の楽しいゲームもうっかり手が滑ってしまって操作ミスしては、気分も台無しになってしまいます。そんなときに便利なのがアナログスティックカバーやグリップキャップです。ゲームをしていて白熱した場面で手汗をかいても、滑りにくく操作性をアップさせるからです。

MEMO
特にFPSなどのシューティングやアクションでは、細かい操作を要求されます。

PS5コントローラー用プレイアップボタンセット(ブラック)は、シリコン製ですべりにくく操作性をアップさせるアイテムです。十字キー2種類・アナログスティック3種類で好みのボタンにカスタマイズします。

アナログスティックは高さを3種類から調整可能です。

ヘッドセット

PS5にはSONYが開発した「Tempest 3Dオーディオ」技術が搭載されています。ゲーム内のさまざまなサウンドをあらゆる方向から聞かせてくれる機能です。足音の方角がわかったり、水の流れる音がリアルに移動しながら聞けたりします。

音の聞き分けが瞬時にできるのはFPSをプレイする方には最適です。PS4よりも進化したサウンドエンジンの機能をすみずみまで堪能できるヘッドセットをご紹介します。

PS4にぴったりのおすすめゲーミングイヤホン10選!選び方も解説 ゲーミングイヤホンとは?普通のイヤホンやヘッドセットとの違いや選び方を解説

PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット

PULSE 3D ワイヤレスヘッドセットはPS5の公式ヘッドセットです。3Dオーディオのためにチューニングされ、ゲーム内サウンドが楽しめます。デュアルマイクによるノイズキャンセリング機能を搭載し、音声チャット時も生活音を拾いにくい構造です。

3.5mm端子でモバイルデバイスにも使え、付属のワイヤレスアダプターを使えば対応するWindowsまたはmacOSのPCにもつなげます。

マイクミュート・主音量・ゲーム内サウンド・ボイスチャット音声のミックス調整がゲームをプレイしながら簡単に行えます。また、マイクモニタリング機能があり、自分の声のチェックも可能です。

外形寸法幅213x高さ190x奥行91mm(最大突起部を除く)
重さ約292g

Logicool G933

ゲーミングデバイスを多く取り扱うロジクールのワイヤレスヘッドセットです。

RGBライティング対応のLogicoolヘッドセットです。マイクを跳ね上げるだけでミュート操作ができ、ブームのLEDライトで現在ミュートなのか確認もできます。Logicoolの保証が2年ついていて安心です。

外形寸法幅87x高さ195x長さ188mm(ケーブル長さ2m)
重さ約379g
連続使用時間約12時間

ASTRO Gaming A50WL-002

専用の充電台座にのせるだけで充電ができるタイプのワイヤレスヘッドセットです。ATH-G1WL 使用後にケーブルを挿し充電するのはひと手間かけるのは意外とわずらわしさがあります。しかし、「ASTRO Gaming A50WL-002」は、設置型の充電器なのでわずらわしさがありません。

音質についても音のバランス調整ができるMixAmpを搭載しています。そのため、音の質がよく足音などの細かな音も聞き逃しません。

FPSは少しの音も聞き逃さないのが重要なポイントです。

外形寸法幅88x高さ185x長さ180mm(ケーブル長さ2m)
重さ約305g
連続使用時間約15時間

HDカメラ

PS5専用HDカメラは、一般的な1980x1080ピクセル対応の配信用カメラです。ただ配信するだけではなく、配信者の顔の周りを切り抜きプレイ中の映像に合成できます。また、グリーンバックを使用すれば背景を透過することも可能です。まさに配信向きアイテムと言えます。

注意
ただし、2021年1月現在PS VRには対応しておりません。
外形寸法幅100x高さ41x奥行75mm(ケーブル長さ2m)
重さ約92g

キーボード

PS5でゲームをしたり、ゲームしながらチャットしたりするときに便利なのがキーボードです。ゲームの中でも特にFPSでは、キーボード+マウスでのプレイが推奨されています。

少しのタイミングで勝敗をわけるFPSでは、キーボードでもゲームに特化したゲーミングキーボードがおすすめです。

MEMO
FPSでは「複数のキーを同時押し」が有利なためです。一般的なキーボードと比べて反応速度が早いので、ゲーム向きと言えます。

キーボードを選ぶ際は、「打鍵感」「キーピッチ」「キーストローク」「キースイッチ」を意識して好みのタイプを選ぶと良いでしょう。

ゲーミングキーボードはいらない?強くなりたかったら購入すべき 【コスパ重視】安いおすすめゲーミングキーボード – 1万以下でも高機能

Razer キーボード BlackWidow Lite Mercury White

ゲーミング周辺機器を取り扱うRazerの限定カラーのモデルです。白を基調としたPS5と色を合わせるだけで、インテリアにマッチします。ゲーム中、キーの応答速度はFPSをプレイする上でとても重要なポイントです。

「Razer キーボード BlackWidow Lite Mercury White」は、応答速度はもちろん安定性にも優れています。おしゃれな外観だけではなく、機能性にも優れたゲーミングキーボードだと言えます。

MEMO
打鍵音が気になる方は、付属のO-リングを活用しましょう。
接続方法USB有線
テンキー有無
キースイッチメカニカル(オレンジ軸)
配列日本語配列
特徴個別バックライトキー

BUFFALO BSKBUG500BK

PC周辺機器メーカーのBUFFALOのゲーミングキーボードです。BUFFALOの公式サイトでは、PS5動作確認済とされています。最大の特徴は水温50℃以下の流水で丸洗いできるところです。ホコリ・皮脂などで汚れがちなキーボードもお手入れが簡単です。

注意
ただし、丸洗いの際は注意事項をよく読んでお試しください。

USB接続ですが、全エリア対応のNキーロールオーバーを搭載しています。10キー同時認識するのはFPSをプレイすることにおいて魅力です。

接続方法USB有線
テンキー有無
キースイッチメンブレン
配列日本語配列
特徴洗えるキーボード

外付けSSD

公式発表によればPS5の内臓SSD容量は825GBです。発売前に各メディアでは実機を用いて確認しています。825GBある内臓SSDですが、OSやシステム領域を除くと、自由に使えるストレージは約670GBです。ゲームタイトルによっては、容量が100GBに及ぶこともあります。

注意
ゲーム内で写真を撮ったり動画を撮ったりする場合、ストレージの容量が足りなくなる可能性があります。

そこでおすすめなのが外付けSSDの準備です。

BUFFALOのポータブルSSD480GBは、コンパクトで薄くそばに置いてもあまり目立ちません。衝撃吸収設計で、持ち運びにも安心です。

外形寸法幅75x高さ11.5x奥行117mm
重さ約110g

2.1対応HDMIケーブル

PS5から出力される美しい映像を4K 120hzで楽しむためには、2.1対応のHDMIケーブルが必要です。HDMI2.0では4K 120hzに対応していないからです。せっかくの画像も企画が古いケーブルでは十分な性能を発揮してくれません。

また、付属しているものとは別に、買い足しが必要になる場合も考えられます。

しっかりと対応しているアイテムを準備しましょう。

Snowkids HDMI 8k ケーブル PS5用は、最大8K7680x4320までサポートしています。高い解像度と速いリフレッシュレートでシャープな映像を実現します。下位互換もあるので安心です。

PS5対応の新規格HDMI2.1とは?2.0からの進化と機能について解説

4K対応モニター

PS5の映像出力仕様は以下の通りです。

PS5の映像出力仕様
  • 8K・4K・FHD対応
  • 4K・FHDで120Hz対応
  • 1対応

グラフィックの良いPS5でも、モニターのスペックが低いと残念な結果になってしまいます。スペックの高いPS5の映像をストレスなく映すには、専用のモニターが必要です。

おすすめのゲーミングモニターを2つご紹介します。

【2020年最新】ゲーミングモニターおすすめ15選

LG ゲーミングモニター 27GN950-B

27型の大画面で4K 144Hzのゲーミングモニターです。「LG ゲーミングモニター 27GN950-B」のIPS液晶の応答速度は1msあり、くっきりとした画像が高リフレッシュレートで楽しめます。よりリアルな映像なので、ゲームへの没入感が得られるでしょう。

また、IPS液晶なため動画などの映像コンテンツにも十分すぎるほどの性能です。

MEMO
IPS液晶は明暗の表現や色の美しさが特徴です。よりゲームの世界への没入感が得られます。

ASUS ゲーミングモニター 28型

LGのゲーミングモニターに比べて「ASUS ゲーミングモニター 28型」はよりリーズナブルです。シンプルですが、解像度は4K・応答速度は1ms・28インチの大画面で迫力のある映像を楽しみながらゲームができます。

ただしリフレッシュレートは75Hzなので、PS5の最高値120Hzには届いていません。

その分、特に最高値にこだわらないのであれば価格が抑えられおりスペックも十分だと言えます。

テレビ

家庭用のゲーム機としてはこれまでにない高スペックのPS5なので、大画面で楽しみたいと思う方が多くいらっしゃると思います。PS5の迫力あるゲーム内映像や動画コンテンツを楽しむなら4K以上のテレビを検討してはいかがでしょうか。

ここでは、おすすめのテレビを2つご紹介します。

テレビの選び方やおすすめについて詳しく知りたい方はPS5におすすめのテレビと選び方の記事をご覧ください。

PS5におすすめのテレビと選び方を解説!PS5の性能をフルに楽しもう

LG NANO91

4K対応のテレビでPS5が求めているスペックを十分満たしているテレビです。リフレッシュレートは120FPSまで対応しています。

LG NANO91は低価格なのも魅力のひとつです。液晶サイズは55V・65V・75V・86Vなので好みの大きさを選ぶと良いでしょう。

解像度4K対応
リフレッシュレート4K/120FPS

SHARP AQUOS 8T-C60AW1

4K対応テレビとしておすすめなのが「SHARP AQUOS 8T-C60AW1」です。PS5最大値のリフレッシュレートにまで対応する120FPSと、家電メーカーとしての信頼感が違います。価格やサイズはモデル依存なので購入を検討されている方は、大きさなどをよくご確認ください。

8K対応テレビですが、4K120p映像入力に対応しています。

尚、HDMI入力6のみ対応(HDMI入力1~4では最大4K60p映像まで対応)ですので、選ぶ際にはご確認いただくことをおすすめします。(出典:8K映像/4K120p映像出力対応のゲーム機とのHDMI接続について

幅広い液晶サイズ展開と、価格展開は魅力のひとつです。

解像度4K対応
リフレッシュレート4K/120FPS

PS5と一緒に買うべきおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

PS5の周辺機器・アクセサリーは、いずれも取り揃えておいて損はないものばかりです。PS5本体とコントローラー1つでゲーム可能ですが、せっかくならいい画像や音を聴きながらプレイすることをおすすめします。

PS5ならではの画質の良さと音の良さを最大限に感じつつプレイするには快適にしてくれるアイテムが必要だからです。楽しくゲームするためにも便利なアイテムを揃えて快適な環境を整えましょう。

PS5とゲーミングPC買うならどっちがいいかを比較しながら解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です